補聴器の形状

最近の補聴器にみられる防滴(防水)加工の注意点

最近の補聴器は、ほぼ全ての補聴器に防水加工が加わり、昔の補聴器より、故障しづらくなってきました。

補聴器は、汗や湿気といった水系に弱く、それらによる故障が頻発していました。そのため、各社、故障を減らそうと、防水加工をするようになりました。

しかし、この防水加工ですが、基本的に防滴程度に考えた方がよく、水の中に入れても大丈夫。というところまでは、きていません。

その点に注意が必要です。

補聴器の防塵、防水

最近の補聴器には、上記のように防水、防塵加工がされており、その耐久性が書かれていたりします。

防塵機能は以下の通りです。

補聴器の防塵保護等級補聴器の防塵保護等級

wikiより引用

防水機能に関しては、以下の通りです。

補聴器の防水保護等級補聴器の防水保護等級

wikiより引用

この表記の仕方は、IP68は防水補聴器(防塵は6級、防水は8級)、IP67は防滴補聴器(防塵は6級、防水は7級)になります。

最近の補聴器には、どのような耐久性があるのか、記載されていることが多いです。最近の補聴器には、どのような耐久性があるのか、記載されていることが多いです。

最近の補聴器は、IP68隣、防塵も、防水もしっかりできるようになってきています。

防水補聴器に関する注意点

このように記載すると、もう壊れないような、何をやっても壊れないような印象を受けますが、実際には、音が聞こえなくなったり、故障したりすることは、普通にあります。

その理由は、大きく分けて

  • 部品の劣化により、中に浸水
  • 機械以外の聞こえなくなる原因
  • 衝撃などは、そのまま受ける

の3つがあります。

防水補聴器は、あくまでもIPのテストに合格しただけで、故障しない事を保証しているわけではありません。その点に注意です。

部品の劣化により、中に浸水

補聴器を長く使用していると、部品が劣化し、わずかな隙間から、中に汗がしみこんだり、しみこんだものが、徐々に蓄積されていったりすると、故障することがあります。

また、入りづらいものは、一旦、入るとなかなか抜けづらくなりますので、防水補聴器のようなガッチリしたものは、一旦、入ると、徐々に故障してくる傾向があります。

部品の劣化は、補聴器を使い続ける上で、どうしても起こってしまう事で、この部分は、ある意味、仕方がない部分でもあります。

機械以外の聞こえなくなる原因

補聴器は、機械以外で聞こえにくくなる要因がいくつかあります。

比較的、要因として多いのは、

  • レシーバーが塞がる
  • 電池への酸素供給不足
  • マイクが塞がる

の3つです。

レシーバー(イヤホン)が塞がる

補聴器の中には、このような先端にフィルターがついていたりします。

この部分は、耳垢や埃など、汚れが多くなると、目詰まりを引き起こし、音が聞こえづらくなります。

この部分は、基本的に交換する道具があったりしますので、なるべく交換する方法も理解しておいた方が、補聴器は、活用しやすくなります。

電池への酸素供給不足

補聴器の電池は、空気電池を使用して、稼働しています。※充電型は、除く。

電池の名前の通り、空気電池は、電池内に空気(厳密には、酸素)を継続的に取り込むことによって、発電するようになります。

そのため、補聴器には、空気を通す穴があります。例えば、上記の補聴器だとわかりやすいですね。

防水補聴器の場合は、水は、通さないけれども、空気は、通すフィルターが張られている事が多く、それにより、酸素を供給できるようになります。

しかし、この部分が目詰まりしたり、一時的に汗や水により、塞がってしまうと、電池に酸素が供給しづらくなり、補聴器の電池が切れたような動作をしたり、電池の残量が少ない時になるアラームを鳴らしたりします。

これは、故障ではないのですが、そのような動作を引き起こす事があります。

対処方法は、蓋を開けて、電池に酸素を入れる(蓋を開けるだけで良いです)、汗などで補聴器が濡れていれば、汗を拭いてあげる、などすれば、大丈夫です。

空気孔が塞がれなければ、しっかり稼働しますので、それらの部分を確認すれば、大丈夫です。

マイクが塞がる

こちらもレシーバーと同じなのですが、マイクも埃や水で埋まる事があります。

補聴器のマイクは、この部分にあり、どの補聴器もマイクの入り口は、小さくなっています。

その部分が何らか埃で埋まってしまったり、汗の雫がそのままマイクに直撃し、マイクが汗で埋まってしまうような事があると、水が音を通す部分を邪魔しますので、その分、聞こえにくくなります。

この部分は、定期的に詰まらないように補聴器屋さんで見てもらうか、聞きにくいと感じた際にマイクは、どうなのか。を、ご確認いただければ大丈夫です。

衝撃を受ける

衝撃も補聴器の故障の一つになります。

機械に関しては、どうしても衝撃には、まだ弱く、徐々に強くなってきているものの、落としたり、衝撃を加えたりすると、そのショックで、補聴器が壊れる事があります。

床が絨毯など柔らかければ、衝撃が加わることは少ないのですが、下がコンクリートのような硬いところですと、操作している時に手が滑って落としてしまった。というのを何回もやると、それだけ、故障に関しては、しやすくなる傾向はあります。

