補聴器の調整や効果を出す方法

【聞こえを改善】補聴器の効果を最大限、引き出す2つのポイント

補聴器を装用する上で、大切な事は、なるべく補聴器の効果を出すために、いくつかのポイントを押さえておく事です。

補聴器は、残念ながら耳が治る。という部分まで、改善させることができません。

そのため、なるべくよくなるように改善を行わないと、その分、聞きにくさが強くなってしまい、減点方式で、どんどん聞きにくさが募るようになってしまいます。

こちらでは、そうならないよう、しっかり改善させる事を目標に、最大限、補聴器の効果を引き出すための内容をまとめていきます。

これらの事を行う事で、治らなくとも、それなりにしっかり改善させることができるようになります。

補聴器の効果を出すために

補聴器の効果を出す。というと難しく感じてしまうかもしれませんが、そのような事はありません。

基本的な部分をしっかり行えば、大丈夫です。

それは、

  • しっかり装用できるようにする事
  • 補聴器でなるべく改善できると良い部分まで、改善する事

の2点です。

しっかり装用できるようにする事

補聴器で聞こえを改善させる上で、大切なものは、しっかり装用する事。こちらになります。

補聴器で聞こえを改善させるには、しっかり装用できる状態にすることから、始まります。補聴器で聞こえを改善させるには、しっかり装用できる状態にすることから、始まります。

耳に装用していて、補聴器が耳からずれる。もしくは、不安定で外れそう。というような状態は、あまり良い状態ではありません。

その場合は、まずは、しっかりとつけられる状態にすることから初めていきましょう。

また、耳かけ形補聴器を使用しているケースに多いのですが、耳せんを使用していて、しばらくすると、耳からずれる。耳から耳せんが抜けてくる。という方は、抜けてこないような耳せんを使うか、耳の形をとって、自分専用の耳せんにした方が、聞こえは、安定します。

耳から耳せんが抜けてくると、自然と、音が弱くなり、耳にしっかりと音が伝わりづらくなるためです。

仮に耳から外れやすい場合は、このようなイヤモールド、というものを使うと、耳から抜けにくくなり、聞こえも安定するようになります。

このようなRIC補聴器。と呼ばれる補聴器であれば、もし、耳から抜けてくる場合

このようなスポーツロック。と呼ばれる、耳から抜けてくるのを防止してくれるものもあります。

それらを活用し、耳から抜けて来ないようにしましょう。そうすると、安定して、聞きにくさを改善できるようになります。

補聴器でなるべく改善できると良い部分まで、改善する事

こちらは、補聴器の調整に関する内容です。

補聴器は、聞こえにくくなった部分を補い、聞こえを改善していきます。その際、聞こえの改善は、改善できると良い目標の部分があります。補聴器は、聞こえにくくなった部分を補い、聞こえを改善していきます。その際、聞こえの改善は、改善できると良い目標の部分があります。

補聴器は、基本的に聞こえにくくなった耳に対し、音を入れて、聞きにくさを改善していきます。

補聴器で聞こえを改善させる際、補聴器の調整ソフトにも、おおよその改善ポイントが記載されています。できれば、そちらもみながら、できると、ご自身の状態がどこまで改善できているのか。そして、どうすれば、より改善できるのかもわかるようになります。補聴器で聞こえを改善させる際、補聴器の調整ソフトにも、おおよその改善ポイントが記載されています。できれば、そちらもみながら、できると、ご自身の状態がどこまで改善できているのか。そして、どうすれば、より改善できるのかもわかるようになります。

そして、大抵の補聴器には、ご自身の聴力に対して、どのくらい補ったら良いか。という改善目標のラインがあったりします。

どの方法でも構いませんので、今、自分が聞こえている状態と、改善できると良い部分の状態。その二つを確認できるようにすると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。足りない部分があれば、補え、足りていれば、そのままにする。など、判断ができるからですね。どの方法でも構いませんので、今、自分が聞こえている状態と、改善できると良い部分の状態。その二つを確認できるようにすると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。足りない部分があれば、補え、足りていれば、そのままにする。など、判断ができるからですね。

それらのものを確認しながら、ご自身の聴力で補えると良い部分まで、補えると、聞きにくさは、改善しやすくなります。

ただ、この部分は、非常に表現が難しいのですが、しっかり補う事は、大切なのですが、そこまで、音を大きくすると、耳が辛くなってしまう。という場合は、辛くなりすぎない程度に、抑えることも大切です。

そして、できるのであれば、ご自身の状況を自分で把握できるようにしてもらい、自分で理解しながら、改善できると良いです。

例えば、私の場合は、基本的に、お客様に対し、今現在、どのくらい改善していて、後、どのくらい改善が必要なのか。測定を通じて、お客様と相談できる環境を作っています。

このようにしている理由ですが、基本的に補聴器は、自分で使っている感覚、例えば、音が大きい、音が小さい、などの感覚こそわかるものの、どのくらい自分の聞こえが改善しているのか。どのくらい聞こえると良いのかは、わかりません。

調整している人間も、測定を通じて、どのくらい改善しているかは、わかるのですが、その状態は、音が大きすぎるのか、それとも、普通に使える音量に感じるのか。その点がわかりません。

お互いに、状況を把握しながら、行えると、補聴器を調整する人、お客様が、一緒に改善できるようになりますので、このようにしています。

感覚を確認しつつ、測定を通じて、どのくらい改善できているのかを把握しながら、改善していけると、大きすぎず、でも、聞こえの改善もできる。という部分まで改善させることができます。

おまけ:これらのものも、できれば無くしていこう

ここからは、聞こえの効果。というよりも、補聴器の使い勝手。という部分になります。

できればですが

  • ハウリング
  • 耳の痛み

の2つに関しても無くしていきましょう。

ハウリングを無くして、快適に

ハウリングとは、補聴器から音が漏れることによりピィ〜と大きな音がする事です。

これは、補聴器で耳をしっかり塞いでいない事によって、起こりやすいのですが、耳の状態によっては、しっかり塞いでいたとしても、起こる場合があります。

ハウリングを止める機能は、ほとんどの補聴器に導入され、ピーピー聞こえて、鬱陶しい。というのは、なくなりました。ハウリングを止める機能は、ほとんどの補聴器に導入され、ピーピー聞こえて、鬱陶しい。というのは、なくなりました。

今現在、補聴器でハウリングがしている場合、気軽に止められるようになりました。

ハウリングを止める機能は優れてきたのですが、一方、それにより、音を大きくできない。という問題も起こりやすくなりました。そのため、ハウリングを止める。というよりも、ハウリングの元を止める事を行い、ちゃんと補えるようにすることも大切になってきました。ハウリングを止める機能は優れてきたのですが、一方、それにより、音を大きくできない。という問題も起こりやすくなりました。そのため、ハウリングを止める。というよりも、ハウリングの元を止める事を行い、ちゃんと補えるようにすることも大切になってきました。

しかし、場合によっては、このように補聴器のハウリングにより、音が出せない。というケースも起こるようになりました。

そのため、ハウリングがする場合は、しっかりより耳を塞ぐものを作るか、イヤモールドと呼ばれる、耳にしっかり装用できるものを使い、改善していけるとベストです。

すると、ハウリングも無くなりますし、補聴器での聞こえの部分も、より改善しやすくなります。

耳に痛みがある場合は、早々に改善を

こちらに関しては、放置する方は、いないかと思いますが、補聴器を装用していて、痛みを感じることがあれば、早々に直すことをお勧めします。

耳の痛みは、直接、聞こえに影響することはありませんが、補聴器の使い勝手には、影響しますので、仮に感じる場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。

なるべく聞こえは、良い状態にしていこう

さて、まとめです。基本的にしっかり改善させる場合、基本となる

  • しっかり装用できるようにする事
  • 補聴器でなるべく改善できると良い部分まで、改善する事

こちらを行うことが大切です。

意外かもしれませんが、しっかり装用できるようにすることは、本当に大切です。

例えば、RIC補聴器は、耳の先端にレシーバーと呼ばれる音がでる部分が付いています。

これが、耳から外れると、外れるほど、それだけ、音は、弱く感じるようになります。

どの補聴器もしっかり装用できて、初めて効果を発揮します。

この部分は、意外にも疎かにされていることが多いので、意識しておけたり、自分が使用している状態を補聴器屋さんにみてもらい、しっかり装用できているかを確認してもらえると、安心ですね。

特に耳から外れてきてしまうケースは、早々に改善していきましょう。それだけでも、安定して、聞きにくさが改善できるようになります。

あとは、補聴器の調整も大切には、なります。

この部分は、人(耳の聞こえ)によって、大きく変わるため、抽象的な事しか言えず、わかりづらい点は、申し訳ありません。

しかし、聞こえの状態を把握しながら、聞きにくさを改善できると良い部分まで改善できると、よくしやすくなるのは、どの方でも同じです。

残りは、ハウリング、耳の痛みですが、この部分まで改善できると、補聴器として、使いやすい補聴器になっているかと思いますので、その部分も含めて書いてみました。

基本をしっかり行うことで、聞きにくさの改善は、概ね、できるようになります。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧

関連する記事
補聴器の調整や効果を出す方法

音場閾値測定で私が平均的に数値を補っている三つの理由

2017年10月18日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器の調整には、現状、ルールはなく、かく各々が自分なりに調整している状態です。言い換えれば、聞こえを改善させるゴールは、共通ですが、そこに …
補聴器の調整や効果を出す方法

生まれつき聞こえにくい私は自分でどのように調整しているのか

2016年5月3日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
たま〜に「深井さんってどのように補聴器を調整しているの?」と聞かれる事があります。生まれつき難聴の人が自分で音の調整をしているとなると、やは …
補聴器の調整や効果を出す方法

聞こえている感覚がわかりづらい補聴器の効果を自分なりに知る2つの方法

2016年7月13日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器を装用しても意外にも補聴器の効果はわかりづらかったりします。聴力低下が大きく、かつ人の声が全然聞こえない、周囲の音もほとんど入らないと …