補聴器を失くさない方法

クロス補聴器を無くす原因と無くさないようにする対策

クロス補聴器を含む、補聴器は、紛失される事がたまにあります。初めて補聴器をお考えになる際、高額な事もあり、紛失は、できる限り、避けたいものです。

紛失の原因は、意外かもしれませんが、どこに置いたか忘れてしまい、わからなくなる。という紛失が一番多く、補聴器をつけている最中になくなる。ということは、ほとんどありません。

こちらでは、紛失する原因と無くさないようにする対策に関して記載していきます。

紛失の要因は、置いたところを忘れる事

冒頭の通りですが、クロス補聴器を含む、補聴器を紛失される場合で多いのは、どこに置いたのか、もしくは、どこにしまったのかを忘れてしまい、そのまま見つからなくなってしまうケースです。

具体的には、クロス補聴器を外す機会がある場合になります。暑い夏に一時的に使わなくても良い環境で、汗がかかると悪いから、と思って、どこかにしまっておいたら、どこにしまっておいたか忘れてしまった。というようなケースです。

クロス補聴器を装用した事がない場合、もしかしたら補聴器を使用中に紛失するのではないかと想像している方もいるかもしれないのですが、使っている最中になくすことは、そうそうありません。良くも悪くも耳にしっかり装用されているためです。

そうではなく、クロス補聴器を外した際に、どこに置いたのかを忘れてしまったり、一時的に補聴器を外す機会があり、そのまま補聴器をどこにしまったのかがわからなくなった時になくす事が多くなります。

これが、紛失で多い要因です。

保管場所を決めて、対処する

これに関する対応は、単純で、しまう場所を予め、決めておく事です。

例えば、特定のケースの中に必ずしまう。というのも良いですし、人によっては、ケースにしまい、さらに特定の場所に置く。という事を決めている方もいます。

例えば、自分の部屋の中であれば、ここに置く。バッグの中であれば、ここに入れる。というように物ごと、もしくは、状況ごとに決められるとより無くしにくくなります。そして、そこだけ確認すればわかるようになります。

ただ、クロス補聴器そのものは小さいためバックの中にそのまま入れると非常に探しづらくなります。しかし、少々大きめのケースに入れておければ(クロス補聴器販売時に持ち運び用のケースが付属されます)、その大きさにより、バッグの中に入れていたとしてもすぐに見つけやすくなります。

さらにしまう場所まで決めておけば、無くしたり、ちゃんとあるのかどうかを確認するのも楽になります。

このようにしまう場所を決めておくだけで、なくす確率はグッと下げる事ができます。

私がしている方法

私自身は、クロス補聴器を使用している訳ではないのですが、補聴器を使用している。という点に関しては、同じ状況です。

私の場合は、持ち出し用のケースをバッグに入れておき、基本的にしまう場所も決めています。お恥ずかしいお話ですが、生まれつき耳が悪く、かれこれ、24〜25年ほど、補聴器を使用していますので、補聴器を紛失した回数は、4回あります。

そのうち3回は、小学生の頃ですので、ここは、あまり考えず、残りの1回は、19才か20才の頃で、一度紛失した事があります。

その際の原因は、どこにしまったか忘れてしまい、そのまま出てこなくなった事でした。その日以降から、しまう場所を決め、必ずわかるような補聴器を入れるケースを使い、補聴器を仮にしまう事があれば、その中にしまうことを行いました。

その日以降は、今のところ、紛失はしていません。

紛失の要因は、私の経験からもお客様からのお話でも、どこに置いたか忘れてしまうことによる紛失が多いです。その点を理解できると、自ずとどのように対応したら良いかは、わかるようになります。

まとめ

紛失の要因は、しまう場所や補聴器をそのまましまってしまい、見つからなくなる事です。そのため、しまう場所やわかるようなケースに入れ、すぐにわかるようにしておく事が何よりも大切になります。

補聴器は、まだまだ金額的に高く、紛失されると出費も痛くなります。

そのため、これらの部分に気をつけ、紛失しないようにできると、クロス補聴器を長く活用できるようにもなります。

できれば紛失する前に対策をしましょう。紛失された後では、後の祭りになってしまうことになります。

クロス補聴器に関する他の内容

クロス補聴器の3つの対象者としっかり理解する7つのポイント片耳のみ聞こえにくい方を改善するクロス補聴器の基本、作られた経緯、対象者、改善する際の形状(種類)、性能、聞こえを引き出す調整に関して、まとめてみました。中には、実際に改善した方の実例も載せていますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。...
片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するための考え、補聴器選定、補聴器の性能、補聴器の調整についてまとめました。今現在、一般的な補聴器では補えない方、用にクロス補聴器での改善もできるようになりました。...

故障しないための定期点検

【定期点検】クロス補聴器を良い状態で使い続けるためのメンテナンスクロス補聴器を良い状態で使い続けるためには、定期点検がオススメです。予め、故障しやすいところや聞きにくくなりやすい原因を排除し、良い状態でつけい続けられると、クロス補聴器の状態は、良い状態をキープしやすくなります。...

故障した時の修理について

クロス補聴器が故障した時の対応と修理期間中、困らなくする方法クロス補聴器が故障した際に、どの様にしたら良いのか。という部分と仮に修理が必要になった際、困らなくする方法についてまとめてみました。修理は、補聴器を預かる必要があるため、困らない様にすることを考えるのは、大切な事です。...

故障しないようにする日頃のケア

クロス補聴器の購入時、覚えておきたい故障を防ぐためのケア方法クロス補聴器を購入した後は、聞きにくくなりやすい要因に関して学んでおけると、聞こえをキープした状態で使い続けやすくなります。そのポイントに関してまとめてみました。...

クロス補聴器の電池について

クロス補聴器を有効活用する電池の使い方と電池購入時の注意点クロス補聴器は、空気電池と呼ばれるボタン電池を使用する機器です。有効活用するための使い方と電池を買うときの注意点に関して記載してみました。クロス補聴器を購入した後に知っておきたい内容です。...

クロス補聴器を使う際の注意点

クロス補聴器を使っていて影響を受ける機器とその対策クロス補聴器は、精密機器とあり、特に病院での検査機器に影響を受けることがあります。そのため、影響を受ける機器とその対策に関して記載してみました。クロス補聴器を使う場合は、これらの機器に気をつけましょう。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお困りの方へ】お気軽にご相談ください

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

  • ご自身のペースで相談できる予約制によるご対応
  • 実際の職場や日常生活上で試せる補聴器の無料貸出
  • 図解による説明や補聴器の効果を可視化してご説明

これらを行い、聞こえにお悩みの方の改善やご対応をしています。お困りの方は、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例