補聴器の調整

補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するため

確かに!と思わず納得してしまったものが、こちら:目標は何でも数値化すればいいってものでもない

仕事に関して有意義な事が多く書かれているため、私自身よく見ているブログなのですが、こちらを見て「うんうん、そうだよね〜」思わず唸ってしまいました。これは、補聴器にも言える事です。

補聴器には、装用した時の状態を測定し、どのくらい聞こえるようになっているのか、どのような状況なのか、と確認するものがあります。

これは、補聴器を装用した際、どのようにお客様が感じているかがわかりづらいため、改善目標値に対して現状はどうなのか、を見るために行うのですが、数値にこだわりすぎると、あらぬ方向へ行きやすくなってしまいます。

こちらを見て感じた事に関して、記載していきます。

なお、初めに結論を言いますと、数値化する本当の目的は、ちゃんと現状が改善できているのか。今やっていることは、ちゃんと改善に繋がっているのか。を見るためです。

決して数値そのものを出す事が目的ではありません。

補聴器の効果を数値で確認する意味

こちらに関しては、冒頭の通り、自分がしている事に関して、ちゃんと成果が出ているのか。改善度が上がっているのか。これらを見るために行っていきます。

補聴器には、補聴器を使った状態を調べ、どのように聞こえが補えているのか。その点を把握することができます。その測定でも、概ね、改善できていると良い部分があり、上記の補聴器の調整のソフト上、改善目標値まで、改善できていると、概ね、この部分の数値もよくなりやすくなります。補聴器の調整ソフトの一部、今現在、補聴器の調整ソフトの中は、このようにどれだけ改善できているのか、そして、どこまで改善できると良いのか。という目標の線も出るようになっています。

補聴器の場合、補聴器の調整ソフト上で、上記のように聞こえの状況をうつしてくれます。

そして、そこには、聴力別にどのくらい改善できると良いかの目標と今現在、どこまで音が出ているのか。その数値を出してくれます。

補聴器には、補聴器を使った状態を調べ、どのように聞こえが補えているのか。その点を把握することができます。その測定でも、概ね、改善できていると良い部分があり、上記の補聴器の調整のソフト上、改善目標値まで、改善できていると、概ね、この部分の数値もよくなりやすくなります。補聴器には、補聴器を使った状態を調べ、どのように聞こえが補えているのか。その点を把握することができます。その測定でも、概ね、改善できていると良い部分があり、上記の補聴器の調整のソフト上、改善目標値まで、改善できていると、概ね、この部分の数値もよくなりやすくなります。

補聴器には、補聴器を使用した状態で聞こえの状態を調べたりすることができるのですが、補聴器の調整で、概ね、補えていると、上記の聞こえの数値もよくなる傾向があります。

補聴器を使用した状態で言葉の聞こえを調べることもあります。70dBが大きな人の声の大きさ、60dBが普通の人の声の大きさ、50dBが少し声の小さい人の声の大きさ、40dBが声の小さい人の声の大きさになり、補聴器の調整画面で、改善できると良い部分まで、改善させることで、これらの正解数、理解のしやすいさは、概ね、上がりやすくなります。補聴器を使用した状態で言葉の聞こえを調べることもあります。70dBが大きな人の声の大きさ、60dBが普通の人の声の大きさ、50dBが少し声の小さい人の声の大きさ、40dBが声の小さい人の声の大きさになり、補聴器の調整画面で、改善できると良い部分まで、改善させることで、これらの正解数、理解のしやすいさは、概ね、上がりやすくなります。

そして、さらに全体的に補えるようになることで、言葉の聞き取りも改善できるようになることが多く、補聴器を使った状態も、より良くすることができます。

補聴器の調整状態、そして、その補聴器を使用した状態を確認することで、しっかり改善に向かっているのか。それとも、あまり改善に向かっていないのか。それらを確認することができます。

補聴器の測定は、そのために行います。

測定の注意点

補聴器の状況を確認するために行う測定ですが、いくつか、注意点があります。

それは、

  • 数値だけ見ること
  • 測定する意味を持たないものは、無駄

の2つです。

数値だけ見ること

数値が出ていたり、結果が出ていることは、良いことですが、結果を出すことだけに注力すると、思わぬ、事態を引き起こします。

補聴器の聞こえは、単純に言えば、音を大きくすれば、数値は、上がりやすく、数値に執着し、あまりにも上げてしまうと、逆に聞きづらくなったり、かえって耳が疲れやすくなったりと、負の状態になることがあります。

重要なのは、バランスで、補聴器が使える音の感覚であること、そして、補聴器自体、ちゃんと効果が出ている部分まで、上げられることを確認していきます。

一つのことだけ良いのではなく、補聴器の状況、全体を判断するための一つとして、数値を見ることが大切です。

測定する意味を持たないものは、無駄になりやすい

こちらは、測定する理由を明らかにできない場合、その測定は、だいたい調べただけで終わる。ということです。

基本的に測定は、何か調べたい、知りたいことがあり、その手段として、行うものです。それを行っただけですと、手段が目的化してしまい、それを行うだけになってしまいます。

それを行い、どうしたいのか。どのような状態だと良いのか、数値の見方など、測定そのものというより、一番初めにどうしたいのかの目標があり、その確認の手段として、測定を行う。というのが、本来の行い方になります。

測定する意味を持たないもの、測定する理由を説明できないものは、基本的に無駄になりやすくなります。

測定をすることが目的ではなく、補聴器で良い状態にしていくために測定する。補聴器の状態を確認し、良い状態なのか、それとも修正した方が、より良くできるのか。それらの部分を行うために、測定はあります。

本来の本筋は、この部分にあります。

まとめ

基本的に聞こえの測定や補聴器の効果を調べるのは、仮説を検証するためであることが多いです。

このくらい聞こえを改善できれば、概ね良いはずだ。そんな意識の中、改善して行ったりするのですが、いかせん、実際に、どう感じているのかは、調べて見なければわかりません。

適切に改善していくために測定はあり、測定することで、初めて、自分が考えた改善が、良い方向へ行っているのか、それとも、明後日の方向へ向いてしまっているのか。それがわかります。

ただ、数値だけを追うことには、あまり意味がなく、数値を見ながら、ちゃんと改善できると良い部分まで改善できているのかを見る。というのが、良い使い方になります。

つまり、聞こえを改善させるプロセスそのものがちゃんとできているのか。そのために測定は、使われます。

このように数値だけ見るのではなく、ちゃんと改善できているのかを見る。数値は、このように活用していけると、よくなります。

このページに関連する内容

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...
左右の聴力が違う場合の補聴器の調整と改善させるポイント左右の聴力が異なる場合、それぞれ別々の改善目標値があります。それを把握できるようにしつつ、聴力ごとの改善目標値まで聞こえを改善できると、聞こえを改善しやすくなります。その方法からどのようにしていければ良いかを記載してみました。...
両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える左右の聴力が異なる場合の改善方法に関して、補聴器の論文から改善を考えてみました。左右の聴力が異なる場合、いくつか注意点があります。その点に関してもまとめてみました。...
補聴器の慣れる、慣れないの問題と補聴器調整者ができる事補聴器における、慣れる、慣れないは、非常に難しい問題で、中には、補聴器の音に慣れない耳もあります。 そのため、私の場合は「補聴器の...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...
私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方私自身がより改善できるようになったのは、補聴器のPDCAの回し方を覚えてからになります。目標を決め、そこにたどり着く方法を考えて、改善すると、改善度や満足度は、上がるようになりました。...
補聴器を調整しすぎてわからなくなったら、一度、白紙に補聴器を調整する過程で、様々な事を行うと、何が良くて、何が悪いのか。時にわからなくなってしまうことがあります。 そのような場合は、...
補聴器におけるベント(空気穴)の概要と注意点補聴器のベントは、適量に空けられると、ベストですが、空けすぎると、逆効果になります。ベントの概要とその注意点に関して、まとめてみました。...
補聴器の評価がしづらい場合は、周りの方に聞いてみよう補聴器の評価は、自分では、なかなか難しいものです。こちらでは、3つの評価方法と周りの方にきく事のメリットに関して、お伝えしていきます。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくさにお悩みの方へ

聞こえにくい事でお困りだったり、使用されている補聴器が聞きにくいなど、お困り事がございましましたら、お気軽にご相談ください。

お困りごとを改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、上記のような補聴器の無料お試しセットをご用意し、実際に日常生活や職場でご体験いただいた後に、補聴器について、改めて、お考えいただけるようにも、しています。

予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームへ、ご連絡ください

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例