クロス補聴器の調整の基本と調整をうまく行かせる2つのポイント


クロス補聴には、使用する耳に音を合わせる、補聴器の調整。という部分があります。

これは、補聴器屋さん、あるいは、病院さんで行われる事で、それぞれの使用状況、耳の状況にクロス補聴器の音を合わせていく事を意味します。

クロス補聴器で合わせる(確認する)のは、適切な音になっているのか。そして、補聴器を使っていて辛くないか。になります。

今回は、クロス補聴器の調整の基本と確認する事、そして、なるべく良い状態にするために私自身がクロス補聴器の調整でしていることについて、まとめていきます。

クロス補聴器の調整とは

冒頭の通り、クロス補聴器の調整とは、使用する方の耳に音を合わせる作業を意味します。

クロス補聴器は、角周波数別に音の強さを変えられるようになっています。その大きさを調整するのが、いわゆる補聴器の調整です。

クロス補聴器は、角周波数別に音の強さを変えられるようになっています。その大きさを調整するのが、いわゆる補聴器の調整です。

補聴器は、このように音の大きさの部分(音量の部分)とその周波数別にどのくらいの音の大きさにするかの部分があります。

どれだけ細かく(周波数別に)調整できるかは、機種によって異なるのですが、クロス補聴器は、音楽のイコライザーのように低い音を強く、高い音を低く、などが周波数別に音を調整する事が、できるようになっています。

ただ、調整している身からすると、実際には、皆、似たような調整になりがちです。その理由は単純で、聞こえる耳側で音を聞くためです。

一般的な補聴器(この場合の補聴器は、聞こえない耳側に音を入れて改善させる機器を意味します)は、人によって、聴力が異なりますので、周波数別に補う数値も違えば、それぞれの音の大きさのレベルも、変化します。

しかし、クロス補聴器は、聞こえる耳に装用して聞く補聴器であり、聞こえる耳側は、ほとんどの方が同じような聴力になります。

ですので、最終的には、同じような音の調整になることが多くなります。

調整で合わせる事

クロス補聴器を調整する目的は、非常に単純でクロスから聞こえてくる音を適切な音量にする事です。

適切な音量にし、聞こえの改善とスムーズにクロス補聴器を使えるようにして、生活を支援できるようにしていきます。

クロス補聴器を装用するようになりますと、良くも悪くも様々な音が聞こえてくるようになります。

今まで聞こえにくかった聞こえない側からの音も入ってきますし、細かな音、例えば、隣の人がカチャカチャ何かしている音や作業している時の音なども聞こえるようになります。

そして、聞こえる音の範囲が広がることによっても聞こえる音は増えるようになります。この範囲が広がるからこそ、クロス補聴器で今まで聞きにくかった部分が聞こえるようになるのですが、その分、様々な音が聞こえやすくなります。

そのため、聞こえるようにするために適切な音量に合わせると共に、逆に過度に聞こえすぎることはないか。使っていて辛くなってしまうことはないかも確認しつつ、音の大きさを決めていく必要があります。

聞こえるようになること自体には、聞こえて良くなることもあれば、聞こえることで気になってしまうこともあります。

そのバランスを整えるためのものが、クロス補聴器の調整です。

なるべく適した音になるために私がしている音の調整方法

ここからは、私がしている音の調整方法について記載していきます。調整の方法は、補聴器屋さんや病院さんで異なりますので、ここで記載しているのは、あくまでも参考程度にしてみてください。

クロス補聴器で調整していく必要がある、もしくは、確認していく必要があるのは

  • 適切な音量にできているのか
  • 過度に大きく感じる音や使っていて辛くなることはないか

の2つになります。簡単に言えば、聞こえるようになっているのか、と、逆に聞こえすぎることはないか。の2つです。

そして、その部分をよくするための方法は、

  • ボリュームの設定を行い、自分で適量を知れるようにする事
  • 予め、気になりやすい音は、抑えておく事

の2つです。この2つは、クロス補聴器を耳に慣れさせるようにする事と全く同じになります。

ボリュームの設定を行い、自分で適量を知れるようにする事

こちらは、あくまでも感覚を重視したやり方になるのですが、クロス補聴器には、ボリュームを設定し、自分で音を場所によって、変えることができます。

このボリュームを設定できますと、日常生活で使っていただいた際、聞きにくければ上げ、逆に音が大きすぎれば、音量を下げて、そして、ちょうど良いくらいに聞こえているのであれば、あまり音量を調整しない。というような結果になります。

様々なところで使っていただいて、音の大きさは、どうか。音が小さいなら、上げてもらい、音が大きいなら下げてもらう。そして、ボリュームに関しては、可変幅が予め、決められていますので、どのくらい上げた、もしくは、下げたかがわかりますと、音の体感として、どのようにしたら良いか。というのもわかりやすくなります。

例えば、音を大きくすることが多かったのであれば、音が足りていない事がわかりますし、逆に常時、音を下げていた、という事でしたら、設定した音が大きい事がわかります。

私の場合、ボリュームを設定するのは、適切な音量が初めは、わかりにくいため、ご自身で操作できるようにし、過度に耳に負担を与えないために設定する。という部分もあるのですが、設定することにより、使用者がどのように音を感じているのか。の判断にも使えますので、この設定を行なって、感覚を調べられるようにしています。

使用している方の感覚さえわかれば、あとは、その感覚に合わせるだけになります。1つ1つ地道な作業にはなりますが、行なっていけると、大きすぎず、小さすぎずの適切な音量にする事ができます。

予め、気になりやすい音は、抑えておく事

2つ目は、予め、気になりやすい音は、抑えておく事です。

クロス補聴器を使用した際ですが、高い音の部分、例えば、紙の音や金属的な音、そして、レジ袋の音などは、初め、気になりやすくなります。人によっては、自分の声も気になってしまい、高く聞こえる、機械っぽく聞こえる。というケースがあります。

その際ですが、その部分に共通する音、高い音(2000Hzあたり)を予め、少しだけ下げておくと、その感覚は、楽になります。

楽にさせる事ができると、使いやすさも上がるようになります。すると、過度に大きく感じやすい音も抑えやすくなり、耳への負担も軽減できます。

ただし、やり過ぎる(音を下げ過ぎる)と、聞きにくさに繋がることになりますので、その点だけ注意です。

この部分は、下げることはしますが、下げ過ぎずに注意し、クロス補聴器の音に慣れてきた頃にあげる。または、上げても大丈夫そうならあげる。というようなやり方ができると、聞こえの改善度も良く、クロス補聴器も使用できる状態にもできます。

この部分は、実際に使用している方とのご相談になるのですが、このような方法で、予め抑えておけると、過度に大きい音や気になりやすい音、それらは、少なくできます。

音の調整方法のまとめ

この2つに関してできると、クロス補聴器の調整はしやすくなり、目的である聞こえの改善と過度に音が入り、辛くなる、もしくは、気になりやすい音が少なくなることで、使いやすさもあげる事ができます。

調整の目的は、基本的に使いやすくし、かつ、聞こえるようにする事ですので、これらの事ができると良くしやすくなります。

もちろん、どのようなものも限度はあるのですが、なるべく改善できるようにすることで、困っている場所での聞こえや、クロス補聴器の使いやすさをあげることはできます。

なお、仮に音が大きく感じ過ぎた場合や気になる事があれば、補聴器屋さんや病院さんに相談する。ということも大切です。

きっと状況を改めてみてもらい、現状を少しでも良い状態にしてくれるはずです。

この際に一番悪いのは、無理に我慢することです。クロス補聴器は、聞こえる耳側につけていることもあり、辛くなってしまう場合は、聞こえる耳側に負担がかかっている事が考えられますので、それは、あまりするべきではありません。

クロス補聴器の場合は、聞こえる耳側を大切にする必要もありますので、気になった事や負担を感じるような場合は、ご相談しましょう。

負担と聞こえは、相容れないものではありますが、なるべくバランスを取ることで、ご自身にとって良いクロス補聴器にすることができます。

今回のまとめ

クロス補聴器を含む、補聴器には、音を合わせる。という作業があります。それが、補聴器の調整です。

クロス補聴器で聞こえるようになりますと、良くも悪くも聞こえやすくなりますので、過度な音が入り過ぎたり、負担がかかり過ぎないようにして、音を合わせていきます。

上記には、あくまでも私自身がしていることも載せては見ましたが、やり方は、病院さんや補聴器販売店さんで異なりますので、一つの例として見てみてください。どこも、合わせる。ということは、していると思います。

クロス補聴器の場合、聞こえる耳側に音がきますので、同じような調整内容になることは多いのですが、気になりやすい音、大きく感じやすい音は、少し異なりますので、その点は、使用した感覚を伺いながら、聞こえやすくて、使いやすい状態に音を合わせていきます。

これが、クロス補聴器の調整になります。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、そして、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

また、片耳のみ難聴の方を改善したお客様の症例解説ページもご用意していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
聞きにくさの改善方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞こえを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を良くさせた症例改善集(改善解説付)、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。