補聴器の性能

高い補聴器と安い補聴器の違いを理解する3つのポイント

補聴器は、高いものですと、片耳で50万ほどし、価格が抑えられたものは、14〜18万くらいします。

価格の差が大きく、これらの金額の違いは、主に中に搭載されている性能によるものです。

高額な補聴器は、聞こえを改善すると共に改善した後に不快に感じやすい部分を抑制したり、騒がしい中で聞き取りが難しくなりやすい状況をなるべく聞きやすくしてくれる機能が入っています。

一方、価格が抑えられている補聴器は、基本的な聞こえの改善のみを行うようになっており、この違いが、補聴器の性能、しいては、金額の違いに出てきます。

高い補聴器と安い補聴器、どのように違うのか。その点に関して、まとめていきます。

補聴器は、性能により、金額が変化する

冒頭の通り、補聴器は、性能により、金額が変化します。厳密には、形の違いによっても、金額は、異なるのですが、金額の幅は、性能によるものが大半です。

そして、その性能とは、金額を積めば聞きやすくしてくれるというよりも、いかに自分の耳の能力を下げないようにしてくれるか。になります。

補聴器の性能は、主にこの3つによって構成されていることが多いです。補聴器の性能は、主にこの3つによって構成されていることが多いです。

この図のように補聴器の性能には、主に

  • 音を調整する機能
  • 騒がしい中でなるべく聞き取りを低下させない機能
  • 音を快適にしてくれる機能

の3つに分かれます。この3つの総合により、補聴器の金額が決まります。

そして、これらの機能の能力が高いと、ご自身の耳の力を下げなかったり、耳を活かしやすくなります。

感音性難聴の耳と補聴器の性能の進化

まず、なぜ上記のような機能があるのか。という話になるのですが、この点を簡単に記載しますと、聞こえを補うだけでは、改善が難しかったから。というのが、理由です。

まず、感音性難聴の耳は、音が聞こえにくくなる他、言葉の聞き取りが低下してしまったり、その他、周波数分解能と周波数選択性が低下します。

周波数分解能と周波数選択性は、内耳の中にある蝸牛の機能で、様々な音を分解して、必要な音は、脳に送り、必要でない音は、脳に送らない。など、周波数を分解したり、分解した周波数を選び、どれを脳に送るか。などの選択をしています

そのようにすることで、数多くの音の中から、ノイズと音声を聞き分けていたりします。

内耳が何らかの損傷を受けたりすると、感音性難聴になり、上記の部分が低下するため、一般的な音も感じづらくなるのと同時に騒がしい中での聞き取りも悪くなってしまいます(ノイズと音声を分けられなくなる)。

補聴器は、昔こそ、聞こえの改善のみしていました。

しかし、それだけですと、騒がしい中での聞き取りは、改善しづらく、少しでも、そのような場面でも改善するため、騒がしい中でも、なるべく邪魔されないようにする機能(指向性)が開発されました。

その他、補聴器で音を大きくすると、機械的な部分もあり、不快に感じやすいいくつかの音やそれらの音が聞こえることにより、聞き取りが阻害されることもありました。

そのことから、快適性を高めるとともに、そのような音を抑えるための機能も開発されました。

それが性能となり、今日、聞こえを改善させる基本的な機能にプラス、様々な抑制機能が作られています。

これらの抑制機能ができた理由は、そもそもの問題として、感音性難聴をいかに改善させるか。という観点です。

感音性難聴は、音が聞こえづらくなるだけでなく、音声までもが理解しづらくなり、さらには騒音下での聞き取りも健聴の人より、悪くなりがちです。

そのため、上記のような機能が作られ、なるべく聞きにくくならないよう、開発されてきました。

この性能の有無が金額に如実に出てくるようになっています。

基本的な3つの機能

基本的には、

  • 音を調整する機能
  • 指向性機能
  • 抑制機能

の3つがあります。

なお、結論から記載しますと、高い補聴器とやすい補聴器は、これらの部分で差があるのですが、基本的な聞こえの改善は、どの補聴器でも、できるようになっています。

音を抑制する機能(ch、チャンネル)

こちらは、補聴器の根幹である音を調整する機能です。

補聴器には、どれだけ細かく調整できるのか。を示す、ch(チャンネル)もしくは、バンドという表記で、記載しています。

こちらは、補聴器の調整ソフトの画面です。今現在、補聴器は、聴力ごとにどのくらい改善すると良いのか、そして、現状は、どうなのか。それらが画面でわかるようになっています。こちらは、補聴器の調整ソフトの画面です。今現在、補聴器は、聴力ごとにどのくらい改善すると良いのか、そして、現状は、どうなのか。それらが画面でわかるようになっています。

今現在、補聴器で聞こえを改善していく場合は、ほとんどの補聴器の場合、どの部分まで改善できると良いのか。その改善目標値が表示されるようになっています。

その部分まで、改善させることができると、聞き取りは、改善しやすくなり、これは、どの補聴器でもできるようになっています。

chは、上記のような周波数別にどれだけ、細かく調整できるか。を数値で表したものです。上記の場合は、12chのものですので、周波数が、12等分されています。

チャンネル数が多いと何が良いのか。という部分ですが、簡単に言いますと、微調整がしやすくなります。

補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているのか。を調べる測定があったりするのですが、

仮に補聴器での改善目標値と現在値を比較すると、上記のような状態だった場合、1000Hzくらいまでは、補えているので、高い音に関して、少し足りておらず、もう少しこの部分を改善してみよう。とした場合にchが多いと、その部分だけ、あげることが容易になります。仮に補聴器での改善目標値と現在値を比較すると、上記のような状態だった場合、1000Hzくらいまでは、補えているので、高い音に関して、少し足りておらず、もう少しこの部分を改善してみよう。とした場合にchが多いと、その部分だけ、あげることが容易になります。

それらで、すこし足りない部分があった際に、足りなかった部分のみをあげたり、気になる音があった場合にその部分の周波数を下げたりし、快適性を高めたり。これらの部分が、しやすくなります。

そして、基本的に12chほどあれば、大半の事は、できるようになります。

そのことから、各メーカー、ch(チャンネル)に関しては、その辺りくらいの補聴器をスタンダードにしている印象があります。

補聴器の機能の一つ、チャンネル(ch)の概要とオススメの数補聴器の機能の一つチャンネルについて、どのような機能か、どんなところに差がでるのかをまとめてみました。チャンネルは、補聴器を調整する際の元となる機能です。この機能が高いと耳に合わせやすくなります。...

指向性機能

指向性機能とは、騒がしい中でも、なるべく聞き取りを低下させないようにする機能です。

上記の通り、感音性難聴の耳は、騒がしい中では、聞き取りが難しくなりやすく、この部分は、聴力低下が大きいと、大きいほど、低下しやすくなります。

そのことから、聞く音の方向を定め、それ以外のところからくる音を抑制し、なるべく聞き取りを阻害されないようにして、改善するようにしました。

それが、指向性機能です。

人は、前方を向いてお話ししますので、前方の音は、そのまま入れ、周りの音は、抑制することで、なるべく前からくる音を優先的に拾います。

今現在、より良いものですと、聞く音の範囲だけではなく、音声を感知して、音声の部分は、入れるようにし、ノイズの部分は、抑制して、音を通すようにする補聴器も出てきました。

指向性機能は、良いと良いほど、騒がしい中でも、なるべく聞きづらくなりにくくしてくれます。

補聴器の指向性機能とこの指向性機能ができた理由補聴器の指向性機能の概要と、なぜこの機能が出てきたのか。その点に関してまとめてみました。この機能がある理由は、どうしても難聴の方は、騒がしい中での聞こえが改善しにくいためです。それを改善するための機能として、指向性があります。...

抑制機能

補聴器の快適性をあげる機能が、この抑制機能です。

抑制機能には、様々なものがあり、

  • 突発的な大きな音を抑制
  • 風の音を抑制
  • 騒音(ノイズ)を抑制
  • 反響を抑制

などがあります。どれも快適性を高めると共に、音声が邪魔されにくくなるところを補助する目的で作られています。

例えば、ドアをバタンッ!と閉めた場合に大きな音がしますが、そのような突然大きな音がした際も、強く入らず、優しくしてくれたり、風の音は、ヴォーヴォーと大きく入る傾向があるのですが、それを和らげたり、主に快適性をあげる役割が、こちらの機能です。

その他、騒音(ノイズ)を抑制したり、反響音を抑制する機能もあります。

金額が高くなると、様々な機能がつけられたり、個々の抑制機能が高くなり、快適性が上がります。

その結果、補聴器が快適に使いやすくなります。

補足:聞こえの改善に性能は、どうか

少し補足をさせていただきたいのですが、性能は、あくまでも、耳の機能を落とさないものになり、聞こえの改善度をあげる機能ではありません。

補聴器の聞こえの改善度は、基本的に聴力に対し、必要な音の音量を補えているほど、効果が上がりやすい傾向があります。補聴器の聞こえの改善度は、基本的に聴力に対し、必要な音の音量を補えているほど、効果が上がりやすい傾向があります。

