2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

小さい耳かけ形補聴器の注意点は、耳に隠れること

Pocket

cat-1652822_640

最近、小さい耳かけ形補聴器が多くなり、メーカーとしても「小さいからオススメです」「目立ちにくい」ということを強調しています。実際に、見られることに抵抗を感じてしまう方もいますので、それはそれで良いのですが、一つ注意点がありまして、それは、耳に隠れることにより、音の集音が弱くなることです。主に小さい耳かけ形補聴器に共通することですが、耳に隠れてしまうため、他の補聴器に比べ、集音が弱くなる傾向があります。

ちょっとこちらの注意点に関して、記載していきます。

小さい耳かけ形補聴器で起こること

小さい耳かけ形補聴器で起こることとしては、耳の裏に隠れてしまうことです。

小さい耳かけ形補聴器といえばRIC補聴器が多い。

小さい耳かけ形補聴器といえばRIC補聴器が多い。

こちらは、RIC補聴器と呼ばれる小さい補聴器ですが、結構小さく

手に乗せるとこのようなサイズ。補聴器の中では、小さい部類に入る。

手に乗せるとこのようなサイズ。補聴器の中では、小さい部類に入る。

このくらいのサイズです。

私の耳で見てみると、見事に耳の裏に隠れて見えない。私自身、耳は小さい方だけれども耳に隠れる。

私の耳で見てみると、見事に耳の裏に隠れて見えない。私自身、耳は小さい方だけれども耳に隠れる。

それを耳に装用するとどうなるかと言いますと、このように補聴器が耳の後ろに隠れます。

耳の裏に隠れるため、耳が大きいと大きいほど、音を拾うことそのものが邪魔される。耳が音を拾うのを邪魔するイメージといえば解りやすいかも。

耳の裏に隠れるため、耳が大きいと大きいほど、音を拾うことそのものが邪魔される。耳が音を拾うのを邪魔するイメージといえば解りやすいかも。

イメージとしては、このような状態です。隠れると、隠れるほど、耳の内側に補聴器が追いやられますので、それだけ外の音は拾いにくくなります。その結果、聞きにくさを感じることがあります。特に耳が大きい方は、注意です。

小さい耳かけ形補聴器の場合は、隠れれば隠れるだけ、当然マイクに音が入りにくくなるので、聞きにくさにつながりやすくなります。

改善策としては、ちゃんと音の確認をする

基本的なやり方でがありますが、ちゃんと聴こえてくる音の確認をすれば問題ありません。この場合の音の確認とは、補聴器を装用した状態で、どのように聞こえているかの確認です。主に音場閾値(おんじょういきち)測定と呼ばれるもので、目でいうメガネ、コンタクトレンズを使用したまま行う視力検査のようなものです。

当店の聴力測定室。いろいろな測定を行っている部屋になる。

当店の聴力測定室。いろいろな測定を行っている部屋になる。

お馴染みですが、このような部屋で

中の様子。様々な道具がある。

中の様子。様々な道具がある。

中にある機械の

スピーカーから音を出して測定するものを基本的に"音場測定"と呼ぶ。

スピーカーから音を出して測定するものを基本的に”音場測定”と呼ぶ。

スピーカーから音を出し、

おなじみ、聴力測定と同じボタンです。

おなじみ、聴力測定と同じボタンです。

聞こえたらボタンを押して測定するのが、音場閾値測定です。

ビヨ〜ンと伸びるわけではない普通のヒモを使い、距離も固定します。測定する位置がバラバラだとうまく測定できないためです。

ビヨ〜ンと伸びるわけではない普通のヒモを使い、距離も固定します。測定する位置がバラバラだとうまく測定できないためです。

実際には、位置によっても変化してしまうため、調べる位置をなるべく固定するため、ヒモをつけ、測定位置まで固定します。

単純な話ですが、聞こえがマイナスになるのがわかっていれば、その分を考慮し、調整すれば、改善できる。ということになります。私の場合は、基本的に、音場を基準に考えて、調整を考えていますので、実際のところ考慮すらしていません。と言いますのも基本的に、音場の数値で低ければ、調整しますので、邪魔されようが、邪魔されまいが、基本的に聞こえを目指す数値に変わりがないからです。

基本的なやり方ではありますが、補聴器を装用した状態を評価軸に持って来れば、たとえ、聞きにくくなることがわかっていても、そのデメリットを最小限にすることができます。

どんなものも一長一短

小さければ小さいほど、見えづらくなり、確かに隠れて見えないのですが、その代わり、音を拾う部分も隠れますので、その影響を受けやすくなります。特に小さい耳かけ形は、このような特徴がありますので、ちょっとした注意点があります。一長一短といえば解りやすいかもしれません。

もっともちゃんと音場閾値で見てくれるところであれば、全く問題はないのですが、うちに来るお客さんのほとんどが「え?こんな調べ方があるんですか?」状態でしたので、少々、不安に思い、記載してみました。参考になれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム