クロス補聴器の形状(組み合わせ)の種類と形状別、聞こえの違い


クロス補聴器には、いくつか形状(組み合わせ)があります。

形状による違いは、基本的に

  • 聞こえの改善度の傾向
  • 補聴器そのものの扱いやすさ

の2つが影響していきます。

こちらでは、どのような形状があるか、から、どのような特徴があるのかまで、まとめていきます。クロス補聴器について、お考えの方は、参考にしてみてください。

基本的には、どの形状のものを選んでも、改善はできるようになっています。そのため、ご自身に合うと思われるものを選び、実際に試聴や体験してから、決められると、ご自身が良いと思えるクロス補聴器を選ぶことができます。

なお、以下、私自身が扱っているフォナックのクロス補聴器に関して記載していきます。

クロス補聴器の形状の種類

基本的にクロス補聴器の形状、この場合、クロス補聴器の組み合わせになるのですが、その種類は、

  • 両耳とも耳かけ形のクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス
  • 両耳とも耳あな形のクロス

の3つしかありません。

両耳とも耳かけ形のクロスの基本と操作

こちらは、

このような形状をしています。こちらは、両耳とも耳にかけて使用するタイプのクロス補聴器です。

こちらの場合、右耳が聞こえないため、右にクロスをのせ、聞こえる左耳に音を転送するようにします。それが、クロス補聴器です。

こちらの場合、右耳が聞こえないため、右にクロスをのせ、聞こえる左耳に音を転送するようにします。それが、クロス補聴器です。

クロス補聴器は、聞こえる耳側に補聴器、聞こえない耳側に音を転送するクロスを乗せて使用します。

クロス側も補聴器側も耳にかけるタイプなのが、両耳とも耳かけ形のクロスです。

基本的に補聴器全般、音量を操作したり、自分で音量を変えるボタンがついていたりします。それが、ここの部分になります。

この部分を補聴器をつけながら、操作できるようになっています。

そして、補聴器は、電池を使用して動作させます。

この部分の開閉により、電源を入れたり、切ったりします。今現在の補聴器は、この部分を入れる、出す、が直接、補聴器の電源を入れる、切る。に直結しています。

耳に装用した状態は、こちらになります。こちらは、形状が少し小さいタイプになるのですが、耳の裏に隠れるようになっており、正面や横からは、わかりづらくなります。

流石に後ろから覗くと見えるようになりますが、髪が短い方、以外は、基本的にかなり見えづらくなります。

これが、両耳とも耳かけ形のクロスです。

耳かけ補聴器、耳あなクロスの基本と操作

こちらは、

このような形をしています。※H30年9月30日で販売中止となる製品です。

両耳とも耳かけのクロスと異なり、聞こえる耳側に耳かけ補聴器、聞こえない側に耳あなのクロスを使用するタイプです。耳あな形のクロス側は、耳の型を採取し、その人の耳に合った製品にして、使用します。

基本的には、非公式の使い方ではありますが、このような設定が少し前のクロス補聴器では、できるようになっています。

少し見づらいのですが、赤い○の部分に突起物があり、そのボタンで色々と音を操作できるようになっています。

少し見づらいのですが、赤い○の部分に突起物があり、そのボタンで色々と音を操作できるようになっています。

こちらも音量を操作したり、自分で音を変えたりすることができるようになっています。そのスイッチがこちらです。

補聴器側とクロス側で異なりますが、慣れれば、何事もなく、操作できるようになります。

電池もこのように入れ、この部分の開閉により、電源のON、OFFを行うようになります。電池が入れば、電源のON、電池を出せば、電源のOFFです。

少し注意が必要なのは、耳あな形の方だけ、しっかりと、出していただくことです。耳かけ形は、カチッと止まるところがあるのですが、耳あな形は、ありません。そのため、何かの拍子に電源が入る。ということがたまに起こります。

しっかりと出して切ることができると、電源が入りっぱなしだった。ということが防げるようになり、電池を有効活用できるようになります。

また、使用状態ですが、聞こえる耳側は、このように耳にかけるタイプになり

聞こえない耳側には、このような耳の中に埋めるような形になります。耳の中に入れるものは、何か入っている事は、耳から見えやすいのですが、少し髪が長ければ、隠れてしまうような状態です。

これが、耳かけ補聴器、耳あなクロスになります。

両耳耳あな形のクロスの基本と操作

こちらは、

このような形状をしています。両耳とも耳の中に入れて使用するタイプです。使用する場合は、どちらも耳の型を採取して、その方の耳に合わせた形にして使用します。

耳の中に入れた感覚は、上記の耳あなクロスと同様になります。

耳あな型のものは、色々とボタンがつけられるようになっています。

耳あな型のものは、色々とボタンがつけられるようになっています。

基本的な操作については、音量を操作したり、音を変えるボタンがついています。

そして、こちらも耳あなクロス同様、電池そのものを開閉することにより、電源のON、電源のOFFに繋がります。

電源をきる場合は、上記の耳あなクロスと同様、しっかりと電池を開くことが大切です。

なお、詳しくは、以下に記載しますが、片耳のみ難聴の方(片耳は、正常で、もう片耳が聞こえない方)には、基本的には、使用を推奨しない形状になります。

クロス補聴器の形状による違い

クロス補聴器の形状による違いは、まとめますと、

このようになります。気になりやすい項目である

  • 聞こえの効果
  • 装用の感覚
  • 電池の持ち

の3つで区分けすると、このようになります。

この際、聞こえの効果は、トータル的にみると、同じような状態なのですが、それぞれ、得意とする環境が少し異なります。

そして、わかりにくい【装用の感覚】というのは、補聴器を装用した時に、耳を塞ぐとおこる自分の声が大きく内側で響いて感じる、こもって聞こえる、などが起こりやすいか。になります。

基本的に補聴器は、耳を塞いで使用するものになりますので、イヤホンを使った時も起こる、自分の声が内側で響くような感覚を得ます。それが、どうか。というのが、装用の感覚です。

なければ、それだけ自然に使え、強くおこる場合は、その部分が気になりやすくなります。

最後の電池は、そのままで、補聴器の電池一つで、どのくらい持つか。で、分けています。基本的に補聴器の場合、電池6個入りで1パックになり、電池の値段は、大きさに関わらず、1パック864円(税込)ほどします(これより安いところもあれば、高いところもあります)。

ですので、電池の持ちが上がると上がるほど、使用する際のコストが安くなります。

以下、それぞれの形状(組み合わせ)の特徴を私自身が複数のお客様に試した経験や購入した方からの意見も踏まえて、記載していきます。

両耳とも耳かけ形のクロスの特徴

こちらは、

この形状で

この部分になります。

まず、気になる聞こえの部分ですが、このような傾向があります。

その特徴をまとめますと、

  • 広範囲に音を拾う傾向があり、聞こえない側からの呼びかけや音に気がつきやすい
  • 席が固定されやすい会議や打ち合わせ、ミーティングなどでも改善しやすい
  • その代わり、かなり騒がしいと、音が入りすぎ、よくわからなくなる傾向が強くなる

となります。

基本的に耳にかける補聴器は、広範囲に音を拾う傾向があります。人の耳は、前方を中心にして聞くようになっているのですが、耳にかける補聴器は、耳の後ろにあるため、一般的な耳の感覚とは、少しずれたりします。

なるべくそのような事がないよう、各社、工夫はしていますが、全体的に音が入る感覚があり、人によっては、聞こえるけれど、後ろから入ってくる音が少し気になる、少し強く感じる。というケースもあります。

音が入るというのは、良いように感じますが、逆に入りすぎますと、その音が邪魔して、聞きにくくなる。という現象も起こります。

そのため、そこまで騒がしくない環境ですと、非常に強いのですが、騒がしくなりやすい、地下鉄の中や居酒屋の中などは、様々な音が聞こえてきてしまい、逆に聞きにくい、という事が起こったりします。

それらの傾向から、私自身がオススメしているのは、

  • 呼びかけられた時に聞きづらく、会議やミーティングなどでも不便を感じている方
  • 基本オフィスの中で仕事をしており、聞きにくい側からの呼びかけ、音に気がつきにくい方
  • そこまで周囲が騒がしくない、騒がしくなる環境が少ない

という方々です。これらの方は、両耳とも耳かけ形のクロスの恩恵を最大限に受ける事ができます。

実際には、試聴したり、貸出し、どのように日常生活や職場での聞こえが変化するのか。騒がしいところでの聞こえは、どうなのか。なども確認しながら、決めていった方が良いのですが、上記の方々は、複数のクロス補聴器を試された結果、両耳とも耳かけ形のクロスになる事が多いです。

また、耳の感覚は、上記の3つの中で最も自然になりやすくなります。

両耳とも、このような耳に栓をしない耳せんを使用しますので、耳が塞がれた感覚がなく、自然に使いやすいという特徴があります。

最後は、電池の持ちです。こちらは、平均的に良い状態になります。

両耳とも耳かけ形のクロスは、クロス補聴器の中でも、基本にして、オーソドックスなタイプになります。どのような人にも合い、使われているのが、この形状(組み合わせ)の特徴です。

使用されている方を分析してみますと

  • 主にオフィスの中で仕事をしており、聞こえない側からの呼びかけ、会議、ミーティングで聞きにくさを感じる
  • 初めて補聴器を考えるため、基本的なオーソドックスなものが良い
  • 補聴器を使った感覚が楽で、使いやすさ、気軽さを重視したい

という方に使用されています。

耳かけ補聴器、耳あなクロスの特徴

こちらは、

このような形状(組み合わせ)で、

この部分になります。

気になる聞こえの部分ですが、このようになります。

この組み合わせの特徴を記載しますと

  • 騒がしい中での聞こえは、まだこちらの方が改善しやすい
  • 全体的に聞こえにくさを改善できる傾向がある
  • 補聴器の形状が大きくなりやすいのが唯一の欠点

となります。

基本的にこの形状のものは、耳の中に入れるクロスの方で、音をとります。そのため、一般的な人の感覚のように音を拾えるのが特徴です。

耳かけのクロスの方でも少し触れたのですが、人の耳は、全方向の音を取っているのではなく、基本的に前方の音、目で見える範囲の音を中心に取っています。

そのような音の範囲で拾えると、自分が優先して聞こえた方が良い前方の音を中心に聞く事ができますので、騒がしい中での聞こえが、まだ、こちらの方が、わかりやすい。という傾向が出ます。

騒がしい中での聞こえは、どちらかというと周りの音が入りすぎることにより、邪魔されてしまう事が聞きにくくなる要因ですので、音の拾える範囲が狭くなると、その分、邪魔される事が少なくなり、まだ、理解しやすくなります。

それらの傾向から

  • 職場そのものが騒々しく、この部分の改善を最も優先する方
  • 仕事で重要な会食などが多い方
  • 聞こえにくさの改善を全体的に行いたい方

にオススメです。

騒がしくなりやすい環境下が多い場合は、自ずとこちらの方が、評価が高くなる傾向を感じます。

また、耳の装用感覚ですが、

このような重度の聴力低下がある方は、耳にかけるタイプでも、耳の中に入れるタイプでも、耳の装用感覚は、ほとんど変わりがありません。

しかし、

ご自身の声のこもり、内側で響く感覚は、低い音(125〜500Hz)の聞こえが良いと良いほど、感じやすくなります。

ご自身の声のこもり、内側で響く感覚は、低い音(125〜500Hz)の聞こえが良いと良いほど、感じやすくなります。

このくらいの聞こえの方ですと、耳あな形のクロスの方は、少しご自身の声が大きく感じたり、内側で自分の声が響くような感覚を感じやすくなります。

クロス側は、通気とこもり、声の響きを軽減するため、このような穴を開けています。

クロス側は、通気とこもり、声の響きを軽減するため、このような穴を開けています。

一応、どのようなケースにおいても、このような穴を開けて

  • なるべく自分の声が響くような感覚を感じにくくする
  • 耳が塞がれて、耳の中が蒸れる、ということを少なくする

という意味も込めて、製作はするのですが、それでも少しは感じるようになります。

仮に上記のように少し聞こえている方の場合は、このような機構があること意識しておくと良いでしょう。

それを踏まえた上で、どちらの方が使いやすいのか、そして、聞こえの部分は、どう変化があるのかを見れると良い選択ができるようになります。

そして、電池の使用できる時間は、同じくらいになります。ただし、補聴器の形状が少し大きくなりやすく、こちらに関しては、気にならない方のみが対象になります。

購入している方を分析してみますと

  • 騒がしい中で聞きにくくなりやすく、その聞こえを最優先で考えている方
  • 聞こえの改善を全体的に行いたい方
  • 仕事の環境が騒がしくなりやすかったり、会食や会合が多い方

には、このような耳かけ補聴器、耳あな形のクロスを選ばれる傾向があります。

両耳とも耳あな形のクロスの特徴

結論から記載しますと、こちらに関しては、片耳のみ難聴の方には、オススメしていません。

実は、こちらのクロス補聴器ですが、聞こえる耳側にこのような耳の型を採取したものを作りますと、耳が塞がれる状態になり、実際に、今現在の状態よりも、聞きにくくなります。

聞こえを改善させるのが目的なのに、今以上に聞きにくくしてしまうのは、本末転倒ですので、こちらは、今現在の状況では、オススメしておりません。

両耳、耳あなのクロスに関して
こちらに関する詳しい内容は、片耳難聴の方に両耳、耳あなクロスは、どうなのか?色々と調べてみたをご覧ください。

なお、もしかしたら「なんでこんなものがあるの?」と思う方もいるかもしれないのですが、クロス補聴器は、バイクロス補聴器としても使用できるためです。

バイクロス補聴器とは、片耳が全く聞こえない状態や補聴器の効果が見込めない状態で、もう片耳が補聴器で補える状態のケースに使用される特殊な補聴器です。

このバイクロス補聴器とクロス補聴器は、同じ製品になり、どのような耳の状況なのか。で、補聴器内の設定を変更させる事で、使う事ができます。

逆に言えば、クロス補聴器を使用していて、何かの病気で、聞きにくくなってしまった。というようなケースでも、バイクロス補聴器の仕様に変更するだけで(設定を変えるだけですので、補聴器を変える必要はありません)、再度、合わせる事ができます。

もちろん、聞こえにくくならないに越したことはありませんが、一つの製品で複数のことができるようになっていますので、仮に何かあった場合でも、そのまま対応できるようになっています。

ですので、耳あな形のクロスも存在しています。そして、聴力低下がある程度あると、耳を塞ぐくことによって聞きにくくなるレベルより、聴力低下のレベルの方が大きくなりますので、そのような場合は、問題なくなります。

両耳とも耳あなのクロスは、基本的に、聞こえの良い方も少し聞こえが低下している人用になります。

各クロス補聴器の形状の特徴まとめ

形状による違いは、このようになります。

片耳のみ難聴の方の場合は、両耳とも耳あな形を除く

  • 両耳とも耳かけ形のクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

のどちらかを選ぶことになります。

それぞれの特徴は、上記の通りとなりますので、その中で、自分に合いそうだな。と思ったものを選べば良いでしょう。

ご自身に合う補聴器を選ぶためのポイントは?

上記の内容を見てみて、自分に合いそうだな、と思ったものがあれば、まずは、試してみましょう。

上記に載せたのは、あくまでも傾向ですので、実際のところは、ご自身が使ってみて、良いと思えるものを選ぶのが大切です。

この際のポイントとなるのは、

  • 聞こえについては、どうか
  • 補聴器の扱いやすさは、どうか
  • 補聴器を使ってみて、問題なく使えるか

の3つになります。良い補聴器とは、簡単に言いますと、自分にとって使いやすくて、聞こえる補聴器が良い補聴器になります。

補聴器のお店では、試聴や貸出をして、日常生活から職場まで、実際に困っているところでも使えるように貸出してくれるところがありますので、それらの機会に、上記の3つについて、意識しながら、使っていける(試聴できる)と良い選択ができるようになります。

そして、複数(いくつか)使ってみると、より、自分がどのような形状が良いのか。というところがわかりますので、使いながら、経験しながら、決めていけると、失敗は、まずなくなります。

なお、この点は、実際には、形状以外にも性能も入ります。クロス補聴器に限らず、補聴器は、形状と性能の2つの軸で補聴器を選びます。

基本的に形状から選択し、その後、性能を決めていくのですが、それぞれの考え方は同じで、上記の3つを意識しながら、決めていけると良い選択ができるようになります。

クロス補聴器の形状のまとめ

以上、クロス補聴器の形状についてまとめてみました。

片耳のみ難聴の場合、対象となるクロス補聴器は、

  • 両耳とも耳かけ形のクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

の2つになります。それぞれの特徴は、上記の通りです。

ご自身にとって合うものを選ぶ場合は、実際にクロス補聴器を見せてもらいながら、もしくは、試聴などで体験しながら相談できると、より良い選択ができるようになります。

イメージだけでなく、実際に使ってみると「こんな風に聞こえるんだ」というところもわかりますし「これは、ちょっと使いづらいな」と思うこともあります。

もちろん逆に「問題なく使える」ということが確認できれば、そのままずっと使用できることもわかりますので、初めての場合は、特に確認しながら、相談していく。という事は、大切になります。

ご自身に合いそうだな。と思うものがあれば、まずは、試してみて、問題なく使えるのか。聞こえに関しては、どうなのか。というところを確認されると、より良い選択ができるようになります。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、そして、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

また、片耳のみ難聴の方を改善したお客様の症例解説ページもご用意していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
聞きにくさの改善方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。