上記にちらっと記載したのですが、今現在、補聴器は、聴力別に補えると良い部分というものがあり、この聞こえの改善が、できるとできるほど、聞こえが改善しやすくなります。

この部分は、どのような補聴器でもできるようになっており、

補聴器の主な金額表。聞こえの改善は、聴力別に必要な音を補うことですので、実は、どの補聴器でも改善ができます。金額の差は、上記に記載した通り、あくまでも聞こえを改善した後の問題をどれだけ改善する機能が搭載されているか。により、変わることが多いです。補聴器の主な金額表。聞こえの改善は、聴力別に必要な音を補うことですので、実は、どの補聴器でも改善ができます。金額の差は、上記に記載した通り、あくまでも聞こえを改善した後の問題をどれだけ改善する機能が搭載されているか。により、変わることが多いです。

例えば、こちらがフォナック。と呼ばれるメーカーの補聴器なのですが、一番下でも一番上のものでも、できるようになっています。

感音性難聴の耳を改善させるために音そのものを聞こえやすくする機能は、どの補聴器にも付いています。

性能は、主に聞こえを改善した後に気になりやすい音を抑制したり、騒がしい中で聞き取りが阻害されやすい環境をなるべくしないようにしてくれたり、という部分で、大きく性能(金額)が変化します。

性能が良いものほど、改善がしやすいのは、間違いではないのですが、あくまでも、ご自身の耳の機能を落としづらくするのが、性能です。聞こえの改善そのものの根本の部分ではありません。

その点に注意です。

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器は、金額によっても、異なる

このように補聴器は、金額によって、大きく変化します。

価格が抑えめなものは、基本的な聞こえを改善する、音を調整する機能のみが入っており、一応、抑制する機能、指向性に関しても入ってはいるものの、こちらの機能も控えめになっています。

こちらは、言い換えれば、必要最低限のものを用意している。という状態です。

高額な補聴器は、聞こえの改善にプラスして、聞こえを改善した後に気になりやすい音や不快に感じやすい音を抑制することにより、快適性をあげ、さらに、騒がしいところで、どうしても聞きにくくなりやすい部分をなるべく邪魔されないようにしてくれたりします。

この部分が、高い補聴器と安い補聴器の違いです。

全ては、感音性難聴の耳を改善するには、どうしたら良いか。の観点から始まっており、改善した後の問題も、なるべく改善するようにしたのが、高額な補聴器になります。

このページに関連する内容

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...
補聴器は、同じ金額を払ったとしても、効果が異なる場合がある補聴器で難しいところは、補聴器を購入する。というよりも、自分の聞こえを改善するには、どうしたら良いか。という部分から始めなければならない...
言葉が理解しづらい方へ高額な補聴器は、意味があるのか?言葉が聞こえづらい方へ高額な補聴器は、どこをとるか。になります。その結論と補聴器の性能は、何が違うのか、聞こえには、何が影響するのか。その点に関して、まとめてみました。...
補聴器の機能の一つ、チャンネル(ch)の概要とオススメの数補聴器の機能の一つチャンネルについて、どのような機能か、どんなところに差がでるのかをまとめてみました。チャンネルは、補聴器を調整する際の元となる機能です。この機能が高いと耳に合わせやすくなります。...
補聴器の騒音抑制機能と金額により、変わる部分補聴器の機能の一つ、騒音抑制に関して、まとめてみました。基本的に、定常音と呼ばれる一定期間続く音を抑制し、なるべく聞き取りを阻害されないようにするために生まれた機能です。...
補聴器の指向性機能とこの指向性機能ができた理由補聴器の指向性機能の概要と、なぜこの機能が出てきたのか。その点に関してまとめてみました。この機能がある理由は、どうしても難聴の方は、騒がしい中での聞こえが改善しにくいためです。それを改善するための機能として、指向性があります。...
補聴器の機能の一つ、ハウリングキャンセラーとはこんな機能補聴器には、ハウリングキャンセラーと呼ばれる機能があります。 こちらは、その名の通り、ハウリングを止める機能で、補聴器をする際に問...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器に関する他の内容

【しっかり聞こえの改善を理解したい方へ】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】補聴器使用者対応の補聴器専門店、パートナーズ補聴器

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、当店に関する事は、

こちらにまとめています。