難聴改善の考え方(補い方)

「片耳補聴器は聞き取りにくい方につける」は、間違い

補聴器装用希望の方から「聞こえにくい方に補聴器を装用してください」と言われる事があります。この気持ちは、大変良くわかるのですが、残念ながら、この考えは、良い考えではありません。耳鼻咽喉科や補聴器屋が優先するのは、どのようにしたら、聞こえが最も良くなるか、患者さんの環境が良くなるかになります。それは、聴力低下が大きい耳に補聴器を装用する事とは、必ずしもイコールには、なりません。

では、どのようにして補聴器装用を決めているのでしょうか。今回は、こちらに関して載せていきます。このような事をしているのは、患者さんの聞こえが最も良くなる方法は、何かを考えた結果となります。

補聴器は効果がある耳に装用するのが鉄則

初めに申し上げる事として、補聴器を装用する条件は、聞こえが良くなる耳である事です。補聴器は、単に音を大きくする道具であり、音を大きくしても聞き取りにくさが大きく残る耳には、装用を控える事があります。補聴器が耳を治す道具であれば、聞こえにくい耳に装用する事で、効果が見込めるかもしれません。しかし、実際のところは音を大きくしてくれるだけになります。そのような事から、補聴器は音を大きくする事で聞こえやすくなる耳に装用するのが、鉄則です。

耳には、補聴器を装用して効果がある耳とそうでない耳があります。補聴器を装用する方は、ほとんどが感音性難聴と呼ばれる難聴であり、音そのものが聞こえにくくなる事にプラスして、音そのものが捉えにくくなる傾向があります。この捉えにくくなる部分が、人により、大きく異なります。仮に、ほとんど捉えられないとわかった場合は、補聴器を装用してもほとんど効果を得る事はできません。音は大きく聞こえてくるのですが、何を言っているのかはっきりしない、何を言っているのかわからないという状況になり、音そのものしか感じなくなります。

補聴器を効果がある耳に装用するのは、このような理由からです。補聴器を装用する事で、どのような難聴でも効果があるのでしたら、聴力が低下した耳に装用する事で、改善できます。しかし、現状は、そのような事はありません。ですので、医師、補聴器屋の方々は、どのようにしたら最も聞こえを改善できるのかに焦点を絞り、聞こえを改善させていきます。

そのため、聴力によっては、聞こえの良い耳に装用し、マイナスを平均に持ってくるのではなく、平均をさらに大きくするような処置を取ります。欠点を補うのではなく、長所を活かすやり方といった方がわかりやすいかもしれませんね。

それを調べるには?

これを理解するには、言葉の聞き取る力を調べる測定を行う必要があります。言葉の聞き取る力を調べる測定には、語音明瞭度(ごおんめいりょうど)測定があります。

この測定は、言葉の単語「あ」「き」「し」といった音をどれだけ答えられるかで、その耳が持つ言葉の理解力を調べます。様々な音量で20問答えていただくと、左耳、又は右耳の理解力はどのくらいかを理解する事ができます。それぞれの音量の正解数を見て、最も良い答えの値を最良値として採用し、どのくらい理解力があるかを確認します。これが、語音明瞭度測定です。

この測定で、最良値が60%以上であれば、補聴器を装用して効果が見込みやすいと判断できます。しかし、仮にこの数値以下の場合は、補聴器を装用しても聞き取りにくい傾向が出てしまいます。その場合は、補聴器を装用するだけでなく、他のものも代用しつつ、コミュニケーションを行っていく必要があります。

語音明瞭度測定は、補聴器を装用したらどのくらい聞こえやすくなるのかをシュミレーションしているようなものです。この数値が低いと、残念ながら補聴器の効果を期待する事が難しくなります。

そして、語音明瞭度は、補聴器で補う事もできなければ、改善させる方法もありません。補聴器は、語音明瞭度によって大きく左右されます。

全ては状況を改善するために

耳の状況を調べ、どのようにしたら聞こえるようになるのか、最もベストな聞こえになるかを考えますと、補聴器を聞こえの良い耳に装用する事もあります。特に左右の聴力に差がある場合は、良く行います。

基本的には、聴力レベルが重いと重い程、言葉の理解力そのものも下がっている傾向があります。左右差が10〜15dBくらいまでは、差がない事もあるのですが、20〜30dBほど差があると、明らかに異なるケースが増えてきます。その場合は、補聴器を聞こえにくい側に装用しても効果が薄い事がありますので、聞こえにくい方に補聴器を装用するのは、残念ながら得策ではありません。

どのようなケースも一番に考えているのは、どのようにしたら聞こえが良くなるかになります。補聴器を装用するのは、聞こえを良くするためです。そのため、場合によっては、聞こえの良い方に装用し、さらに聞こえやすくさせる処置を取る事があります。それには、補聴器を装用しても効果が見込みにくい耳がある事、そして、その状況下では、聞きやすい耳をさらに聞こえやすくする事で聞こえを良くさせる事ができるからです。

耳鼻咽喉科医や補聴器屋は、このように考えて、耳の聞こえを良くしていきます。

あとがき

たまに、補聴器装用希望の方から「聞こえにくい方に補聴器を装用してください」と言われる事がありましたので、載せてみました。このお気持ちは、非常に良くわかります。私も耳の事を知らなければ「なぜ、聞こえにくい方に装用しないのだろう?」と疑問を持ちます。ですので、疑問を持つのは、むしろ正しい事です。

どのようなケースにおいても、耳の聞こえはどのようにしたら最も改善できるのかを考えて補聴器装用を行います。こちらの内容が些細な疑問を解決するのに役立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

リンク:補聴器の抑制機能の理解と機能別、必要性の有無

リンク:適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