2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を初めて装用した時の周囲の反応

Pocket

補聴器を装用しようとしている層の中には、「周囲の人の目が気になる」という方がいらっしゃいます。何をするのも人の目が気になる方はいますが、補聴器をする事のみ、周囲の人の目を気にしてしまう方がいます。

私の経験から言えるのは、そんなに人は気にしていないという事です。補聴器を装用していたとしても「どうしたのそれ?」くらいしか聞かれません。もっとも私の場合、子どもの頃に装用しましたので周囲の子は「なんじゃこりゃ」状態でしたが、そこまで気にされた事はありませんでした。

今回は、私が補聴器を使用した時の周囲の反応について記載していきます。何かの参考になれば幸いです。なお、私の場合、こどもの頃に装用していますので、大人になって装用する事と若干意味合いが異なる点にご注意ください。

初めての補聴器

私自身が初めて補聴器を装用したのは、小学二年生の頃でした。その前に難聴の事はわかっていたのですが、ズルズル来てしまい、その頃にやっと補聴器を装用します。その時の経験を思い出してみると補聴器を装用していても私の場合、あまり注目されませんでした。

補聴器を装用していると「何それ?」と聞いてくる子はいるものの、それに対する答えは「耳が悪くてこんなもの使っているよ」くらいにしか、私は話していませんでした。そうすると、他の子は「ふ〜ん」と思うか、突ついてくるかの二択です。ほとんどの子は、「ふ〜ん」で終わるのですが、好奇心旺盛な子は、突ついてきたり、触ろうとしてきます。さすがに触られるのは嫌なので、怒ったりするのですが、そんな程度でした。

そんな頃の記憶を思い出してみると結局気にしているのは、自分だけであり、案外他の人は、気にしていない事がわかります。子どもの場合は、見た事のないものを使用しているという事で、少々目立つかもしれませんが、そうだとしてもその程度でしかありません。それは、私自身、補聴器を装用してきて感じる事です。

小学校の頃の私

私の場合、補聴器については驚くほど積極的に受け入れていました。それは、ファーストコンタクトで大きな印象を受けたからに他なりません。私の場合、幸か不幸か、初めの補聴器でものすごく聞こえる事に感動し、そのまま補聴器を使用する事になりました。そのせいか、補聴器そのものに対し良いイメージしか持っていませんでした。

むしろ、補聴器を外すと様々な音が聞こえにくくなってしまうので、故障については、本当に恐れたものです。今では複数補聴器を用意し、予防をする事で、故障は怖いものではなくなったのですが、一個しかなく、さらにその補聴器を気に入っているとなると、故障や使えなくなる事が、どれほどのダメージを受けるかを、この頃の経験から良く理解しています。

補聴器に対するイメージが良かったせいか、私は、あまり補聴器に関して気にした事がありません。自然と受け入れができていた事により、気にしていなかったのだと思います。受け入れができた理由は、効果を感じており、自分にとって必要なものであるという事を自分自身が最も感じていたからだと思います。

迷っているのなら

もし、人の目が気になるという事で、補聴器装用を迷ってらっしゃるなら、これはちょっともったいない事です。人の目は気になるかもしれませんが、初めに補聴器を試してみるだけでも構いませんので、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。その一歩は、もしかしたら人生を変える一歩になるかもしれません。

私自身、かれこれ20年ほど補聴器を使用していますが、仮に補聴器を装用せず、ここまで来たらどのような人生だったかを考えてみるとぞっとします。聞こえにくい事でお話しする事そのものに自信が無かったら、人ともあまりお話しできなかった人生だったと思いますし、それであれば、恐らく楽しめた時間も今まで以上に少なくなった事でしょうし(もしかしたらなかったのかもしれません)、一人で何をやっていたかわからない人生になっていたとわかるからです。

これは、聞こえる世界に来て、色々な事ができるようになったからこそ言える事です。聞こえていない世界でいれば、補聴器を装用する事で、できる事が想像できません。どんな人も、してもいないものの効果を感じる事はできませんし、それによって得られるものを理解する事はできません。話しを聞いたり、実体験を伺う事で想像ができたとしても、実際に体験しないかぎり、本当の効果はわからないものです。

もし迷ってらっしゃるなら体験してみる事をお勧めします。もちろん補聴器は装用すればその日からすぐ使用できるようなものではありません。しかし、装用する事で音が聞こえるという事はどういう事なのか、聞こえる事で何ができるようになるのか、それらのヒントを掴む事ができるかもしれません。そして、挑戦し、様々な事ができるとわかると、補聴器の持つ可能性に気付くと思います。

確かに補聴器は、何でもかんでも聞こえるようにしてくれる機器ではありません。私自身も補聴器を装用していますが、聞こえにくいところはありますし、聞こえないところもあります。補聴器を装用する層は、感音性難聴という音が小さく聞こえるだけでなく、言葉が捉えにくくなる難聴です。ですので、どうしても補聴器の効果には、限界があります。

しかし、聞きにくいながらにも補聴器は聞きやすくしてくれます。完全に聞こえる事はないにしても、聞こえるようになる事で、できる事は増えてきます。そのような効果をもたらすのが、補聴器です。

最後に

周囲の人の目は、気になる方には気になるのかもしれません。しかし、他に使用したくない特別な理由がない場合、そして今現在、困っている事があれば、補聴器を装用してみる事をお勧めします。

私自身の経験から思う事は、あまり周囲の人は気にしていないという事です。むしろ、逆に聞いてきた場合は、興味がある状態ですので、逆手に取るのも良いです。その場合、「聞こえにくくなってきたから、補聴器を装用しています。補聴器を装用しても聞き取れない事もあるから、その時はごめんね」と言っておけば、伝わりやすくなります。受け入れ方は、人により異なりますが、受け入れてくださる方は受け入れてくれます。

何より、私は、補聴器を装用していない世界にずっと居続ける事の方が問題であると考えています。聞こえにくいままでいる事と聞きにくい事がありながらもできる事がある世界では、できる事が増える世界のほうが、ずっと楽しみを感じる可能性は高くなります。

聞こえに困っているから補聴器を装用するのではなく、もっと人生を楽しむために補聴器を装用する。そんな風に補聴器を考えてみては、いかがでしょうか。少なくとも私は、補聴器をそのような機械だと思っています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

リンク:しっかり理解したい補聴器を早めに装用する3つのメリット

リンク:補聴器を使用すると聞こえるざわざわした音とは

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム