クロス補聴器の形状(組み合わせ)の種類と理解したい3つの特徴比較


クロス補聴器には、いくつか種類がありますが、補聴器と音を送信するクロス、この二つの組み合わせにより特徴が異なります。

こちらでは、クロス補聴器の形状、組み合わせの全体像から、それぞれの組み合わせ別、特徴についてまとめていきます。その中には、私自身がいくつかお客様に試して見てわかったことがありますので、その点も含めて記載していきます。

なお、当店で扱っているフォナックのクロス補聴器を中心に記載していきます。その点だけ、ご了承ください。

クロス補聴器の形状の全体像

補聴器には、

  • 耳あな形
  • 耳かけ形

の二つの形状があります。これは、クロス補聴器も同様なのですが、クロスの場合、厳密には、補聴器の形状とクロスの形状の組み合わせにより、特徴がいくつか変化します。

まずは全体像を説明するため、

  • 両耳とも耳かけ形のクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス
  • 両耳とも耳あな形のクロス

の全3つの組み合わせについて紹介します。

両耳とも耳かけ形のクロス

両耳とも耳かけ形のクロス補聴器は、

このような形状をしています。両方ともにたような形状をしていますが、左側が補聴器、右側がクロス補聴器です。

補聴器及び、クロスの本体は、耳の裏に隠れる。それが、耳かけ形の特徴。

補聴器及び、クロスの本体は、耳の裏に隠れる。それが、耳かけ形の特徴。

このように耳にかけて使用するのが、耳かけ形の特徴です。

補聴器側(音を受け取る側)先端の耳せんについては、穴が空いており

聞こえる耳側を塞がないようにしています。このようにすることで、聞こえる耳側は、聞こえにくくならないようにします。※耳かけ形に限らず、どのクロスもこのようにして、聞きにくくならないようにします。

赤で囲まれた二つの縦長のあながマイクのあな。ここから音を拾っている。

赤で囲まれた二つの縦長のあながマイクのあな。ここから音を拾っている。

音を拾うのは、この部分になります。

赤い丸で潰している部分に補聴器のマイクがある。このあたりから音を拾うため、一般的な耳の感覚とは、少々異なる。

赤い丸で潰している部分に補聴器のマイクがある。このあたりから音を拾うため、一般的な耳の感覚とは、少々異なる。

耳にかけると分かる通り、少し上の位置で音を拾うようになります。そのため、上からの音や後ろからの音は、入りやすい傾向があります。

これが両耳とも耳かけ形のクロスになります。

耳かけ補聴器、耳あなクロス

こちらは、少し変わった組み合わせをしているクロスで

耳かけ補聴器と耳あなクロスの組み合わせ。現行機種ではなく、過去の機種となる。現行機種は、このような組み合わせができない。

耳かけ補聴器と耳あなクロスの組み合わせ。現行機種ではなく、過去の機種となる。現行機種は、このような組み合わせができない。

このような形をしています。

耳あなのクロスを装用したイメージ。

耳あなのクロスを装用したイメージ。

クロス側は耳につけてみるとこのようになります。

耳あな形の方は、耳の型を採取し、その方、専用のクロスを作るのが特徴です。そのため、耳から外れやすかったり、装用しているものが落ちる。というのは、ほとんどない状態になります。

マイクの位置は、ここになります。音を拾う位置としては、一般的な耳と同様で理想的な状態です。

両耳とも耳あな形

こちらは、両耳とも耳の型を採取して作るタイプのクロスです。

主にこのような形になります。耳に装用した状態は、主に耳かけ補聴器、耳あなクロスと同様です。

両方とも耳の中に入るため、補聴器そのものが邪魔にならないのが一番の特徴です。

ただし、聞こえる耳側が聞こえにくくなるという欠点があるため、今現在、片耳難聴の方には、オススメしていません。聞こえる耳側の音が聞きにくくなってしまい、聞きにくさが出てしまうからです。

全体像のまとめ

クロス補聴器には、基本的にこの3つの形状(組み合わせ)があります。

そして、仮に選んで行く場合、片耳難聴の方は、

  • 両耳とも耳かけ形クロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

のどちらかになります。両耳とも耳あなのクロスは、聞きにくくなってしまう傾向が強いため、今現在の時点では、オススメしません。

それぞれの特徴と理解したい3つのポイント

では、上記に紹介した組み合わせですが、どのような特徴があるのでしょうか。

それについて、気になりやすい

  • 気になりやすい聞こえの部分
  • 耳に装用した感覚は、どうなのか
  • 使い続ける上で考える必要がある電池の持ち

に関してまとめてみました。以下、詳細に関して記載していきます。

一番気になる聞こえは、どう違う?

一番気になるのは、聞こえの部分ですね。こちらに関しては、上記の通り、両方とも耳あな形が◯+、耳あなクロス、耳かけ補聴器は、◯、両耳とも耳かけは、◯となります。

まず、聞こえの効果としては

  • 両方とも耳あな形のクロス

意外なことにこちらがそれなりに効果が高い傾向があります。しかし、実際には、この形状は、使用すると聞こえる耳側が聞きにくくなるという欠点があります。聞きにくい側からの音声は、もっとも理解しやすくなる様ですが、使用するとなると、聞こえる耳側が聞きにくくなってしまう部分は、考えものです。

そのため、実際には、

  • 両耳とも耳かけ形クロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

の2つで考えて行くのですが、この2つは、それぞれ得意なところが異なります。

両耳とも耳かけ形クロスの聞こえ

両耳とも耳かけ形クロスの特徴は、

  • 音を拾う範囲が最も広い
  • 置く位置に難があり、髪の音や風の音が入りやすい傾向がある

の2つになります。

耳かけ形の特徴は、音を拾う範囲が最も広いのか、割と静かなところ〜少し騒がしい程度の状況であれば、一番聞こえが良くなることです。

かなり大雑把ではあるのですが、耳かけ形は、比較的、どの方向からの音も拾いやすく、聞こえる音の範囲が大きく広がる傾向があります。

片耳難聴の方の場合、後ろ全般から、聞きにくい側の前、後ろ、横が聞きにくくなるかと思いますが、それらを幅広くカバーしているのが、こちらの特徴です。

ただ、広く音を拾えるというと、いいことしかないように感じますが、実際には、騒がしくなってくると、逆に音を拾い過ぎてしまい、様々な音が入りすぎて、よくわからなくなる、ということもあります。

また、補聴器を置く位置が

耳の上にマイクがあると、そこにあるものが当たり、聞かなくてよい音も聞こえる様になる。ただ、この点は、慣れてしまう方も多いので、欠点というよりも、どちらかというと仕様という様に考えた方が良いのかもしれない。

耳の上にマイクがあると、そこにあるものが補聴器に当たり、聞かなくてよい音も聞こえる様になる。ただ、この点は、慣れてしまう方も多いので、欠点というよりも、どちらかというと仕様という様に考えた方が良いのかもしれない。

この様に耳の上になるため、そこにある髪や風がある日などは、風がマイクに当たることにより、ザーザー聞こえたり、メガネを使用している方の場合、ツルが補聴器にあたり、カチッカチッと音がすることがあります。

この点は、気にならない方は、気にならなず、自然と慣れてしまうのですが、気になる方は、気になってしまう部分になります。

これらのことを含め、主に聞こえの効果の部分で決めていることですが、私の方では、基本的にオフィスワーカーの方々にオススメすることが多いです。

実際の状況に関しては

  • 会議で聞きにくさを感じやすい
  • 打ち合わせなどで聞きにくさを感じやすい
  • オフィスの中で仕事を行うことが多く、騒がしいところで仕事をすることが少ない

という方には、こちらの形状がオススメです。この様な方々は、耳かけ形クロスの良いところを最大限、活かせることが多いため、より良くすることがしやすくなります。

耳かけ補聴器、耳あなクロスの聞こえ

こちらの組み合わせの特徴は、

  • 騒がしい中での聞こえは、このタイプが一番評価が高い
  • 一部の聞こえなくてよい音がしない

の2つになります。

耳かけ補聴器、耳あなクロスの組み合わせは、騒がしい中での聞こえは、このタイプが一番評価が高い状態です。

上記に耳かけと耳あなの聞こえる範囲に関して載せてみましたが、耳あな形は、聞こえる音の範囲に関しては、耳かけ形に少し劣る傾向があります。

劣るというと、悪い様に感じますが、基本的に騒がしい中で聞きとりを良くさせる方法は、聞こえる様にする部分とそのほかの部分に音のメリハリをつけることになります。上記の耳あなの様に前方と後方からの音で聞こえる音量が異なると、より聞こえる方に集中しやすくなります。この点は、後方からの音に邪魔されにくくなると表現した方が良いかもしれません。

片耳難聴の方の場合、一番聞きにくくなりやすいのは、この騒がしい環境だったりするのですが、その部分に関しては、まだクロス補聴器でも完全に良くできるわけではありません。しかし、選択できる形状の2つを比べると、まだ耳かけ補聴器、耳あなクロスの方が改善度は、高い傾向があります。

私の方では、60〜70人くらいの方々を対応してきましたが、耳かけクロスとこの耳かけ補聴器、耳あなクロスを比較していただくと、騒がしい中は、まだこちらの方が改善できると表現する方が多いです。

特に

  • 居酒屋さん
  • 交通量の多い道路
  • 電車の中(地上線、地下鉄)

などは、どこもかなり騒がしいのですが、まだ、こちらの方が良い様です。

そして、

  • ファミレス
  • 少し騒々しい職場(接客、飲食店など)
  • ショッピングモール
  • 車の中

などは、比較的効果をそれなりに得やすく、改善ができることが耳かけ形のタイプより多い傾向があります。

また、この形状の特徴としては、

マイクにものがあたりにくいと、それだけ、余計な音は、しづらくなる。カラオケのマイクに触れると、様々な音がする様にマイクには、基本、何も触れない様にするのが、一番ベストになる。

