補聴器の性能

補聴器の騒音抑制機能と金額により、変わる部分

補聴器には、快適性を高める機能の一つとして、騒音抑制機能があります。

こちらは、補聴器をつけた際に聞こえやすい暗騒音(あんそうおん)という、常にザワザワしたようなノイズを抑え、さらに、一定期間ずっと聞こえるノイズ(定常音)を軽減してくれる機能です。

難聴の耳(厳密には、感音性難聴の耳)は、ノイズに弱く、このようなノイズがしていると音声の聞き取りが低下しやすくなることから、つけられ、今現在は、ほぼどのような補聴器にも搭載されるようになってきました。

メーカーによっては、雑音抑制、騒音抑制、ノイズキャンセラーと、数々の呼び名があり、かつ、誤解を生みやすい名前ですが、こちらの概要やポイントをまとめていきます。

騒音抑制とは

騒音抑制機能とは、基本的に補聴器をつけた際に聞こえやすい暗騒音という機械的なノイズを軽減するために作られた機能です。

暗騒音とは、なかなか表現しづらいのですが、補聴器をつけると、常に何かがなっているような、ザワザワした音、人によっては、空気の音と表現されたりするのですが、そのような音になります。

これは、音響機器系では、よくあることで、ボイスレコーダーで録音したり、動画を録画したりした際、音声以外に外の音やなんとも言えないザワザワした音が入ることがあります。

特に補聴器の場合は、今、この場で発生している音を大きくして耳に届けているため、余計に感じやすくなってしまいます。

そして、それらの音が入ったり、大きく聞こえてくると、その音に邪魔され、言葉の聞き取りに影響しやすい事から、騒音抑制機能は、作られました。

騒音抑制は、どう働くのか

こちらは、メーカーによって異なるのですが、大まかな内容は、低い周波数の定常音を抑制するようにします。

定常音とは、一定に続く音で、エアコンの音やモーターの音のような一定期間、同じ音量でずっと聞こえている音の事です。

今の補聴器は、補聴器の中に入っているCPUが暗騒音と思われる音を感知し、それぞれ決められた通りに音の処理をする。という流れで、抑制するようにしています。

騒音抑制にも、チャンネルの概念があり、高額な補聴器ほど、細かく周波数分析し、ノイズと思われる部分は、抑え、ノイズではなく音声と思われる部分は、そのまま抑えずに通す。というような働きをしてくれます。

単純にON、OFFのみの機能もあれば、細かく周波数分析し、なるべくノイズの部分は、抑え、そうでない部分は、抑えない。という働きをする。そのような補聴器もあります。

騒音抑制機能も金額の有無で変わるようになります。そして、高額なものほど、ノイズと音声を分け、なるべくノイズだけ、抑えるようにしてくれます。

騒音抑制の注意点

騒音抑制機能の注意点として

  • 大きい音は、抑制できず
  • 静かで嫌な場合は、機能を外す

の2つがあります。

大きい音は、抑制できず

騒音抑制と記載すると、自分が感じている騒音、もしくは、雑音と思っている部分を全部、抑制してくれるようなニュアンスを感じますが、そのようなことは、ありません。

基本的に定常音と呼ばれる一定期間、同じ音を出し続けるものをノイズとして捉え、抑制してくれます。

そのため、車が近くを通った際やクラクション、その他、日常には、様々な音がありますが、それらの音は、聞こえます。

そもそもの問題として、音声以外をノイズとしてしまうと、周りの状態に気がつかなくなってしまったり、車の音に気がつかず、何か起こってしまったり、という危険の部分が出てきてしまうため、なかなかこの部分は、難しいところがあります。

騒音抑制は、あくまでも定常音、暗騒音を抑制する機能になります。

静かで嫌な場合は、機能を外す

一部の方は、ノイズキャンセラー、騒音抑制をつけると、逆に静かになってしまい、怖い。というような方がいます。

そのような場合は、騒音抑制機能そのものの効果を外してあげると良いです。※騒音抑制の機能は、外すこともできます。

昔から補聴器を使っていたり、長く補聴器を使っている方の場合は、補聴器は、騒がしいもの。と捉えている傾向があります。

あまりにも静かになりすぎると、返って、聞こえているのか、聞こえていないのかわからなくなってしまったり、不安を感じてしまう方がいますので、そのような場合は、外した方が、使いやすくなります。

騒音抑制機能のまとめ

騒音抑制機能は、基本的にどのような補聴器にも搭載されています。

そして、高額な補聴器ほど、ノイズと音声をわけ、抑制してくれるようになりますので、補聴器から聞こえてくる音の感覚が、人間の耳のような自然な感覚になります。

上記の通り、機械でこの世界の音を確認すると、常にノイズのような音(暗騒音)が聞こえることがあり、特に騒がしいところだと、一層、その感覚を感じやすくなります。

その感覚が軽減されることにより、自然に感じるようになります。

そのような働きをして、なるべく聞き取りを阻害されないようにしたのが、騒音抑制になります。

このページに関連する内容

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...
高い補聴器と安い補聴器の違いを理解する3つのポイント金額により差がでるのは、音を調節する機能、騒がしい中での聞き取りをなるべく低下させない機能、音の抑制機能の三つです。この三点が、どのように影響するのか、それについて記載してみました。金額の違いを理解できれば幸いです。...
補聴器は、同じ金額を払ったとしても、効果が異なる場合がある補聴器で難しいところは、補聴器を購入する。というよりも、自分の聞こえを改善するには、どうしたら良いか。という部分から始めなければならない...
言葉が理解しづらい方へ高額な補聴器は、意味があるのか?言葉が聞こえづらい方へ高額な補聴器は、どこをとるか。になります。その結論と補聴器の性能は、何が違うのか、聞こえには、何が影響するのか。その点に関して、まとめてみました。...
補聴器の機能の一つ、チャンネル(ch)の概要とオススメの数補聴器の機能の一つチャンネルについて、どのような機能か、どんなところに差がでるのかをまとめてみました。チャンネルは、補聴器を調整する際の元となる機能です。この機能が高いと耳に合わせやすくなります。...
補聴器の指向性機能とこの指向性機能ができた理由補聴器の指向性機能の概要と、なぜこの機能が出てきたのか。その点に関してまとめてみました。この機能がある理由は、どうしても難聴の方は、騒がしい中での聞こえが改善しにくいためです。それを改善するための機能として、指向性があります。...
補聴器の機能の一つ、ハウリングキャンセラーとはこんな機能補聴器には、ハウリングキャンセラーと呼ばれる機能があります。 こちらは、その名の通り、ハウリングを止める機能で、補聴器をする際に問...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】完全予約制による聞こえの改善相談、実施中

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえにくさによるお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。

例えば

  • 補聴器は初めてで、どう聞こえを改善すると良いか、聞いてみたい
  • 自分の聞こえを改善する際のポイントや問題点を聞いてみたい
  • 上記の説明を聞いた上で、実際に補聴器も体験してみたい

このようなご希望がございましたら、当店では完全予約制の無料相談をしていますので、お気軽にご利用ください。

仮に補聴器に関して、試してみたい。という場合は、補聴器無料お試しセットもございますので、実際に日常生活や職場でご体験いただいただく事もできます。

それを体験してから、改めて補聴器について、お考えていただいても構いません。

当店は、完全予約制にして、ご相談を承っておりますので、もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例

お客様の声(お客様のレビュー、アンケートまとめ)当店をご利用になったお客様のレビューのまとめとなります。実際にご相談されて、どうだったのか。まとめてみました。ご参考にどうぞ。...