補聴器の基本・形状・調整

補聴器の慣れる、慣れないの問題と補聴器調整者ができる事

深井 順一|パートナーズ補聴器

補聴器による聞こえの改善は、聞こえの改善と補聴器のFAQ、にまとめています。また、個々の症状(症例)ごとの改善は、お客様の聞こえの改善事例にまとめています。

補聴器における、慣れる、慣れないは、非常に難しい問題で、中には、補聴器の音に慣れない耳もあります。

そのため、私の場合は「補聴器の音に慣れましょう」「補聴器の音に慣れてください」という言葉は、今まで言った事がありません。

補聴器を使っている私自身からすると、気のせいか、補聴器の音に慣れる、という事が神格化し過ぎているように感じますので、こちらに関して、私自身が、感じることに関して、記載していきます。

頑張れば補聴器の音に慣れるは、本当?

結論から記載してしまうと、冒頭の通り、実際には、補聴器の音に慣れるケースと慣れないケースが存在します。

聴力が低下すると、上記のように高い音が聞こえにくくなる事が多く、補聴器は、下がっている聴力の部分ほど、聞こえを補い、なるべく改善しようとします。

▲は、補聴器を装用した時の聞こえの状態です。補聴器は、基本的に低下している部分ほど、強く補う傾向があります。

▲は、補聴器を装用した時の聞こえの状態です。補聴器は、基本的に低下している部分ほど、強く補う傾向があります。

この場合ですと、高い音の方が増幅度が高い状態になりますので、補聴器を使っている人からしたら、感覚的には、今までより、より高く感じ、さらに機械的な感覚も加わるようになります。

聞こえを改善し、かつ使用できる範囲内の音量で使い続けることにより、少しずつ、その音に順応してくるのですが、中には、慣れない音、慣れにくい音も存在します。

そして、実際には、人により、聴力ごとの改善目標値から、実際に改善できる数値まで、変化しますので、現状を見つつ、目標の修正をする事もあります。

一つ言えることは、慣れにくいケースには、いくら「慣れてください」と言っても、そもそもの問題として、慣れにくいため、それを伝える事は改善策には、ならない。という事です。

慣れにくい耳、慣れにくい音の感覚

大きく分けると

  • 突発性難聴、メニエール病の耳
  • 元々の耳の状態が響く、耳鳴りがあるなど
  • 自分の声の響き

があります。

突発性難聴、メニエール病の耳

補聴器の音に慣れにくい、どんなに補聴器を調整しても、厳しい耳に比較的見られる症状は、突発性難聴やメニエール病により、低下したケースです。

途中から大きく聞こえにくくなった症例の方は、耳そのものが音を感じた際に歪んで聞こえてしまうケースもあり、耳の状況によって変化してしまうのですが、一部の方では、補聴器が全く適合しないケースもあります。

これらのケースは、補聴器の音に慣れる、慣れないの問題を大きく凌駕しており、限られた聴力で、どのようにしたら、聞こえを補えるか。無理なく補えるかを考えて、改善していく必要があります。

元々の耳の状態が響く、耳鳴りがあるなどの方

耳の状況の中には、元々も耳が響いてしまっていたり、耳鳴りが強く感じ、聞こえてくる音の感覚がわかりづらい方もいます。

自分の声が低くこもって聞こえたり、自分の声が常に響いて聞こえる方も同様で、そのような方の場合、補聴器からの音は、上記の症状がない方に比べ、少し慣れづらい傾向を感じます。

こちらのケースも、状況を見つつ、入れられるところは、いれ、様子を見ながら、改善できるところは、改善していく事が必要なケースです。

自分の声の響き

補聴器をつけることによる一つの欠点は、自分の声が内側で響くような感覚を得やすいことです。

この感覚は、正直、不快に感じやすく、かつ、慣れにくい感覚の一つです。

イヤホンを耳に装用した状態で、声を発すると、頭の内側、自分の体の内側で、大きく低く響くような感覚を感じるようになります。

この感覚は、人によっては、非常に大きく感じやすく、なかなか慣れない方もいます。

一応、この感覚は、軽減させる事が可能ですので、なるべく減らすようにはするのですが、限度もあります。

この場合、なるべく補聴器を使用できる範囲内におさえめ、使えるようにしていく事が大切になります。

補聴器調整者ができる事

補聴器を調整する人ができる事は、補聴器の使用状況を見ながら、改善プランを考える事だと感じます。

  • 改善のプランニング
  • 難しい方のプランニング

その点に関して、2つに分けて記載していきます。

改善のプランニング

私の場合は、改善のプランニング、もしくは、聞こえの改善のデザイン、なんて、言い方をしたりするのですが、これは、単純に、どう聞こえを改善していくかのプランニング(計画)そのものです。

例えば、補聴器を使用し始めの頃は、聴力に対し、補えると良い部分まで、いきなりあげることは、難しいため、少し抑えめにして、使っていただき、使用時間を見たり、お客さんの意見を聞き、少しずつ、改善度をあげるようにします。

この際に重要になるのは、前回、私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方で書いた通り、目標と確認の共有で、状況を明らかにしながら、使える範囲内で、なるべく改善すると良い部分まで、改善するようにしていきます。

あくまでも、私自身の感覚ではありますが、特殊な聴力や耳の状況でなければ、7〜8割くらいが、この方法で、改善ができます。

難しい方のプランニング

難しそうなケースでも、基本となるプランニングは、上記の内容と同じです。

目標と確認を共有し、なるべく改善できるところまで、改善していくようにしていきます。

ただし、少しずつ改善していき、不快閾値測定(大きな音を聞き、どのくらい大きい音だと不快に感じるかのテスト)を行い、大きい音が必要以上に音が入らない環境を始めに作ったのち、徐々に改善度を大きくしていくようにします。

目的を忘れないようにする

補聴器を販売する人の目的は、あくまでも聞こえを改善し、聞こえにくい方がより前を向いて歩いていけるようにする事です。

上記に記載した通り、補聴器の状況や耳の状況によっては、音に慣れない方もいます。そのような方には、残念ながら「音に慣れましょう」と言っても、その状況を改善させる事ができません。

手段と目的を履き違えない事が重要で、なるべくどのようにしたら改善できるのか。その点を考えることから、改善は、始まります。

ということで、自分が感じていることを記載してみました。

このページに関連する内容

https://l-s-b.org/2018/10/adjust-the-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2018/10/improve-hearing-with-a-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2014/11/about-the-difference/

https://l-s-b.org/2019/01/adjustment-i-improve-ones-ear/

https://l-s-b.org/2019/05/hearing-aid-pdca/

https://l-s-b.org/2016/05/reset-to-fitting/

https://l-s-b.org/2016/05/verification-of-the-hypothesis/

https://l-s-b.org/2015/09/air-vent-hearing-aid

https://l-s-b.org/2014/07/family-benchmark

補聴器に関する他の内容

https://l-s-b.org/hearing-ability-improvement-summary/

基本的な改善思考

https://l-s-b.org/2018/10/basics-of-improvement-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2018/09/an-idea-of-improvement/

補聴器の形状

https://l-s-b.org/2018/10/shape-and-feature-of-hearing-aid/

補聴器の性能

https://l-s-b.org/2018/10/basics-of-hearing-aid-performance/

補聴器の調整

https://l-s-b.org/2018/10/adjust-the-hearing-aid/

補聴器の適正

https://l-s-b.org/2014/10/measure-hearing-aid/

補聴器の効果を上げる思考

https://l-s-b.org/2019/06/environmental-arrangement/

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

https://l-s-b.org/2018/12/use-a-hearing-aid-smoothly/

補聴器に慣れる

https://l-s-b.org/2018/12/getting-used-to-hearing-aids/

耳が痛くなる場合は?

https://l-s-b.org/2018/12/i-feel-pain-in-my-ears/

耳から外れる場合は?

https://l-s-b.org/2018/10/to-improve-out-of-ears/

大きい音が辛い

https://l-s-b.org/2016/07/relieve-sound/

補聴器がハウリングする

https://l-s-b.org/2018/10/harrowing-countermeasures/

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年、7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。このお店では、お客様が抱えているお悩みごと、お困りごとの解決に貢献できるよう、完全予約制にして、ご相談を承っています。

お店のご紹介

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

お客様が抱えているお悩みごと、お困りごとの解決に貢献できるよう、完全予約制にして、ご相談を承っています。

お店の詳細は、以下のページへどうぞ。

記事URLをコピーしました