まとめ

補聴器が故障する要因、聞こえなくなる要因は、何も機械の故障だけではありません。

機械の故障ではなく、補聴器が動く動作上の問題(電池への酸素供給など)や物理的なもの(レシーバー、マイクが塞がる)もあります。

防水補聴器を使う時、意識したい事

今現在、ほとんどの製品が、防水補聴器化してきていますので、ある意味、全ての補聴器に共通することになってしまうのですが、

  • できれば補聴器のケアをする
  • 水の中には、入れない
  • オーバーホールを行う

の3つです。

機能を過信せず、しっかりとケアや使い方に関して、適切に行えば、耐久性が良い補聴器となり、使い勝手は、よくなります。

できれば補聴器のケアをする

補聴器を購入したり、使い続けていく際にしてほしいことの一つは、乾燥剤を使用することです。

補聴器は、汗や湿気に弱く、防水補聴器とはいえど、実際には、影響を受けます。

そのため、夜寝る前や長時間使用しない場合は、乾燥ケースに入れ、ケアしましょう。

それだけでも、故障は、しづらくなります。

補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

水の中には入れない

防水補聴器でも、実際に水の中に入れないようにするのが重要です。

雨の日に使う程度なら、大丈夫なのですが、水の中にポチャンと入るくらいのものは、正直、やめておいた方が無難です。

補聴器に少し水がかかる程度は、全然大丈夫ですので、防水というより、防滴というイメージで使っていただくと、わかりやすいです。

オーバーホールを行う

補聴器には、メーカーにお送りし、中の状態をチェックしてもらったり、劣化している部品を交換してもらう、オーバーホールがあります。

これは、もしできれば、ということになるのですが、年に一度くらいお願いできると、防水性を維持しやすくなります。

お店によっては、補聴器の修理期間中、オーバーホール期間中、代わりの補聴器を貸してくれるところもあります。

そのようなところで、相談できると、オーバーホールも行いやすくなります。

保証期間中の場合は、無償で行え、有償でも、@5000(非課税)で行えます。

まとめ

防水補聴器に関して、まとめてみました。補聴器には、防水補聴器があり、かつ、今現在、多くのものが、防水補聴器になってきており、わざわざ防水補聴器と言わなくなってきています。

実際には、水の中でも使用できる特殊な防水補聴器もあり、これは、ごく僅かです。

多くのものは、上記に紹介した防滴程度の補聴器になります。

上記には、そんな補聴器に関する事をまとめてみました。防水機能に過信しなければ、耐久性の良い補聴器となり、その恩恵を受けることができます。

補聴器を購入した後は、なるべくケアもしていきましょう。

このページに関連する内容

小型耳かけ形補聴器RICがお勧めな人と形状によるメリット、デメリット耳かけ形補聴器の一つに、RIC補聴器(リック)があります。こちらの概要と特徴をまとめてみました。この補聴器は、ある聴力の方には、非常にお勧めできる補聴器です。...
耳かけ形補聴器が合う人と形状によるメリット、デメリット耳かけ形補聴器の特徴と合う人に関して、まとめてみました。耳かけ形補聴器は、扱いやすさ、使いやすさに優れており、耳あな形補聴器に比べ、どのような方でも使えるようにしているのが、大きな特徴です。...
耳あな形補聴器がお勧めな人と形状によるメリット、デメリット耳あな形補聴器は、耳の中に入れることの利点と欠点があります。形状の概要から、利点、欠点、注意点に関してまとめてみました。どのような補聴器が良いか、お考えの方にお勧めの内容です。...
小さい耳かけ形補聴器を使う場合に確認したい2つの事今現在、小型の耳かけ形補聴器が増え、小さくて目立ちにくく、かつ、耳に負担がかかりづらくなり、扱いやすい補聴器が増えてきています。 ...
左右の聴力が異なる場合の補聴器の基本と理解しておきたい出力(形状)の事左右の聴力が異なる場合、補聴器に関しては、なるべく聞こえが重い方に合わせて、両方とも同じような機種、補聴器を使用することが大切です。そのような聞こえを改善させる上での大切な内容をまとめて見ました。...
充電タイプの補聴器のメリットと懸念材料最近、各社、充電タイプの補聴器を出してくるようになりました。こちらでは、私が扱っているフォナックの充電補聴器。オーデオBーR、ボレロBーRに関する内容をまとめてみました。...
耳かけ形補聴器を使っていて、マスクが邪魔になる場合は、こうしてみよう風邪を引いた時、花粉症の時、耳かけ形補聴器の場合、マスクが邪魔に感じることがあります。その場合、太い紐のタイプのマスクを使うと、使いやすくなります。...
耳かけ形補聴器のサポート品、イヤモールドと改善できる2つの事イヤモールドは、耳かけ形補聴器を使っていて、ハウリングする、補聴器が耳から外れやすい、を改善するサポート品です。その概要から、利点、欠点をまとめてみました。...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例