2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

誰も言わない集音器をお勧めしない本当の理由

Pocket

young-791849_640

よく集音器を購入しようとお考えの方から「集音器と補聴器は、どう異なるの?」という事を聞きます。果たして、この二つは、どのように異なるのでしょうか。そして、それぞれの機器は、どのような違いがあるのでしょうか。この二つの差について、しっかりと記載されているものは、意外にありません。

個人的に考える集音器をお勧めしない理由は、性能ではなく、耳に合っているかがわからないところです。誰も言いませんが、ここのデメリットは、非常に大きいものであり、決して無視できるものでは、ありません。

耳に合っているかわからないとは、どういう意味なのでしょうか。今回は、集音器をお勧めしない理由から、補聴器は、どのようにして耳に合わせているのか、そして、集音器と補聴器の違いの比較までして行きます。

集音器の最も大きいデメリットは、耳に合っているかわからない……この部分をしっかり理解する事ができるでしょう。

聞こえの効果がわからない

冒頭では、集音器をお勧めしない理由に「耳に合っているかがわからないところ」と記載しました。これは、どういう事なのでしょうか。こちらでは、まず補聴器は、どのようにして耳に合わせているのかを見ていきましょう。こちらをご覧になれば、その理由がわかります。重要なのは、補聴器効果の評価方法にあります。

補聴器を耳に合わせる過程

補聴器を耳に合わせるには、聴力検査を行い、自分の耳の聞こえを知った後、補聴器を調整し、調整した補聴器でどのくらい聞こえるようになったかを機械を使って確認します。そのデータを元に合っているか、合っていないかを確認します。

補聴器屋視点で考える耳の測定は、あくまでも補聴器でどのように聞こえを補ったら良いのか、どのくらい音を入れて上げる必要があるのかを調べるものです。調べた後、聴力測定から得られたデータを補聴器の音量調整に反映させます。その後、反映させた補聴器を装用し、目標値を設定したうえで、装用した状態の状況を調べます。

目標値まで、達成していれば、good!、していなければ、なぜしていないのかを調べ、もっと音量を大きくしても問題ないようであれば、大きくし、これ以上大きくすると装用が難しいという場合は、そこが限界値となります。調べる場所は、各周波数ごとに調べられるため、細かく音について見られますし、どの音が補えていて、どの音が補いきれていないのかもわかります。

このような調整を経て、補聴器は、耳に合わせていきます。

集音器は確認ができない

集音器は、どのくらい聞こえているのかの確認ができません。補聴器を耳に合わせる過程で、このような事を調べるのは、自分自身では、どのくらい聞こえるようになっているのかがわからないからです。私自身生まれつき難聴であり補聴器を装用していますが、自分自身では、どのくらい聞こえるようになっているかはわかりません。そのため、補聴器を装用した状態で、機械を使い、自身の聞こえを調べます。

聞こえを調べると、どのくらい聞こえているのか、その聞こえは、聞こえを補う目標値と比較して良い状態なのか、まだまだ補いきれていない状態なのか、もし補いきれていないなら、もっと聞こえるようになるためには、どのようにしたらい良いのか、これらの事がわかります。補聴器を装用してもわかるのは、自分自身が補聴器を装用して聞こえるようになった感覚だけになります。適切に補えているのかは、わかりません。

これは、集音器も同様です。感覚を補うには、必ず目標とする値にどれだけ近づけたのか、今の感覚は、どのような状態なのか、これらを把握する必要があります。感覚の善し悪しは、自分の感覚ではなく、一般的な人の感覚に合わせなければなりません。この「合わせる過程」ができませんので、私は、集音器をお勧めしていません。

まとめ

集音器で大きいのは、この部分です。どんなに良い集音器を使ったとしても合っているか、合っていないかの確認ができなければ、適切な聞こえを提供しているとは言えませんし、聞こえるけれども何だかよくわからないまま、使用しつづけている事になります。

どんなものも適切に合っていると言える状態を確認しなければ、効果はわかりません。この効果の確認ができない点が集音器の最大の問題点です。それは、補聴器を耳に合わせる過程を知るとより理解できるようになります。

特に補聴器、集音器を使用する方は、感音性難聴と呼ばれる難聴の方です。この難聴は、しっかりと音を入れたとしても言葉の聞き取りにくさが出てしまい、本当に効果があるのか、ないのかがわかりづらい難聴です。この難聴の性質からも効果を確認する事は、重要です。

これは、集音器だけに言える事ではなく、通販で補聴器を購入する際にも言えます。効果を確認しない補聴器は、効果を保証できない補聴器になります。それでは、適切に耳に合わせる事はできませんし、適切に耳に合わせているとも言えません。

集音器と補聴器の比較

さて、集音器をお勧めしない理由がわかったところで、実際のところ、集音器と補聴器は、どのように違うのでしょうか。こちらでは、違った視点で見てみましょう。

  • 聞こえ
  • 価格
  • 入手のしやすさ
  • 性能

この四つを比較していきます。それぞれの項目で比較してみると、より集音器がどのようなものか見えてきます。

聞こえ

補聴器と集音器の違いを表現すると、耳に合わせるのが補聴器で、集音器に自分の耳を合わせるのが集音器です。

補聴器は、その人の耳の聞こえを調べて、その耳に合うように設定します。集音器は、中に設定されている音の増幅値の通りに音を大きくします。集音器の場合、その増幅を利用して、自分の耳で聞こえる値までボリュームを大きくして聞きますので、補聴器と集音器は、耳に対して合わせるやり方が異なります。

