補聴器の寿命(買換)

補聴器の寿命(使用年数)とそれを考慮した買い替えサイクル

補聴器の使用平均年数は、大体5〜7年ほどになります。

人によっては、7年、8年使用しているケースもあれば、4年、5年で次の補聴器に変えている方もいます。

基本的に補聴器が使用できる年数は、約5年とされています。丁寧に使っていただいたり、普段からケアしている方は、それよりも長く使えたりします。

補聴器を購入するにあたってこちらも理解しておけると、それを考慮した購入ができるようになります。

補聴器の寿命と買い替えサイクル

補聴器の平均使用年数、いわゆる寿命は、大体5〜7年ほどになります。

補聴器は、基本的に耳の上に載せたり、

耳の中に入れたりと、湿気や汗の影響を受けやすい部分に使う機械なため、そこまで、保つものではありません。

機械類は、どうしても汗や湿気といったものに弱く、今現在、少しずつよくなってきているものの、平均使用年数は、5〜7年ほどになっています。

中には、丁寧に使っていたり、ご自身でケアしながら使用いただき、なるべく壊れないようにして、7年、8年と使用されている方もいます。

ただ、平均的に見ると、5〜7年ほどで次の補聴器に変える事が多いため、これらを考慮しながら、補聴器の購入に関して考えていけると良いですね。

補聴器を買い替えるタイミングは、人によって、まちまちです。

5〜6年ほど使用し、そろそろ新しい機器にして、もう少し聞こえを改善できる補聴器にしたい。となる方もいますし、中には、ご自身が望む機能が出て、そのタイミングに補聴器を買い替える。という方もいます。

そして、ギリギリまで使用し、壊れたり、聞きにくくなったタイミングで買い替える。という方もいます。

この部分は、使用している方の考えによって変化します。

補聴器を購入する場合は、こちらも意識しておこう

補聴器を購入する場合ですが、こちらも意識しておけるといいでしょう。

少し極端かもしれませんが、10年、20年使えるものであれば、最高クラスのものを購入し、良いものを長く使う。という選択肢もありえます。

しかし、補聴器の場合は、5〜7年で、5年、6年は、意外にあっという間になります。

補聴器の金額もそれなりにしますので、その点をご自身の予算と合わせて、相談できると良いでしょう。

もちろん、ご自身にとって良いものを購入する。という事で、ケアをしっかりしていただき、結果的に長く使用する。という考え方もOKです。

補聴器の使用年数も考慮できると、どのくらいのものにしようか。という部分も検討がつきやすくなります。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