マイクにものがあたりにくいと、それだけ、余計な音は、しづらくなる。カラオケのマイクに触れると、様々な音がする様にマイクには、基本、何も触れない様にするのが、一番ベストになる。

耳の中に音を拾う部分が入りますので、耳かけ形で起こりやすい

  • 髪がマイクに当たってザーザー音がする
  • 風が当たってザーザー音がする
  • メガネがあたり、カチカチ音がする

などは、起こりにくい状態になります。一部、作り方によっては、風の音は、聞こえてしまうことがあるのですが、この様な聞こえなくても良い音をなるべく聞かない様にすることができます。

これらのことを踏まえると、この形状が良いのは

  • 騒がしい環境下で仕事をすることが多い&改善を一番に考えている
  • 全体的に聞きにくさを改善させたい

という方にオススメです。

騒がしい中での聞こえは、まだこちらの方がよい様ですので、騒がしいところでの改善を1番にお考えの方は、こちらの方がオススメです。難しい部分もあるのですが、改善できる部分もあります。

また、耳かけ形より少し効果は減るものの、それでも聞きにくい側からの音声を聞くことや話しかけられた時に反応するということができる様になりますので、騒がしいところも含め、片耳のみ難聴の方で起こりやすい

  1. 聞こえない耳側から話された時に反応できないことがある
  2. 騒がしいところだと聞きにくさを感じる
  3. グループで会話する時、聞きにくい側にいられるとわかりにくいことがある
  4. 音の方向感覚がわからない

のうちクロス補聴器で改善できる①〜③について、全体的に改善できる傾向があります。

耳に装着感は、どう違いがある?

こちらは、何かと言いますと、補聴器を装用する際、耳にものを詰めるようになりますので、耳が詰まった感覚、もしくは、耳が塞がった感覚が出やすくなります。この感覚は、主に聞こえる耳側に出やすく、聞こえない耳側も少し聴力が残っていると感じるようになります。

耳を塞がないタイプ、耳かけ形を使えば、それはあまり感じず、耳あなのような耳を塞ぐタイプは、感じやすくなります。

ということで両方とも耳あな形が△、耳あなクロス、耳かけ補聴器は、◎、両耳とも耳かけは、◎となります。耳あな形は、耳を塞ぐので、それが起こりやすく、耳かけ形は、塞がないようにするため、感じにくくなります。

この点は、快適に使いやすいか。というところに直結します。

使い続ける上で重要な電池の持ちは?

今現在、クロス補聴器に関しては、ボタン電池(空気電池)を入れ替えながら、使用していきます。電池の持ちに関しては、両方とも耳あな形が◯+、耳あなクロス、耳かけ補聴器は、△、両耳とも耳かけは、◯となります。

クロス補聴器の電池時間に関するまとめ。両耳とも耳かけ、耳あなの方が全体的に使用できる時間は、長い。※載っている補聴器は、全部、小さいタイプです。

クロス補聴器の電池時間に関するまとめ。両耳とも耳かけ、耳あなの方が全体的に使用できる時間は、長い。※載っている補聴器は、全部、小さいタイプです。

それぞれの形状に小型タイプと大型タイプがあり、それをまとめてみますと、上記のようになります。

両方とも耳あな形及び両耳とも耳かけは、耳あなクロス、耳かけ補聴器より、新しいタイプになりますので、電池の寿命は長くなります。

耳あなクロス、耳かけ補聴器は、ここのみ欠点になります。

ただ、実際には、この様に選択肢があり、大きくても良い場合は、それなりに伸ばすことができます。

クロス補聴器の形状(組み合わせ)まとめ

クロス補聴器の組み合わせには

  • 両耳とも耳かけ形
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス
  • 両耳とも耳あな形

の三つがあります。そして、それぞれの特徴は、

の通りです。実際には、実物を見ながら、操作したり、試聴してみることで、よりどんなものかがわかりやすくなります。上記の内容を頭の隅に入れつつ、実際に触って見たり、聞いて見たりした後、選定していきましょう。徐々に理解しつつ、選ぶことで、自分にとってよい補聴器というのは、わかるようになってきます。

クロス補聴器を装用しても耳が治るわけではありませんが、聞きやすくなることにより、日々のストレスが軽減したり、呼びかけられても反応できる様になった。などと実際に使っている方々より、伺っています。

という事で、こちらの内容が状況改善に役立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もオススメです。

リンク:片耳のみ聞こえにくい方を補聴器で補う時に理解したい2つの補い方

リンク:【仕事が楽に】外リンパ瘻にて右耳失聴の方、クロス補聴器で改善しました

リンク:クロス補聴器に搭載されている性能と基本の3要素

リンク:【仕事場で聞きやすく】左側片耳難聴の方、クロス補聴器にて改善しました