2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:補聴器

軽度難聴の方は、少々症状を軽く見られすぎではないだろうか?

最近、お客さんとお話ししていて感じるのは、なぜかよくわかりませんが、軽度難聴の方は、少々、症状を甘く見られているといいますか、困っているのに関わらず、そのままでも良いみたいな言われ方をするようなケースをよく対応します。

軽度の難聴というと、軽い難聴ということで、症状が軽い印象を持ちますが、難聴は、そもそも聴力だけで困り度が決まる訳ではありませんので、何言って言ってんだ感があるのですが、ちょっとこの点に関して整理して書いて行きます。

続きを読む

中等度難聴の人が補聴器を販売する時に感じる3つのメリット

私自身、生まれつきの難聴者で補聴器を使用しつつ、補聴器の販売をしています。普段ならデメリットの方が多い難聴の体、しかしその難聴の体を利用できる数少ない職業が補聴器の販売だったりするのですが、それで感じているメリットと言いますか、一般の方と比較して、この点は、恐らく強みだなと感じることがあります。

たまに「難聴の方って実際に補聴器の販売とか、どうなんですか?」と難聴の方からも健聴の方からも聞かれることもありますので、ちょっとこの点に関して記載してみます。ただあくまでも私自身が感じているメリットではありますので、参考程度にお願いします(笑)。

続きを読む

他店購入の方から言われる補聴器が聞きにくい、を改善させる方法

補聴器のお店を営業していると少なからず他店で購入された方より補聴器を見てもらいたい、この補聴器について相談したいという依頼があるのですが、その場合において、

  • 聞きにくさをよく感じる
  • 使っている補聴器が聞こえているのかわからない
  • 補聴器の効果がわからない

というケースに通じるのは、自分の補聴器がどこまで自分の耳を改善させているのか、それを把握していないことです。補聴器には、聴力からどのくらいの改善を目指し、どこまで聞こえさせるか。という目安が存在しています。

補聴器の効果の可視化を行うと自分の現状が補えているのか。そして、どう改善したらいいかも全て見ることができます。

残念ながら補聴器はどんなにうまく調整しても、補聴器で耳を治すことはできません。しかし、より生活を豊かにすることは可能です。

ということで実際にこのような方が来た場合、どのように対応し、どう改善させるのか。その点に関して記載していきます。

続きを読む

クロス補聴器の形状(組み合わせ)の種類と理解したい3つの特徴比較

クロス補聴器には、いくつか種類がありますが、補聴器と音を送信するクロス、この二つの組み合わせにより特徴が異なります。

こちらでは、クロス補聴器の形状、組み合わせの全体像から、それぞれの組み合わせ別、特徴についてまとめていきます。その中には、私自身がいくつかお客様に試して見てわかったことがありますので、その点も含めて記載していきます。

なお、当店で扱っているフォナックのクロス補聴器を中心に記載していきます。その点だけ、ご了承ください。

続きを読む

補聴器の聞こえの効果と性能の関係、性能を理解する3つのポイント

補聴器の購入を考える際、気になるのは、どのようなものがどう聞こえの改善に影響してくるのか。金額が高いものほど、良さそうな感覚はわかるけれども、実際、どう良いのか。そして、どう違いがあるのか。このような点かと思います。

そこで、こちらでは、聞こえの改善をベースに性能がどう関わってくるのか。そして、その性能とは、どのようなものがあるのか。こちらについてまとめていきます。

  • 補聴器についてしっかり理解したい
  • 聞きにくさを感じていて、補聴器について調べている
  • 補聴器の性能がイマイチどう聞こえに影響するかがわからない

という方は、参考にしてみてください。

なお、機能の説明に関しては、あくまでも当店が扱っているフォナック、というメーカーを基準に記載していきます。各社、機能に関しては、名前を変えているケースはありますが、似たような名前で作っているケースが多いため、多くの場合に当てはまるように記載していきます。

そして、補聴器を例にだす説明は、あくまでもフォナックの製品に絞って記載していきます。その点だけ、ご了承ください。

続きを読む

補聴器の形状による特徴と選定時に知りたい3つのポイント

補聴器には、いくつか形状がありますが、では、これらの形状は、具体的にどのように異なるのでしょうか。こちらでは、補聴器の選定の中でよく出てくる耳あな形補聴器、耳かけ形補聴器の形状別の特徴をまとめていきます。どのような補聴器が良いのか、自分は、どのような補聴器を求めているのか、その選定にお役立てください。

なお、こちらでは、主によく出る耳あな形補聴器、耳かけ形補聴器の二つについてまとめていきます。厳密には、ポケット形補聴器というものもあるのですが、あいにく私のところにくる方の80%以上は、60歳以下ですので、その方々が使用される主なものをまとめていきます。

続きを読む

治らないから使わないという方々に関する答え

さて、先日から色々と補聴器について学んできたクロブタ。先日は、深井さんが補聴器を使用している理由に関して話してくれました。しかし、その内容を聞くうちに少し気になることがクロブタには、ありました。それは、治らないから使わない。という考えについてです。

前々から深井さんは、補聴器では耳を治すことはできないけれど、改善させることはできると言っていました。そして、現に深井さんは、使用されています。が、一部では、治らないから使わないという方がいるというのも聞いています。

果たしてそのところは、どうなのか。気になったクロブタは聞いてみます。

続きを読む

難聴者の私が補聴器を使用している理由

先日、補聴器を装用するとどのように聞こえるのか。そのお話をきいていたクロブタ。話を聞いていて思ったのは、補聴器を装用すると、周囲の音や聞きたい音以外の音も多く聞こえると言うことでした。

よく補聴器は使い続けられない。雑音ばかりで使い物にならないと聞いていたクロブタは、もしかしてそこが使われない理由なのでは?と思い、ふと補聴器を使っている深井さんにお話を聞いてみます。

その際、深井さんから出た言葉は「私が補聴器を使っているのは、使うことによるメリット>デメリットだから」と言うことでした。その点に関して聞いていきます。

続きを読む

補聴器を装用すると聞こえる感覚とより聞こえやすくなる音

補聴器の調整に関して前回は、聞いていきましたが、次にクロブタが気になったのは、実際に補聴器を装用すると、どんな感じに聞こえるのか?というところでした。聞こえの改善の部分も気になりますが、実際に装用するとどんな風に感じるのか。その点に関して、質問してみます。

続きを読む

補聴器の調整を感覚だけでやるとうまくいかない理由

前回は、補聴器を調整するやり方として、感覚を重視する人、感覚、数値、両方とも見ながら調整する人、数字を重視する人、様々な人がいることを知りました。著者(深井)は、感覚だけでやっていた頃、全然うまくいくことはなく、両方とも見ることによって良くなってきたと言いました。

その際、クロブタが気になっていたのは、感覚だけではなぜうまくいかないのだろう?ということでした。深井に聞くと「正解はわからない」というので「どんなことが考えられるのか」と、状況に関して、聞いてみました。

続きを読む

補聴器の調整における感覚派と数値派

前回より補聴器の調整に関することについて記載してみました。色々とわかってくる中、少しクロブタは、またしても思うところがあるようです。

前回の内容を整理してみると、感覚と数値、この2つがカギとなっているのではないか。そのようなことをクロブタは感じました。

ただ、ちょっとわからないところもあります。実は、クロブタ、このお店に行く前に他のお店にも行っていました。しかし、そこで行われたのは、補聴器を装用して「大きいですか」「響きとかはないですか」という感覚だけの確認しかありませんでした。

話を聞くうちにそのところはどうなのか。その点に関して、また聞きにいきます。

続きを読む

補聴器販売者は実際にどのように補聴器を調整しているのか

前回より、補聴器のことや調整などに関して学んできました。補聴器の調整に関して学んでいく中、色々とクロブタには、思うところがあるようです。それは、この人は、どのように実際に調整しているのか?ということです。

