2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するため

Pocket

mug-1301379_640

確かに!と思わず納得してしまったものが、こちら:目標は何でも数値化すればいいってものでもない

仕事に関して有意義な事が多く書かれているため、私自身よく見ているブログなのですが、こちらを見て「うんうん、そうだよね〜」思わず思ってしまいました。これは、補聴器にも言える事です。

補聴器には、装用した時の状態を測定し、どのくらい聞こえるようになっているのか、どのような状況なのか、と確認するものがあります。これは、補聴器を装用した際、どのようにお客様が感じているかわからない、目標値に対して現状はどうなのか、を見るために行うのですが、数値にこだわりすぎると、あらぬ方向へ行ってしまいます。

こちらを見て感じた、補聴器の測定の数値に関して、記載していきます。初めに結論を言いますと、数値化する本当の目的は、どこまで目指せて、どこが最終地点なのかを見極めるためになります。数値を出す事ではありません。

補聴器で効果を数値化する意味

補聴器で測定をする意味、数値化する意味は、現状を理解し、目標に向かって改善を進めていくためです。そのため、補聴器の世界には、

  • 音場閾値測定
  • 語音明瞭度測定

の二つがあります。音場閾値(おんじょういきち)測定とは、補聴器を装用した状態で行う聴力測定のようなもので、簡易的に聞こえがわかるようになります。

補聴器を装用した状態の聴力測定版。そのため、使われる表も聴力測定と同じ

補聴器を装用した状態の聴力測定版。そのため、使われる表も聴力測定と同じ

▲が補聴器を装用した状態、△が補聴器を装用していない状態です。▲と△の差を見てみると、どの周波数がどれくらい聞こえるようになっているのかを数値化できます。まさに聞こえの数値化ですね。

日常生活上の音量表、音声の大きさレベルに注目しよう。

音声のレベルは、基本的にほぼ決まっている

こちらの表を見ていただきたいのですが、音声の大きさに関しては、あらかた決まっていますので、▲の数値の結果が30〜40dBくらいにまでまんべんなく入っている方は、補聴器の効果を感じやすくなります。もちろん、この数値は、軽度〜一部高度難聴の方までしか目指せませんので、重度難聴の方は、残念ながら厳しくなります。

▲の位置を30〜40dBまで持ってくれば、聞きやすくなると仮定すると、そこまで目指せれば補聴器の効果は感じやすくなる事がわかります。すると、そこを目標値にして、補聴器を調整し、調べる→調整、という流れを繰り返せば、聞こえを改善しやすくなりますね。これが、基本的な改善のサイクルです。

一方、もう一つの語音明瞭度測定は、音声をどのくらい理解できるかを調べる測定です。様々な音量で音声を流し、どれだけ正解するかで結果を見ます。

音声の理解度を調べる測定が、語音明瞭度測定

音声の理解度を調べる測定が、語音明瞭度測定

音場閾値測定同様、▲が装用した状態の効果、△が装用していないときの効果です。上記の音量表を活用すると、60dBの音、50dBの音でどれだけ聞こえるようになっているのかもわかりますし、▲の目標値を設定していた場合は、その目標値に対して、良い結果がでているのか、そうでないのかもわかります。

このように数値化する目的は、聞こえの改善のために行われます。現状を理解し、どのようにしたら目標にたどり着くのか。それを考えるために測定を行います。

測定の問題点

冒頭の記事にもありましたが、測定にも問題点はあります。それには、

  • 数値だけ見てしまう事
  • 測定する意味を持たないものは無駄

の二つになります。

数値だけ見てしまう事

冒頭の記事にもありましたが、単に数値を上げるだけであれば、補聴器も簡単に出来てしまいます。補聴器装用者の意見を無視し、音量を上げれば限界はあるものの、数値は大抵良くなります。特に音場閾値は、簡単に良くなります。こちらは音だけ調べるためですね。

このような事がないようにするため、補聴器の世界では、聞こえを数値化すると同時に「使用してみてどうか」という評価をしています。それは、数値だけの評価を防ぐためです。

補聴器の場合は、聞こえて、かつ使える状態にする事が重要になります。ですので、測定結果だけにこだわれば良いというわけでもありません。

測定する意味を持たないものは無駄

よく測定しただけして、それを判断できないケースを見ます。それも意味がありません。数値化をするうえでは、その数値が何を意味するかを読み解く必要があり、測定する意味を持たないものは、数値化しても得られるものがありません。ですので、無駄になります。

この場合は、調べた数値が何を意味するかを理解する事と目標を立てる(聞こえを改善させる方法の仮説を立てる)の二つを考える必要があります。

数値化はあくまでも仮説を立て、検証するもの

測定する事によって状況を理解する、あるいは、ここまで大きくすると聞こえやすくなるというのは確かにあるのですが、そればかりにとらわれてしまうと、装用者を無視した調整になりやすくなります。重要なのは、測定結果を見ながら、使用した感覚がどのようなものなのかを確認し、その人の状況を把握する事です。

そして、初めに目標を立て、そこまで改善できるのか(音を入れられるのか)。そこまで数値を入れると本当に改善できるのか。数値を入れて日常生活上で使用できる状態なのか。またまた、もっとより良くする事はできないのか。などを考えていきます。

目標を立てるというのは、仮説であり、実際にやってみてどうなのか。これを見ていきます。これをしていくと仮説通りになる方もいれば、残念ながらそう行かない方も出てきます。しかし、初めに仮説を立て検証していくと、厳しい場合は、そこが限界値である事もわかります。

補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するためであり、ただ単に調べれば良いものでもなく、目標を単に数値化すればいいというものでもありません。ようは「何のために数値化するか」という事ですね。

という事で、補聴器の効果を数値化する本当の目的は、どこまで目指せて、どこが最終地点なのかを見極めるためになります。

なお、このブログ内には、測定の数値に関して色々と記載していますが、あちらもあくまでも目標値ですので、それが「正解」ではありません。人により、どこまで調整できるのかは異なりますので、それを載せる事はできないため、目標値としています。それは、あしからずでお願いします(笑)。

 

この内容をご覧になった方はこちらもお勧めかも?

リンク:ある人に教えてもらった音が聞こえるという事の意味

リンク:適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ

リンク:ガサガサ、カチカチ聞こえる場合は、耳あな形補聴器の方がお勧め

リンク:補聴器にまつわる両耳、片耳に関する変な考えに喝!してみる

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム