クロス補聴器が耳から外れる場合の対処方法

深井 順一|パートナーズ補聴器

毎月25日にお送りしているお店からのお便り(ニュースレター、メルマガ形式)のご登録はこちらよりどうぞ。https://l-s-b.org/news-letter/

補聴器による聞こえの改善は、聞こえの改善と補聴器のFAQ、にまとめています。また、個々の症状(症例)ごとの改善は、お客様の聞こえの改善事例にまとめています。

クロス補聴器を使用している時ですが、耳の中に入れている部分が外れてきたり、耳から外れてしまう。という事が起こる事があります。

その場合ですが、サイズを合わせ直したり、固定する道具を使用できると、外れにくくなります。

こちらでは、それぞれの状況別に、対象方法をまとめていきます。

なお、耳から外れる場合の対処方法ですが、基本的に補聴器屋さんで行っていただくことになりますので、気になる場合は、気軽に相談し、対応してもらいましょう。

楽になれば、気にせずクロス補聴器が使えるようになるため、より快適に使えるようになります。

耳から外れる、の対処方法

クロス補聴器は、補聴器側とクロス側の2つで一つの製品です。

ただ、どちらも同じような形をしていますので、それぞれ対処方法は、同じになります。

耳から外れる、というのには、

  • 耳にかかっている部分がずれ落ちる
  • 耳の中に入れている部分が抜ける

の2つがあります。

耳にかかっている部分がずれ落ちる

耳にかかっている部分、耳の裏にかかっている補聴器本体がずれ落ちる場合は、細い線の部分が長い事が多いです。

耳にかかっている部分、耳の裏にかかっている補聴器本体がずれ落ちる場合は、細い線の部分が長い事が多いです。

補聴器は、このようにして使用するのですが、普段そのまま使用していて、耳にかかっている部分がずれ落ちる場合は、サイズが長い事が多いです。

耳の上の部分から耳の中までのサイズは、いくつかあります。ご自身に合うものを、使いましょう。実際に耳につけて判断するのも、良い方法です。

耳の上の部分から耳の中までのサイズは、いくつかあります。ご自身に合うものを、使いましょう。実際に耳につけて判断するのも、良い方法です。

サイズとは、ここのサイズのことです。

この部分は、このようにいくつかサイズがありますので、落ちるようであれば、一つずつサイズを変えながら、合うものを決めれば、ずれ落ちることは、ほとんどなくなります。

クロス側も同じようにサイズがあります。こちらも外れる場合は、いくつかサイズを試してみて、良いサイズを選びましょう。

クロス側も同じようにサイズがあります。こちらも外れる場合は、いくつかサイズを試してみて、良いサイズを選びましょう。

クロス補聴器側に関しても同様で、この部分は、いくつかサイズがあります。

普段そのまま使用していて、ずり落ちる事があるのであれば、サイズの部分を見直ししていただき、ずり落ちないようにしていきましょう。

耳の中に入れている部分が抜ける

補聴器を使用していて、しばらくすると、耳の中に入れる部分が外れる。という方がたまにいらっしゃいます。

人によっては、頻繁に外れる方から、ほとんど外れる事がない方まで、様々です。抜けてくる場合は、早めに対処してしまいましょう。

人によっては、頻繁に外れる方から、ほとんど外れる事がない方まで、様々です。抜けてくる場合は、早めに対処してしまいましょう。

この部分ですね。

しっかり耳に入れたとしても、口が動くと、耳の中も動くため、耳の形によっては、徐々に抜けてきてしまう方がいます。

また、耳の中が湿っている方は、耳せんが耳の中で滑るのか、徐々に抜けてくる事が多いです。

返しのようなものをつける事で、耳から抜けてくるのを防止する役割があります。

返しのようなものをつける事で、耳から抜けてくるのを防止する役割があります。

この場合は、スポーツロック。と呼ばれるものをつけていただき、装用できるようになると、ベストです。

かなりみづらいのですが、スポーツロックの細い線が若干見えます。

かなりみづらいのですが、スポーツロックの細い線が若干見えます。

こちらがつけられると、必ず手前で抑えるようになりますので、抜けてくる心配がなくなります。

もちろん、クロス側にもあります。こちら側も外れる場合は、使ってみましょう。

もちろん、クロス側にもあります。こちら側も外れる場合は、使ってみましょう。

これは、クロス側にもあります。クロス側も、もし外れてしまう。抜けてきてしまう。という事があれば、つけてもらいましょう。

この部分は、特に補聴器側は、重要な部分となります。補聴器側は、耳の先端の部分から音が出ており、この部分がしっかり入っていないと(耳から抜けてくると)、聞きにくくなります。

しっかり装用し、かつ、耳の中にちゃんと入っている状態が固定できると、聞こえの改善度も安定し、結果的に、聞こえやすい状態でずっと使用することにも繋がります。

耳から抜けてきてしまう場合は、しっかり対策しましょう。

特に補聴器側(聞こえる耳側につける補聴器)は、聞こえを改善させるためにも、しっかり行った方が良いです。

クロス側のみ、耳の形を採取して、その方、専用のものを作る事ができます。スポーツロックがつけづらい。という方には、オススメです。

クロス側のみ、耳の形を採取して、その方、専用のものを作る事ができます。スポーツロックがつけづらい。という方には、オススメです。

なお、クロス側だけ、スポーツロックだとつけづらい。耳の形状的に合わない。という方は、このような耳の形を採取して作るものがあります。

こちらは、有料になりますが、耳の形を採取しているだけあり、耳から外れにくく、かつ楽につけられるものになります。

楽に使えるようにしていこう

クロス補聴器に関してですが、主に外れる理由は、

  • 耳にかかっている部分がずれ落ちる
  • 耳の中に入れている部分が抜ける

上記の2つがあります。

これらのものがあったら、補聴器屋さんに伺い、直してもらいましょう。

楽に使えるようになれば、いちいち気にする必要もなくなりますので、快適になります。

特に補聴器側が耳から抜けてくる場合は、聞こえにくくなる要因にもなりますので、その部分だけは、しっかりと改善してもらう事が大切です。

https://l-s-b.org/2018/07/improvement-of-pain/

クロス補聴器に関する他の内容

https://l-s-b.org/2014/05/cros-hearing-aid/

https://l-s-b.org/2014/07/one-side-hard-hearing-inconvenience/

クロス補聴器の形状

https://l-s-b.org/2017/06/feature-comparison-of-cros-hearing-aids/

クロス補聴器の性能

https://l-s-b.org/2016/06/performance-difference-cros-hearing/

クロス補聴器の調整

https://l-s-b.org/2018/07/basics-of-adjustment-cros/

クロス補聴器の適正

https://l-s-b.org/2018/02/conform-cros-hearing-aid/

クロス補聴器で改善した事例

クロス補聴器の使い方

https://l-s-b.org/2018/07/use-smoothly-cros-hearing-aid/

クロス補聴器に慣れる

https://l-s-b.org/2018/07/getting-used-easy-cros/

耳が痛くなる場合は?

https://l-s-b.org/2018/07/improvement-of-pain/

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。専門分野は、感音性難聴と老人性難聴。主に来られる年代の方は、30代〜60代の方で、比較的、年齢が若い方が多いです。
記事URLをコピーしました