色々とわかってくる補聴器のこと。でも、実際にわかったとしてもそれを提供するには、どのようにやっているのか。その点が気になるようです。理解していることとできることは、違うからでしょうか。

そしてクロブタは素直にまたお話を聞きにいくことにしました。

続きを読む

【補聴器の効果測定】音場域値測定の数値からわかる事

先日は、補聴器で聞こえを改善させるための考えという内容を記載しました。そこで記載したのは、測定や目標を決めつつ、改善できる数値まで改善させる。ということでした。このお話を聞いていたクロブタは、少しきになることがあったようです。さて、彼?は、何を思ったのでしょうか。

今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

補聴器で目指せる聞こえの改善と補聴器の実際のところ

補聴器で改善できるところは、どこまでなのでしょうか。そして、その改善と補聴器の実際のところについては、どうなのでしょうか。その点に関して会話形式にしてまとめてみました。補聴器に関して理解したい方は、参考にしてみてください。

では、レッラゴー!

続きを読む

片耳難聴の方に両耳、耳あなクロスは、どうなのか?色々と調べてみた

クロス補聴器には、いま現在、両方とも耳かけのクロス、両耳とも耳あなのクロス、耳かけ補聴器、耳あなクロスの3つの組み合わせがあります。

その中で、聞こえが良くなるものは、なんなのか。どれがどのように利点、欠点があるのか。それについて日々、調べながら対応をしているのですが、両耳とも耳あなのクロスで、お客様へ実際に試聴しつつ、いくつかわかってきたことがありますので、ご報告。

結論から言いますと、欠点の部分がどうしても改善されないので、候補からは、外した方がいいかもしれません。有効活用できるのは、欠点が気にならない、影響を受けない方のみとなります。

何名かに試聴し、状況をみてみた限り、そのように感じます。

続きを読む

補聴器が初めての方に送る補聴器の選び方

基本的に補聴器には、耳あな形補聴器と呼ばれる耳の中に補聴器を入れるタイプと耳にかけて使用する耳かけ形補聴器の2つがあります。

補聴器の選定は、この2つから選ぶことが多いのですが、どのように違いがあるのか。それについてはわかりにくいかと思います。

そこで、選びやすくするため、この2つの違いを説明していきます。私自身が実際にお客様に説明していることですので、参考にしてみてください。

なお、当店は、30~50代の方が来店者の99%を占めるため、手先が不自由なご年配の方に向けた内容ではありません。その点に注意してご覧ください。

続きを読む

クロス補聴器で気になる聞こえる耳への負担

クロス補聴器に関して、お問い合わせいただくことの一つに、クロス補聴器を装用した際に、聞こえる耳への負担は、どうなのか。という点をいただきます。

この点に関しては、語弊がないようにお伝えしますと、クロス補聴器を使用する場合としない場合では、確実にする方が耳に負担がかかります。

しかし、クロス補聴器は、大きすぎる音については、抑えるようにしています。耳に対する負担は、つけないよりは増えますが、できる限り、耳への負担に関しては、下げるようにしています。

続きを読む

両耳、耳あな形のクロスにした場合の聞きにくさを数値化する方法

クロス補聴器の中には、両耳とも耳あな形を使うタイプがあります。こちらの欠点は、聞こえる耳が聞こえにくくなる傾向があるということです。

この部分ですが、とある測定を行うことで、聞こえにくくなっているのか、そうではないのか確認することができます。

続きを読む

重度難聴の改善の際に考える2つの選択肢

重度の聴力障害の場合、耳が治療できないケースでは、改善させる方法として、補聴器を装用するか、人工内耳と言われるものを使うか。この2つに一つになります。

人工内耳とは、耳を手術して、耳の中に機械を埋め込み、聞こえを改善させる機器で、補聴器は、そのまま耳に装用し、聞こえを改善させる機器になります。

この2つの機器ですが、何を重視するか。それにより、選択が変わります。あくまでも私自身が実際にお客様に説明していることを載せていきます。

続きを読む

検索フォーム