2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳が聞こえない方、誰でも対応。クロス補聴器を理解する5つの要素

Pocket

person-793678_640

クロス補聴器とは、主に片耳のみ難聴で、もう片耳が普通に聞こえている方が使用する機器です。当店では、こちらの機器を扱うことが多々あり、この機器を使うことによって

  • 職場が騒がしく、音声が聞きにくい状態だったけれども聞きやすくなった
  • 飲食店でも会話がしやすくなった
  • 車の中でも話がしやすくなった

との声をいただいています。中には聞きやすくなることにより、聞こえにくいことで悩むことや耳のことで起こるトラブルが少なくなり、精神的に楽になったという方もいました。そのような効果があるのが、クロス補聴器です。

この機器は、聞こえにくい耳にくる音を聞こえる耳に転送する機器ですので、医師に補聴器は、効果がないと言われた方でも効果を得ることができます。聞こえる耳で、全ての音を聞くため、片耳が聞こえていれば、こちらで理解することができるのがこの機器の特徴です。

片耳のみ聞こえにくいことでお悩みの方からよくお問い合わせをいただきますので、こちらにて、この機器の情報提供をしていきます。聞こえにくさにお悩みであれば、ご参考にしてみてください。

なお、補聴器は、本来、耳が治療できない方が使用するものです。聞こえにくい状態で病院に行ったことがなければ、まずは、病院に行き、耳を診てもらいましょう。それで改善するのでしたら、そちらの方が良いですし、この機器をつけるより、ずっとよくなります。

クロス補聴器とは

クロス補聴器とは、聞こえる耳に補聴器を装用し、聞こえない耳にクロスという送信機を耳につけて聞く補聴器です。

クロス補聴器は、クロスに来た音を通常の補聴器に転送させる

実物は、このようになります。補聴器側が聞こえる耳に装用するもので、クロスが聞こえにくい耳に装用するものです。

クロス補聴器は、聞こえない耳に来る音を聞こえる耳に送る補聴器

そのようにすることで、聞こえにくい耳から入った音を聞こえる耳側に転送することができます。

耳せんには、穴が空いているので、耳を塞がず、かつ聞こえる耳側の音も入るようになっている

聞こえる耳側につける補聴器は、このような耳せんを使用し、聞こえる耳側を塞がないようにします。塞いでしまうと、聞こえている側の聞こえが悪くなってしまうためです。

cros-hearing-2-1

このようにすることで、両方の音を片耳で理解することができます。

クロス補聴器の対象者

クロス補聴器の対象者は非常に単純で、

  • 聞こえにくい耳に補聴器を装用してもうまく補えない耳であること
  • 片耳が正常であること

の2つになります。

聞こえにくい耳に補聴器を装用してもうまく補えない耳とは

  1. 聴力低下が大きすぎて補えないケース
  2. 音を理解できる耳ではないため、効果が期待できないケース
  3. 聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しいケース

の3つがあります。

①聴力低下が大きくて補えないケース

こちらは、このような聴力の方が対応します。

audio-f-w-01

主に

  • 生まれつき片耳が聞こえない方
  • 突発性難聴で片耳が聞こえにくくなった方
  • ムンプス難聴で片耳のみ聴力低下した方

などがこのような聴力になります。

こちらの聴力の特徴は、片耳の聴力低下が大きすぎることにより、補聴器で耳を補っても効果が薄くなることです。

こちらの見方は、聴力図と同様。上にあるとあるほど聞こえやすくなる。各周波数ごとに聞こえやすくさせる部分は、聴力ごとにある程度、決まっている。

こちらの見方は、聴力図と同様。上にあるとあるほど聞こえやすくなる。各周波数ごとに聞こえやすくさせる部分は、聴力ごとにある程度、決まっている。

一般的な聞こえにくい耳に装用する補聴器で効果を出すには、概ね、上記の赤い△の位置まで聞こえを改善させないと聞きにくさを感じやすくなってしまいます。仮に上記の聴力図で聞こえにくい耳に補聴器をつけた場合、頑張っても黒の▲の部分までしか改善されないケースが多く、目標値まで改善させることが困難です。

そのため、クロス補聴器の方が、聞こえにくさの改善度は、高くなります。

②音を理解できる耳ではないため、効果が期待できないケース

こちらは、補聴器を装用したとしても、音声の理解度が低いために音を理解できない場合です。耳には、どのくらい小さい音が聞こえるかの音量の部分と聞こえた音を理解できるかの理解度の部分があります。前者は、聴力検査で調べられ、後者は、語音弁別能検査で調べることができます。

こちらの見方は、縦軸が正解率、横軸が音の大きさ。音を入れることでどれだけ理解できるかを見る図であり、60%を超えないとその耳に補聴器を装用しても、効果が薄い。

こちらの見方は、縦軸が正解率、横軸が音の大きさ。音を入れることでどれだけ理解できるかを見る図であり、60%を超えないとその耳に補聴器を装用しても、効果が薄い。

基本的に聞こえにくい耳に補聴器を装用し、効果を出す場合は、音量を上げるとそれなりに明瞭度のパーセンテージが上がることが条件です(基本的に60%以上あることが望ましい、医師によっては、50%以上という方もいる)。なぜならそれが上がらないということは、音を大きくしても聞こえの改善に繋がらないことを意味するからです。

重要なのは、音が聞こえることと音が理解できることは、別であることです。音を大きく入れても音声の理解につながらない場合も、クロス補聴器は、合います。ただし、片耳が聞こえていることが条件です。

こちらの対象者は、よくわかりません。

  • 原因不明の聴力低下の方
  • 突発性難聴になり、聴力低下した方

で、たまに見られるのですが、この2つに関しては、音を入れれば理解できる方もいれば、残念ながら理解につながらない方もいます。

③聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しいケース

主に補聴器で合わせる聴力でも改善が難しいケースもあります。

クロス補聴器が合う聴力その③。補聴器では、効果が出にくい聴力でも、片耳が正常であれば、そちらで補った方が、聞こえを改善できる

例えば、このような聴力などです。このような極端な一部の聴力低下により、補聴器で補うのが難しい場合は、クロスの方が聞こえを改善できます。

なお、このようなケースでは、補聴器とクロス補聴器、どちらが聞こえを改善できるか。こちらについて検証した方が良いケースもあります。

聞こえにくい耳に補聴器を装用することで聞こえを改善できるのであれば、補聴器を片耳のみつけた方が聞こえの効果も高く、かつ値段も安く済みます。

クロスの対象者のまとめ

基本的に、一般的な補聴器を聞こえにくい側に装用しても効果が見込めないこと、そして、片耳は、聞こえていること、この2つが当てはまる方が対象となります。

この機器は、元々、片耳のみ大きく聴力低下した方のために作られた機械です。片耳のみ大きく聴力低下した場合、その耳を聞こえやすくさせることが困難なためです。

聞こえにくい耳に補聴器を装用しても改善できないのなら、聞こえる耳に音を転送したらどうか。そのような発想で生まれたのが、このクロス補聴器になります。

今までは、片耳のみ大きく聴力低下した方々に使用されてきましたが、徐々に広がり、補聴器の効果が音を理解できる耳ではないため、効果が期待できないケースや聴力が特殊で補聴器を合わせるのが難しいケースにも使われるようになってきました。

クロス補聴器の効果

クロス補聴器は、現状より聞き取りを改善してくれる機器ですが、残念ながら耳を治すというところまでは、いきません。改善できるところ、できないところがあります。こちらについてもまとめていきます。

なお、クロス補聴器には、耳の中に入れて使う耳あな形、耳にかけて使用する耳かけ形の2つがあります。形状の種類によっても効果が異なりますので、こちらの違いも載せていきます。

改善できるところ

クロスを装用することにより、改善できるところは

  • 聞こえにくい側から話されても、気がつく、理解しやすくなる
  • 騒がしい中でも音声が聞きやすくなる
  • 複数の人とのお話で聞きにくい側にいても理解しやすくなる

の3つがあります。

片耳のみ難聴になった場合、起こることは、

  1. 聞こえにくい側から話されるとわからない、音が聞こえない
  2. 騒がしい所では、聞きにくい側にいられるとかなり聞きにくい
  3. 複数の人とお話する場合、周囲が騒がしいとかなり聞きにくい
  4. 音の方向感覚がわからない(大きな音がした場合、自分だけ違う方向を向く)

の4つがあります。

この4つの内、①~③までは改善できます。

片耳のみ聞こえにくい場合、聞きにくさを感じるのは、周囲が少し騒がしく、かつ聞こえにくい側に人が来られる場合です。車の通りが多い道路やショッピングモール街などの人が多いところでは、聞きにくい側にこらられると聞きにくさを感じやすくなります。そして、飲食店や居酒屋さんでは、さらにうるさくなりますので、かなり聞きにくさを感じます。

これらの場所で改善できるのが、クロス補聴器です。少し周囲が騒がしい程度の場所であれば、効果は感じやすく、かなり騒がしいところでも耳が治るレベルまでは、いかないのですが、聞きやすくなるとお客様から評価いただいています。

形状による聞こえの変化は、主に騒がしいところでのお話の理解度になります。騒がしいところには

  • 騒がしい事務所
  • 車の通りが多い道路
  • 電車の中(地上線)
  • 電車の中(地下鉄)
  • 騒がしい飲食店、レストラン
  • 居酒屋
  • 車の中

主にこれらがありますが、耳あな形のクロスであれば、電車の中(地下鉄)以外は、概ね、改善できます。耳かけ形の場合は

  • 電車の中(地下鉄)
  • 電車の中(地上線)
  • 騒がしい飲食店
  • 居酒屋
  • 車の中

に関しても難しい傾向が出ます。どちらにしても聞こえにくさは改善できるのですが、耳あな形の方が聞こえは、改善できる傾向があります。

改善が難しいところ

改善が難しいのは、残りの

  • 音の方向感覚

になります。音の方向は、2つの耳を活用しなければ理解することができませんので、片耳で全ての音をきくクロス補聴器では、音の方向に関しては、理解することはできません。

稀にクロス補聴器から聞こえてくる音とそのままの耳で聞こえてくる音は、異なるため、その音の違いを利用して、なんとなく音の方向を理解されている方がいますが、その効果は、どれほどのものかは、わかりませんので、なんとも言えません。

クロス補聴器の効果のまとめ

クロス補聴器で改善できるところもあれば、できないところもある。それがクロスです。当店では、クロス補聴器の試聴を承ることも多いのですが、耳かけ形のクロスと耳あな形のクロスを試していただきますと、大半の方が耳あな形の方が聞きやすいと返答します。

主に

  • 音の聞こえる範囲
  • 騒がしいところでの聞こえの効果
  • 複数の人とのお話の理解度

に関しては、耳あな形の方がより良くなるようです。それでも聞こえにくいところは出てしまうのですが、この2つを比較されたお客様から伺うのは、耳あな形の方が聞きやすいということでした。

実際に購入になったお客様の声(例)

当店では、片耳のみ聞こえにくい方へ、この機器の試聴、貸出を行い、ご希望の方には、販売してきました。実際に聞こえが改善できた例に関して、ご紹介します。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その1〜

こちらの方の状況に関しては、以下の通りです。

  • 名前:M・Tさん
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 症状:左耳が重度の難聴
  • 改善:耳かけ形補聴器、耳あな形クロスの組み合わせ
  • 不便:職場が騒がしいため、聞きにくさを感じていた
  • 備考:幼少期、何らかの原因により聞こえにくくなった(原因不明)

当店で測った限り、聴力については

audio-t-m

このようになります。左耳が聞こえない状態であり、クロス補聴器で改善させていく聴力のケースです。

片耳が聞こえにくいことでお困りだったことですが、

co-e-m-t01

とのことでした。主に職場が騒がしく、そのせいで、職場の人の声が聞こえなかったり、お客さんの声が聞き取れなかったりし、それによるコミュニケーション難を感じていました。

その状況を改善させるため、当店へご来店になりました。状況に関して確認後、クロス補聴器について試していただきますと

co-e-t-m03

との評価でした。職場だけでなく、日常生活上でも使用いただき、様々なところで聞きやすくなったとのことでした。補聴器に関して効果を感じていただけたため、実際にご購入となりました。今現在は、仕事だけでなく、日常生活上でもすすんで使用されています。

片耳のみ聞こえにくい方の症例~その2~

こちらの方の状況に関しては、以下の通りです。

  • 名前:T・Eさん
  • 年齢:50代
  • 性別:男性
  • 症状:右耳が中等度の難聴
  • 改善:両耳、耳あな形のクロスで改善
  • 不便:職場や日常生活上で聞きにくさを感じる
  • 備考:医師の診断では、右耳の聴力低下の原因は、老化

当店で測った限り、聴力については

audio-t-e01

このようになります。右耳が中等度難聴のレベルです。

meiryou-t-e

通常、上記のような聴力の場合、聞こえにくい耳に補聴器を装用したほうが聞こえを改善できます。しかし、T・Eさんの場合は、語音明瞭度と呼ばれる音声を理解する力が著しく低かったため、クロス補聴器で改善させていくこととなりました。クロスが合うケースの2番目のケースです。こちらに方針を決めたのは、測定時、言葉がよく分からない、変に聞こえるという訴えを聞いたためでもあります。

さて、片耳が聞こえにくいことでお困りだったことですが、

co-e-e-t-04

とのことでした。ダンスの教師をしており、鏡を見ながらレッスンをしたり、教えたりするため、聞こえにくい側から話されるとわからなかったり、聞きにくさを感じていた状態でした。周囲がさわがしいくなることもあり、そのようなところでも聞きにくさを感じていました。また、日常生活でも周囲が騒がしいところでは、聞きにくさを感じており、聞きにくさを改善できないかとお悩みでした。

その状況を改善させるため、当店へご来店になりました。状況に関して確認後、クロス補聴器について試していただきますと

co-e-e-t05

との評価でした。補聴器があることで、生徒の声が聞きやすくなったり、先生方のお話もわかりやすく、あると良いとの評価でした。また、日常生活上でも周囲が騒がしいところでは、聞きやすくなり、聞き返しや聞こえないことの不安も減ったとのことでした。

全体的に補聴器の効果を感じていただけたため、そのままご購入となりました。今現在は、主に仕事の際に使用され、日常生活上でも使用されています。

片耳のみ聞こえにくい方の症例~その3~

こちらの方の状況に関しては、以下の通りです。

  • 名前:W・Fさん
  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 症状:右耳が重度の難聴
  • 改善:耳かけ形補聴器、耳あな形クロスの組み合わせ
  • 不便:会議や職場の業務上の聞こえ
  • 備考:突発性難聴になり、治療したけれども改善できなかった

当店で測った限り、聴力については

audio-f-w-01

このようになります。右耳が聞こえない状態であり、こちらもクロス補聴器で改善させていく聴力のケースです。

片耳が聞こえにくいことでお困りだったことですが、

coe-f-w-01

とのことでした。主に職場での聞き取りを改善させたいとのご要望でした。

そのため、当店へご来店になりました。状況に関して確認後、クロス補聴器について試していただきますと

co-e-f-w-03

との評価でした。職場や日常生活上で使用いただいたところ、クロス補聴器があることで

  • 騒がしい飲食店の中でもお話がわかりやすくなった
  • 電車の中(地上線)でも聞きやすくなった
  • 聞こえにくい側に人がいてもわかるようになった
  • 呼びかけに気がつくようになった
  • 職場が少々騒がしくても楽に聞こえるようになった

とのことでした。効果に関して感じていただけたため、そのままご購入となりました。今現在は、主に仕事の際に使用されています。

クロスの形状と金額

クロス補聴器の組み合わせには、主に

  • 両耳とも耳かけ形のタイプ
  • 耳かけ形の補聴器と耳あなのクロスのミックスタイプ
  • 両耳とも耳あな形のタイプ

の3つがあります。

クロスには、クロス側の形状と補聴器側の組み合わせにより、それぞれが持つ利点、欠点が異なります。ですので、クロス単体で見てもその機器を評価することはできません。このようにセットで考えていきます。

なお、こちらは、当店が扱っているフォナックというメーカーになりますので、その点は、ご了承ください。

両耳とも耳かけ形のタイプ

こちらの形状としては、冒頭の方に出てきた

dscn1352

このような形になります。

cros-bte-pries

金額に関しては、このようになります。補聴器の金額は、性能により、大きく変わり、性能が良いものほど、周囲の音を抑制し、快適に聞きやすくしてくれる効果があります。

以下、この機器の形状による

  • 利点
  • 欠点

に関して載せていきます。

利点

こちらの利点は、

  • 気軽に理解することができる
  • 電池の保ちをよくしやすい

の2つがあります。

気軽に理解することができる

両方とも耳の上にかけて使用するタイプは、既製品ですので、気軽に試したり、聞こえ方を理解することができます。こちら以外は、耳の型を採取し、実際に製作しないと試聴ができないため(一部を除く)、その気軽さは、こちらがもっとも上です。

電池の保ちをよくしやすい

耳かけ形は、耳の裏にかけて使用するため、形状による制限を受けません。耳あな形は、耳の中に機器を製作するため、耳の形状によっては、大きいタイプを作れなかったり、寿命が短いものを使うことになります。しかし、こちらの場合は、形状が大きくなることを了承いただくことが前提ですが、形状を大きくしたり、電池の保ちやすいものに変更することが容易です。

欠点

こちらの欠点ですが

  • 余計なノイズが入りやすい
  • 邪魔になるものがある
  • 聞こえの効果は、一番薄い

の3つになります。

余計なノイズが入りやすい

耳かけ形は、耳の上にかけて使用し、かつマイクがその辺りにありますので、髪がマイクに刺さり、ガサガサいったり、メガネをかけているとカチカチ音がする場合があります。これらは、マイクに直接ものが触れていることにより、起こる現象ですが、マイクそのものにものが触れやすい状況ですので、このような余計な音、ノイズを聞きやすい傾向があります。

邪魔になるものがある

耳の上に補聴器を乗せる場合、当然ですが、そこに乗せるものは、邪魔になります。その代表格は、メガネ、マスク、ヘルメットの3つです。これらがある場合は、補聴器が邪魔に感じるかもしれません。

聞こえの効果は、一番薄い

あくまでも当店で試聴を繰り返す限りではありますが、耳かけ形と耳あな形では、耳あな形の方が聞こえの評価、効果に関して、高く出ています。そのため、いまのところ、耳あな形が使用できない方、以外は、全員、耳あな形を販売しています。

両耳とも耳かけ形のタイプのまとめ

こちらは、気軽に試聴ができ、理解しやすいタイプです。しかし、もっとも聞こえの効果としては、薄くなります。あくまでも当店の場合ではありますが、耳あな形の方が聞こえの効果が高いため、耳あな形が何らか使用できない理由がない限り、こちらを勧めることはありません。

どのような方もそうですが、補聴器を求める方は、ご自身の聞こえにくさを改善したいと考えています。であれば、優先すべきは、どれが聞こえにくさをより改善できるかであり、それをお客様に提供すべきですね。

耳かけ形の補聴器と耳あなのクロスのミックスタイプ

こちらは、このような形状をしています。

過去の機種であれば、耳かけ形と耳あなのクロスを混合できる。現行のものは、できない。

耳かけ形補聴器と耳あな形クロスの組み合わせです。今現在の現行機種のタイプでは、このような組み合わせができないのですが、旧タイプであれば、このようにミックスさせることができます。

一見、ヘンテコな組み合わせに見えますが、非常に理にかなった組み合わせであり、クロス補聴器を理論的に考えるとベストな組み合わせになります。

cros-bte-ite-mix

金額は、このようになります。

以下、この機器の形状に関して

  • 利点
  • 欠点

を記載していきます。

利点

こちらの機器の利点は

  • 聞こえの効果を得やすい
  • 余計なノイズが入りにくい

の2つがあります。

聞こえの効果を得やすい

上記では、耳あな形と耳かけ形の効果の違いを記載しましたが、その部分は、主にクロス側の形状の違いになります。クロス補聴器は、聞こえにくい側に置いている送信機から音を拾い、その音を補聴器に転送して音を聞いています。その際、影響を受けるのは、クロス側の形状になります。

hirou-hani-2

補聴器は、音響機器になりますので、マイクの位置により効果が異なります。耳かけ形のクロスは、全体的に音を拾う傾向があり、マイクが後ろにあるため、一般的な耳が音を拾う感覚とは、異なります。よくあるのが後ろの音が聞きやすいという状態です。これは、マイクが後ろにあるため、どうしてもそちらの方の音が聞きやすくなります。

これらのことから耳かけ形は、全体的に音を拾いやすく、かつ後ろの音が気になりやすい傾向があります。そして、ここからが重要ですが、音を拾う範囲が広いということはそれだけ音を拾いやすい反面、音に邪魔されることも多くなります。そのため結果的に、騒がしいところなどでは、聞きにくくなりやすい傾向があります。

一方、耳あな形のクロスは、前方を中心に音を聞くようになります。そのようにすることで、後ろからの音には、耳かけ形ほど邪魔されることはなく、騒がしいところでの聞き取りに関しては、こちらの方が良い傾向があります。聞く範囲を狭めることで、そこから聞く音をより聞きやすくしているのが耳あな形です。

聞こえの範囲が狭いということで心配される方もたまにいるのですが、人の耳の本来の音を拾う範囲と耳あな形は、同様ですので、本来の感覚に一番近くなる形状でもあります。

余計なノイズが入りにくい

耳かけ形であった髪の音やメガネが当たってカチカチ聞こえる音は、こちらであればしません。あれらのものは、マイクにものが当たったり、補聴器にものが当たることによって起こる現象ですので、マイクがそれらのものと隔離されている場合は、そのようなことはほとんどありません。

欠点

こちらの欠点は

  • 電池の寿命が短い

となります。

電池の寿命が短い

こちらの最大の欠点は、この点です。耳の形状が小さい場合は、小さい電池を使用するタイプしか作れませんので、非常に電池の保ちが少なくなります。一日8時間使用で、2~4日ほどしか保ちません。

それが唯一の欠点です。

耳かけ形の補聴器と耳あなのクロスのミックスタイプのまとめ

クロス補聴器を使用する上では、非常に理想ではあるのですが、その代わり、電池の寿命が短いという欠点があります。それが、ミックスタイプです。

そのため、当店では、仮に上記のものが良いと判断した場合は、

  • 形状の小ささを重視し、電池寿命に目を大目に見るか
  • 形状は大きくなるものの、電池寿命を伸ばせるのもにするか

のどちらかを選んでいただくようにしています。実は、このタイプには、2種類あり

過去の機種であれば、耳かけ形と耳あなのクロスを混合できる。現行のものは、できない。

形状の小ささを重視するのものは、このような形状でになります。

dscn1888

電池寿命をなるべく長くするのは、このような形状になります。こちらのタイプは、性能面は、変わらず、形状の小さいタイプより、大きい電池を使用できるため、電池の保ちが約1.5倍ほど伸びます。金額に関しては、形状の小さいものも形状の大きいものも変わりはありません。

形状を気にしない場合は、電池寿命を長くできる大きいタイプをお勧めします。その方が、使い勝手も良くなりますし、ランニングコストも低くすることができます。

なお、大きいタイプですが、場合によっては、クロス側が

dscn1885

このくらいのサイズになるか、製作ができない場合があります。

DSCN1057

仮に大きくなった場合、耳に入れたサイズは、このようになります。

DSCN1055

比較的、小さいタイプは、このくらいです。

特に耳が小さい方や女性の方などは、大きくなる傾向があり、仮に作れない場合は、自然と小さいタイプになります。その点は、ご了承ください。

この2つは、電池のサイズが異なります。大きいタイプは、大きい電池を使える分、形状が大きくなりますので、耳に十分な大きさがないと大きい電池を入れるタイプは、作ることができません。

両耳とも耳あな形のタイプ

こちらは、このような形状をしています。

現行のクロス、耳あなタイプ。両耳とも耳あなにする必要がある。

両耳とも耳あな形を使用するタイプで、フォナックの中では、現行機種がこのタイプに当てはまります。

cros-ite-price

金額としては、このようになります。こちらの機器の特徴は、現行機種とあり、性能面は、最もよく、上記にあった電池寿命の問題も解決し、かつ聞こえの効果も高いという素晴らしい機器になります。しかし、その代わり、致命的な弱点を持ちます。

致命的な弱点が自分にとって、気にならなければ、最も良いのは、このクロスになります。

以下、この機器の形状に関する

  • 利点
  • 欠点

を記載していきます。

利点

こちらの利点は、

  • ものの邪魔になりにくい
  • 余計なノイズが入りにくい
  • 聞こえの効果を得やすい

の3点があります。

ものの邪魔になりにくい

こちらは、耳の中に機器を入れるため、邪魔になりにくいという特徴があります。

耳の中に入れてしまえば、メガネやマスク、ヘルメットなどの邪魔になることはありません。

余計なノイズが入りにくい

こちらは、耳かけ形の補聴器と耳あなのクロスのミックスタイプと同じで、耳の中に入れられるとマイクや補聴器にものが当たることがほとんどなくなりますので、それによる余計なノイズは、ほとんどありません。

聞こえの効果を得やすい

上記の耳かけ形補聴器と耳あなクロスのミックス形と、内容は、同様です。こちらも音を拾うのは、耳あなのクロスになりますので、その効果を得ることができます。

欠点

こちらの欠点としては

  • 聞こえやすい耳が聞こえにくくなりやすい
  • 自分の声が大きく聞こえやすい

の2つがあります。

聞こえやすい耳が聞こえにくくなりやすい

こちらは、聞こえる耳にも耳あな形を作るため、それにより、聞こえやすい耳が埋まりやすくなります。

dscn1912

形状としては、このようになります。耳あな形は、耳の型を採取して、その方の耳に合うように作るのですが、耳の中に全ての機器を入れるため、どうしても耳が埋まりがちです。

dscn1912-1

上記のようにしたの部分に穴を設け、聞こえる側も聞こえるようにするのですが、形状上、聞きにくくなりやすい傾向があります。

自分の声が大きく聞こえやすい

自分の声ですが、耳を塞ぐと頭の中で反響するようになるため、声が大きく感じるようになります。大きくというよりも低く反響するような感覚といえばわかりやすいかもしれません。また、塞がることで、声がこもったようにも感じやすくなります。

これらは、耳がふさがれることによって起こるのですが、耳あな形は、この感覚を最も感じやすくなります。耳の聞こえが良いと良いほど、感じやすくなりますので、聞こえる耳側は、自分の声が気になる傾向が出ます。

両耳とも耳あな形のタイプのまとめ

こちらは、耳の邪魔にもならず、余計なノイズもせず、聞こえの効果も高くなりやすいクロスです。しかし、耳が塞がれやすく、自分の声が響いて聞こえやすいという致命的な欠点を持ちます。

そのため、これらが緩和できるある程度、耳の中が大きい人ではないと欠点が強く出てしまい、お勧めできません。仮に耳が小さい方の場合は、欠点が強く出てしまいますので、耳かけ形の補聴器と耳あなのクロスのミックスタイプの方がお勧めです。こちらであれば、効果は期待できますし、聞こえにくさも起こらず、改善できます。

当店の場合は、いくつかの失敗と成功例がありますので、成功した方の耳の大きさと失敗した方の耳の大きさを比較し、どのくらいの方であれば、できるか、もしくは、できないか(他のクロスの方が良いか)が徐々にわかってきました。それらを見つつ、どの形状が最も良いかを見て、お客様に提供しています。

聞こえにくさを感じていたら試してみよう

クロス補聴器とは、主にこのような機器です。片耳のみ聞こえにくく、もう片耳が聞こえている方が対象となります。それ以外の方には、合いません。

本来、このような方々は、聞こえにくさを感じていても、放置されてしまうことも多い状況でした。しかし、今は、このような機器が出てきたことにより、少しずつ、その悩みは、改善されつつあります。

クロス補聴器を装用しても耳が治るというところまでは残念ながらいきません。しかし、冒頭の通り、

  • 職場が騒がしく、音声が効きにくい状態だったけれども聞きやすくなった
  • 飲食店でも会話がしやすくなった
  • 車の中でも話がしやすくなった

という声をお客様よりいただいています。それにより、聞き返しが少なくなったり、精神的に楽になったという声もいただくようになりました。

金額の高さはあるかもしれませんが、まずは、どのくらい聞こえるようになるのか。それについて体験してみるのは、いかがでしょうか。耳が治るわけではありませんので、まずは、試して見て、どれほど効果が出るのか、そして、その効果とお金を比較いただくことをお勧めします。

補聴器を試す場合は、補聴器の販売店でまずその機器を扱っているのか。それを確認しましょう。少々、珍しい機器ですので、取り扱いがあるかどうかも確認したのち、伺うと二度手間がなく、スムーズに試聴できます。お店により、その場だけの試聴なのか、それとも貸し出しまでしてくれて、日常生活上で使用できるのかは、異なりますが、どのような感じなのかは、理解することができます。

一つクロスに関する注意点を載せますと、クロス補聴器に限らず、通常の補聴器もそうですが、重要なのは、販売員のクロス補聴器の経験数です。クロス補聴器も通常の補聴器も音の調節が重要になるのですが、まず補聴器メーカーの初期フィットでは、聞こえの効果は、ほとんど得られません。特に耳かけ形のクロスは、そのような傾向があります。

ですので、できるのであれば、クロス補聴器をよく扱っているところ、理解されているところで試聴をお願いしましょう。そうすれば、クロスの効果も、クロスを使ってどのように生活が変わるのか、変化するのかがわかります。

こちらの内容が聞こえにくさにお悩みのあなたに役立てば幸いです。

なお、当店でも、クロス補聴器の試聴やご相談に関しては、承っています。当店の場合、試聴機器に関して、お店側で取り揃えており、

dscn1352

の耳かけタイプから

過去の機種であれば、耳かけ形と耳あなのクロスを混合できる。現行のものは、できない。

特別仕様で、耳あな形クロスと耳かけ補聴器の組み合わせのものも試聴できるようにしています。

dscn1862

特別仕様タイプは、このような形になります。

dscn1871

こちらは、耳せんをひとそれぞれで変えられるようにし、耳に合わせて使えるようにしています。初めての方は、操作が簡単な耳かけ形タイプの方がおすすめなのですが、他店で耳かけ形タイプを試聴された方などは、特別仕様の耳あなクロスと耳かけ補聴器を試聴していただくケースもあります。

そして、いくつか数を用意していますので、お店の中だけでなく実際に日常生活や仕事場でお使いいただけるよう貸し出しもしています。このようにすることで、実際にどのように聞こえが変化するのか、どのようなものなのかを体験できるようになります。

また、片耳難聴の方を幾つも経験させていただいたことにより、初めての貸し出しでも8割ほどの方は、すぐに効果を感じれる状態にすることも、できるようになってきました。そして、クロス補聴器が欲しいと思った方にしか当店の場合は、販売することはしていません。

金銭的に厳しいという方もいらっしゃいましたので、クレジットカードによる分割も用意しています。ご予算が厳しい方は、分割にて支払っていただくこともできます。

もし、聞こえにくさを感じ、お困りであったり、聞こえを改善させたいとお考えの場合は、お気軽にお問い合わせください。実際にご購入になった方のように現状の改善させていただきます。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム