2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器は同じ金額を出したとしても効果が異なる場合がある

Pocket

昨日、ふと思った事ですが、両耳に装用する、片耳に装用するというのは、見方を変えれば、今あるお金をどう有効活用するのかにも影響してくるなぁ……と思いました。このように考えるきっかけは、ある場所に自分自身がコメントした際「おや?これは見方を変えるとこういう事だよな?」と感じたのです。

お金という観点から見ると、両耳、片耳の選択肢を間違えた場合、例え、同じお金を払ったとしても、効果が異なるという、ある意味損をするやり方をしている事に気が付きます。今回は、単に私が思った事を載せていきます。

お金で得られる価値の違い

世の中は、お金がある事により、物やサービスが購入できます。しかし、例え同じ金額でも物の質、サービスの質は異なる事があります。スーパーで同じものが、安売りしていて、全く同じ商品が、異なる値段で販売されているのは、この国では良くある事です。

また、基本的なサービスの料金が決まっているものもありますね。例えば、私達に最も身近なのは、病院です。病院の場合、公的医療(保険対象となる医療)の場合、予め金額が決まっています。という事は、どの病院を受けても基本的には、金額は変わらないという事です。

しかし、恐らくどの方も感じていらっしゃる事ですが、医師から受けるサービスは、一定ではありません。例えば、症状の説明に関して、わかりやすく説明してくれたり、雰囲気がとても良い先生だったり、技術力がとてもしっかりした先生だったりと様々な先生がいます。どこに価値を感じるかは人それぞれですが、全く同じサービスを提供できている先生や、病院はありません。サービスというと技術力のみを考えてしまいがちですが、どのように接してくれるのか、どのように治療してくれるのかもサービスの一環です。つまり、金額は同じだけれども受け取る価値は異なるという事になります。

ここをよく考えてみますと、例え同じ金額を支払ったとしても受け取る価値、自分自身が感じる価値というのが異なるという事がわかりますね。ここは、ものすごく重要な事だと思います。

両耳装用、片耳装用も異なる

このような内容を前提に考えてみますとある事に気が付くのではないでしょうか。補聴器の場合、両耳に装用するか、片耳に装用するかで、受け取る価値、聞こえやすくなる効果が異なります。両耳に補聴器が合う方を前提にさせていただきますと、そのような方の場合、片耳に高額な補聴器を装用するより、価格を抑えて二つの耳に装用する方が、効果は高くなります。

つまり、この点も、例え同じ金額を支払ったとしても、受け取る価値、得られる効果が異なる事を表します。言い方を変えれば、両耳が合うのに関わらず、高額な補聴器を片耳に装用してしまった場合は、損をしてしまうという風にもとれます。本来、それだけのお金を出せば受け取れるであろう価値が、受け取れなかった状態になりますので。

この点は、しっかり理解しなければならないなと個人的には、思いました。補聴器もお金の使い方が大切であるという事ですね。これは、どんなものにも言える事です。

物の価値は、異なる

日本の市場は、売り手がほとんど金額を決めてしまいます。そのため、買い手は、金額のみを見て、どちらが良いかを選ぶケースが多いと思うのですが、重要なのは、総合的に得られる効果なんだな……と改めて思いました。

両耳、片耳というのは、補聴器を購入する上では、聞こえの効果が大きく異なりますので、重要な要素となります。同じ金額を出すなら、最も聞こえる方法、もしくは、聞こえるものを購入したいと誰もが思いますよね。食事に例えると、とてもおいしい料理とそれなりの料理、同じ金額を出して、どちらを選ぶかといえば、ほとんどの人が、とてもおいしい料理と答えるのではないでしょうか。それと同じだと思います。

お金の部分は大切だからこそ、有効活用したいと誰もが思うと思います。その際に大切なのは、このお金を使って物を買うではなく、このお金を使って得られる効果を買うという発想ではないかとも思うようになりました。このように考えれば、同じ金額を使ったとしても、間違えて効果がより少ない方を購入する事はないだろう……とも思います。

物の価値というのは、異なるという事を前提に理解しておく事が大切と言えそうですね。

あとがき

いつも記載している事と趣旨を変えて載せてみました。単なる感想文と見るか、補聴器のお金に関する内容と見るかは、おまかせします。どのような方も、この世の中で生活する以上、お金は関係してきます。しかし、お金に関して、支払った分の価値を得られているのか、そうでないかまで考えているのは、少ないように感じています。この点は、気のせいなら良いのですが。

上記のように同じ金額を出したとしても受け取る価値が異なるというのは、とても大切な発想だと思います。お金も大切ですが、そのお金を出して得られる価値にもしっかり見る必要がありますね。これは、日々の日常に関わる事ですので、私自身も気をつけなければならない事です。

このような時代だからこそ、お金は有効活用したいものですね。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器にまつわる両耳、片耳に関する変な考えに喝!してみる

リンク:初めて補聴器の相談をする際に意識したい3つのポイント

リンク:補聴器は雑音がする?のホント、ウソ

リンク:補聴器の効果が残念ながら見込みにくい人

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム