補聴器の形状の特徴

小さい耳かけ形補聴器の注意点は、耳に隠れること

最近、小さい耳かけ形補聴器が多くなり、メーカーとしても「小さいからオススメです」「目立ちにくい」ということを強調しています。実際に、見られることに抵抗を感じてしまう方もいますので、それはそれで良いのですが、一つ注意点がありまして、それは、耳に隠れることにより、音の集音が弱くなることです。主に小さい耳かけ形補聴器に共通することですが、耳に隠れてしまうため、他の補聴器に比べ、集音が弱くなる傾向があります。

ちょっとこちらの注意点に関して、記載していきます。

小さい耳かけ形補聴器で起こること

小さい耳かけ形補聴器で起こることとしては、耳の裏に隠れてしまうことです。

小さい耳かけ形補聴器といえばRIC補聴器が多い。小さい耳かけ形補聴器といえばRIC補聴器が多い。

こちらは、RIC補聴器と呼ばれる小さい補聴器ですが、結構小さく

手に乗せるとこのようなサイズ。補聴器の中では、小さい部類に入る。手に乗せるとこのようなサイズ。補聴器の中では、小さい部類に入る。

このくらいのサイズです。

私の耳で見てみると、見事に耳の裏に隠れて見えない。私自身、耳は小さい方だけれども耳に隠れる。私の耳で見てみると、見事に耳の裏に隠れて見えない。私自身、耳は小さい方だけれども耳に隠れる。

それを耳に装用するとどうなるかと言いますと、このように補聴器が耳の後ろに隠れます。

耳の裏に隠れるため、耳が大きいと大きいほど、音を拾うことそのものが邪魔される。耳が音を拾うのを邪魔するイメージといえば解りやすいかも。耳の裏に隠れるため、耳が大きいと大きいほど、音を拾うことそのものが邪魔される。耳が音を拾うのを邪魔するイメージといえば解りやすいかも。

イメージとしては、このような状態です。隠れると、隠れるほど、耳の内側に補聴器が追いやられますので、それだけ外の音は拾いにくくなります。その結果、聞きにくさを感じることがあります。特に耳が大きい方は、注意です。

小さい耳かけ形補聴器の場合は、隠れれば隠れるだけ、当然マイクに音が入りにくくなるので、聞きにくさにつながりやすくなります。

改善策としては、ちゃんと音の確認をする

基本的なやり方でがありますが、ちゃんと聴こえてくる音の確認をすれば問題ありません。この場合の音の確認とは、補聴器を装用した状態で、どのように聞こえているかの確認です。主に音場閾値(おんじょういきち)測定と呼ばれるもので、目でいうメガネ、コンタクトレンズを使用したまま行う視力検査のようなものです。

当店の聴力測定室。いろいろな測定を行っている部屋になる。当店の聴力測定室。いろいろな測定を行っている部屋になる。

お馴染みですが、このような部屋で

中の様子。様々な道具がある。中の様子。様々な道具がある。

中にある機械の

スピーカーから音を出して測定するものを基本的に"音場測定"と呼ぶ。スピーカーから音を出して測定するものを基本的に”音場測定”と呼ぶ。

スピーカーから音を出し、

おなじみ、聴力測定と同じボタンです。おなじみ、聴力測定と同じボタンです。

聞こえたらボタンを押して測定するのが、音場閾値測定です。

ビヨ〜ンと伸びるわけではない普通のヒモを使い、距離も固定します。測定する位置がバラバラだとうまく測定できないためです。ビヨ〜ンと伸びるわけではない普通のヒモを使い、距離も固定します。測定する位置がバラバラだとうまく測定できないためです。

実際には、位置によっても変化してしまうため、調べる位置をなるべく固定するため、ヒモをつけ、測定位置まで固定します。

単純な話ですが、聞こえがマイナスになるのがわかっていれば、その分を考慮し、調整すれば、改善できる。ということになります。私の場合は、基本的に、音場を基準に考えて、調整を考えていますので、実際のところ考慮すらしていません。と言いますのも基本的に、音場の数値で低ければ、調整しますので、邪魔されようが、邪魔されまいが、基本的に聞こえを目指す数値に変わりがないからです。

基本的なやり方ではありますが、補聴器を装用した状態を評価軸に持って来れば、たとえ、聞きにくくなることがわかっていても、そのデメリットを最小限にすることができます。

どんなものも一長一短

小さければ小さいほど、見えづらくなり、確かに隠れて見えないのですが、その代わり、音を拾う部分も隠れますので、その影響を受けやすくなります。特に小さい耳かけ形は、このような特徴がありますので、ちょっとした注意点があります。一長一短といえば解りやすいかもしれません。

もっともちゃんと音場閾値で見てくれるところであれば、全く問題はないのですが、うちに来るお客さんのほとんどが「え?こんな調べ方があるんですか?」状態でしたので、少々、不安に思い、記載してみました。参考になれば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の形状の特徴

防水補聴器の注意点を理解しよう

2015年6月3日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の故障原因といえば、汗や湿気といった水に関するものです。補聴器の中には、防水補聴器というものがあり、汗や水に強いと謳っている補聴器があります。確かにこれは、本当の事なのですが …
補聴器の形状の特徴

耳かけ形補聴器の特徴から考える適合する人、しない人

2015年5月22日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
耳かけ形補聴器といえば、補聴器の中でも代表的な補聴器であり、使用している人が最も多い補聴器でもあります。では、この補聴器は、いったいどんな方 …
補聴器の形状の特徴

警告音やお知らせ音をしっかり聞きたい方にお勧めする補聴器

2016年8月1日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
高度難聴〜重度難聴の方で、警告音やお知らせ音、チャイムの音、聞こえないと困る高い音をなるべく聞きたい、しっかり聞きたいというご希望がある場合 …