パソコンやテレビの音に関しては、一般の人の耳の感覚を考慮して作られています。難聴の人向けに作られていませんので、たまにテレビの音をいくら大きくしても大きくなった感覚はあるのですが、相変わらず話しの内容がわからないというケースがあります。

大衆向けの製品は、全て一般の人向けの感覚に合わせて作られているため、このような事が起こります。それをできるだけ失くそうとしたのが補聴器です。それぞれの耳の感覚に合わせるのは、このような理由があります。

補聴器は、人の耳に合わせる機器。集音器は、集音器に耳を合わせる機器。このような違いがあります。

価格

価格に関しては、誰が見ても集音器の圧勝です。補聴器は、ぼろ負けですね。ここは、なぜ補聴器は高いのか?というところに直結する内容です。

補聴器が高い理由は、単純に言うと中にコンピューターを詰め込んだからになります。このコンピューターのおかげて細かい音の調整や周囲の音を聞いた時、どんな方向から音が来て、どんな音が聞こえて、この音はどれだけ大きくしたらいいか、またはあまり大きくしない方がいいのか……など膨大な処理ができるようになりました。これが補聴器のデジタル化になります。このおかげで実に様々な事が補聴器でできるようになりました。音を抑える機能も自由に調整できる機能もこのデジタル化によってできるようになっています。

一方、集音器の場合は、マイクから入力された音を予め設定してある音量分しか大きくする事ができません。その音量幅をボリュームで調整し、耳に合わせていきます。集音器は、中にコンピューターを詰め込む必要がなく、単純な設計になっています。そのために安く提供できるようになっています。

金額の違いは、ここだけではなく、マイクの性能、イヤホンの性能にも直結しています。しかし、最も大きい金額の差は、コンピューターを詰め込んでいるか、詰め込んでいないかになります。コンピューターを詰め込んで、人の感覚にできるかぎり合わせるようにしている補聴器は、高額になります。

入手のしやすさ

入手のしさすさも集音器が圧勝です。集音器は、通販を利用して、すぐに購入する事ができます。一方、補聴器は、上記に記載した通り、あれこれと作業を行う必要があります。その作業分、どうしても入手のしさすさが、異なります。

もちろんこれらの作業は、補聴器を適切に合わせるうえで、必要不可欠な作業です。省く事は、補聴器の効果を捨てるという意味であり、効果がない補聴器を購入する事にもなります。

性能

性能に関しては、補聴器が圧勝です。金額が高いから……という理由ではなく、様々な音の処理をしているからという理由からです。

この点は、価格にも記載した通りになります。中にコンピューターを詰め込む事により、より細かく調整する事ができるようになりました。さらに周囲の音を聞いても「この音、別に聞かなくても良いかな」と思う音は、あまり増幅しないようにしたり「この方向から来る音は、恐らく余計な音だろう。増幅を抑えておくか……」といった事もできるようになっています。現在の補聴器には、大抵二つのマイクが搭載されており、二つのマイクで音を拾う事により、その差異を利用し、どの方向から音が来たかもわかるようになってきています。

このように補聴器そのものが行っている処理が補聴器と集音器では、異なります。集音器の場合は、価格で記載した通り、設定してある音の増幅のみをしています。

これにより、耳に対する負担を和らげたり、細かく調整する事により、耳に合わせやすくなっています。補聴器と集音器には、このような違いがあります。

集音器、補聴器の違い

集音器は、あくまでも音を大きくする機器でしかなく、耳に合わせるというよりも耳を集音器に合わせなければなりません。ボリュームに関しても全体の音量を大きくするか、下げるかしかできません。中には、音を大きくすると非常に大きくなってしまい、耳を痛めてしまう集音器まであります。

一方、補聴器は、人の耳に合わせて調整するものであり、人の耳を考慮した機能もついています。それは、人の耳に合わせるためにあるという事の証拠です。金額やハードルが高いのは否めませんが、これが補聴器です。

それぞれの比較をしてみるとより、集音器と補聴器の違いがわかるようになります。集音器が粗悪と言われる所以は、集音器に耳を合わせる事にあります。耳の事を全く考えていないため、安くできるのですが、その代わり、それ相応の代償を払うことになります。

これが、集音器と補聴器の違いです。

あとがき

集音器と補聴器について記載してみました。この二つの違いは、これらのものがあります。たまに集音器は悪い!や補聴器が良い!といったものを見かけますが、そんな事より、どんな違いがあるのかを知る方が重要です。

私は、耳の事を考えるとやはり補聴器派です。私自身も耳の聞こえが生まれつき悪いため、かれこれ何十年も補聴器を使用しています。集音器は装用した事がないため、どのような聞こえかはわかりません。ただ、市場に出ている集音器の機能を見るととてもじゃありませんが、自分の耳に装用する気になれません。これは、補聴器の事、耳の事がわかっている私だからこそ、感じる感情なのかもしれません。知らなければ、購入してしまうのもわかる気がします。

もし、ご自身の耳について真剣にお考えでしたら迷わず私は補聴器をお勧めします。金額が高額な事、入手が面倒な事は、認めますが、その方が、耳に適したものを購入する事ができます。補聴器販売店であれば、適切に耳に合っているのかの確認もしたうえで、補聴器を合わせてくれると思います。

これは、耳にとっても聞こえを改善したいとお考えの方にとってもベストです。これらの内容から、私は、補聴器をお勧めします。

 

補聴器について知りたい場合は、こちらの内容もお勧めします。

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

リンク:中等度難聴に合う補聴器と形状別特徴のまとめ

リンク:耳かけ形補聴器、耳あな形補聴器を選定する2つのポイント

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム