補聴器の寿命(買換)

補聴器の寿命(使用年数)とそれを考慮した買い替えサイクル

補聴器の使用平均年数は、大体5〜7年ほどになります。

人によっては、7年、8年使用しているケースもあれば、4年、5年で次の補聴器に変えている方もいます。

基本的に補聴器が使用できる年数は、約5年とされています。丁寧に使っていただいたり、普段からケアしている方は、それよりも長く使えたりします。

補聴器を購入するにあたってこちらも理解しておけると、それを考慮した購入ができるようになります。

補聴器の寿命と買い替えサイクル

補聴器の平均使用年数、いわゆる寿命は、大体5〜7年ほどになります。

補聴器は、基本的に耳の上に載せたり、

耳の中に入れたりと、湿気や汗の影響を受けやすい部分に使う機械なため、そこまで、保つものではありません。

機械類は、どうしても汗や湿気といったものに弱く、今現在、少しずつよくなってきているものの、平均使用年数は、5〜7年ほどになっています。

中には、丁寧に使っていたり、ご自身でケアしながら使用いただき、なるべく壊れないようにして、7年、8年と使用されている方もいます。

ただ、平均的に見ると、5〜7年ほどで次の補聴器に変える事が多いため、これらを考慮しながら、補聴器の購入に関して考えていけると良いですね。

補聴器を買い替えるタイミングは、人によって、まちまちです。

5〜6年ほど使用し、そろそろ新しい機器にして、もう少し聞こえを改善できる補聴器にしたい。となる方もいますし、中には、ご自身が望む機能が出て、そのタイミングに補聴器を買い替える。という方もいます。

そして、ギリギリまで使用し、壊れたり、聞きにくくなったタイミングで買い替える。という方もいます。

この部分は、使用している方の考えによって変化します。

補聴器を購入する場合は、こちらも意識しておこう

補聴器を購入する場合ですが、こちらも意識しておけるといいでしょう。

少し極端かもしれませんが、10年、20年使えるものであれば、最高クラスのものを購入し、良いものを長く使う。という選択肢もありえます。

しかし、補聴器の場合は、5〜7年で、5年、6年は、意外にあっという間になります。

補聴器の金額もそれなりにしますので、その点をご自身の予算と合わせて、相談できると良いでしょう。

もちろん、ご自身にとって良いものを購入する。という事で、ケアをしっかりしていただき、結果的に長く使用する。という考え方もOKです。

補聴器の使用年数も考慮できると、どのくらいのものにしようか。という部分も検討がつきやすくなります。

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例