2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

防水補聴器と防滴補聴器の防水機能の違いと注意点


補聴器の世界には、防水補聴器と準防水補聴器があります。前者は、一般的なイメージである防水であり、水の中に入れても大丈夫なタイプです。

一方、準防水補聴器は、水の中に入れる事は、大丈夫なものの、それを繰り返す内に、内部に浸水する可能性がある補聴器です。このため、私自身は、準防水補聴器を防滴補聴器と呼んでいます。これには、

  • 過信しすぎるとすぐに壊れる
  • 生活防水程度と思った方が保ちやすい

この二つがあります。

数日前、私宛にご質問いただいた事もあり、情報共有という意味で、こちらに関して記載していきます。

防水補聴器と防滴補聴器の定義

補聴器を含む電子機器の世界には、IP○○と呼ばれるものがあります。これは、左側の数値が、防塵機能を表し、右側の数値が防水機能を表します。言って見れば、ものを守る加工がしてあるか、そうでないかという点になります。

防塵機能は以下の通りです。

補聴器の防塵保護等級

補聴器の防塵保護等級

wikiより引用

防水機能に関しては、以下の通りです。

補聴器の防水保護等級

補聴器の防水保護等級

wikiより引用

これから表記する内容として、IP68は防水補聴器(防塵は6級、防水は8級)、IP67は防滴補聴器(防塵は6級、防水は7級)として、表記していきます。補聴器の世界には、防水補聴器も防滴補聴器も「このようにしたものは防水」「このようにしたものは防滴」という決まりはありません。ですので、こちらでは、性能をわかりやすくするため、このように表記していきます。

防水補聴器と防滴補聴器

補聴器の世界には、防水補聴器に該当する補聴器と防滴補聴器に該当する補聴器の二つがあります。防水補聴器として有名なのは、

  • シーメンス社のアクアリス
  • リオネット社のスプラッシュ

この二つです。この二つは、防水機能が優れており、防水機能としては、8級を取得するテストに合格しています。その他、防塵に対しても優れており、水や埃、汚れに関して強いのがこの二つの特徴です。

一方、防滴補聴器は、フォナックのナイーダが有名です。こちらは一般的な補聴器より、防水機能はありますが、上の二つと比べるとそこまで強くはありません。

このように補聴器には、防水補聴器と防滴補聴器の二つが存在しています。

それぞれの耐久性

防水のレベルには、上記の通り、IPという保護等級がありますが、そのようなものでは「で、どうなの?」となってしまいますので、以下の環境で、どうなのかを記載していきます。それは、

  • ①汗をダラダラかいても大丈夫か
  • ②雨に濡れても大丈夫か
  • ③温泉で使用しても大丈夫か
  • ④プールで使用しても大丈夫か
  • ⑤海で使用しても大丈夫か

の五点です。こちらを防滴と防水でどのように異なるのかがわかるとより理解しやすいと思います。

防滴タイプ

防滴補聴器の場合、個人的な主観としてですが(ナイーダで計測)

  • ①OK
  • ②強さによります
  • ③厳しい……
  • ④使用しない方が無難
  • ⑤使用しない方が無難

となります。この主観は、自分自身で使用した感覚と実際にお客さんがが実際に使用された感覚で評価しています。

①は、基本的に大丈夫ですが、ケアを怠ると、サビが発生したり、故障の原因になる事があります。

②は、軽い雨〜雨を少し受ける程度なら大丈夫ですが、ゲリラ豪雨クラスを長時間浴びる事になると、厳しくなります。5〜10分程度であれば、大丈夫だと思います。

③補聴器が温泉に浸からなければ大丈夫ですが、この辺りから、かなり厳しくなります。温泉の場合、体を洗う事になりますので、その際、水が直撃すると故障する可能性があります。少しかかる程度であれば、良いのですが、ドバッとかかる事があると厳しくなります。

また、熱の関係上、サウナで使用すると故障する可能性があります。

④、⑤は、外で使用する〜少し水がかかる程度なら大丈夫ですが、泳ぐとなると適応していません。

防滴補聴器とはいえ、水の保護等級は、7級です。一定時、水没しても内部に浸水する事はないにしても、実際には使い続ける事により、故障する事もあれば、浸水する事があります。そのため、少量の雨や少し水がかかる程度であれば、大丈夫ですが、水が多くかかってしまったり、水の中に完全に入る事を繰り返すと浸水し、故障する可能性が高くなります。

防水タイプ

防水補聴器の場合、使用した事がないため、様々なところで聞く所によると

  • ①OK
  • ②OK
  • ③OK
  • ④OK
  • ⑤OK

と素晴らしい成績を持ちます。防水補聴器は、特殊な構造となっており、水がマイクや空気孔に入らないようにしています。そのせいで、中等度難聴くらいまでは、使用できますが、高度難聴、重度難聴の方は、使用できません。一方防滴タイプは、重度難聴の方まであります。

しかし、防水補聴器とはいえど、ケアを怠ると故障や音が出なくなる、聞こえなくなる原因になりますのでご注意ください。また、海や温泉では、使用後、補聴器を水で軽く洗い流す事も必要です。海で使用すると海水がつきますので、水で軽く洗い流し、海水から補聴器を守ります。温泉の場合は、体を洗う事になりますので、補聴器にボディソープの泡、シャンプーの泡がつかないようにしなければなりません。もちろん、それらの泡がついた場合も軽く洗い流します。

これらを怠ると故障の原因となりますので、ご注意ください。特にマイクに海水が残るとマイクに塩が付着し、塩でマイク穴を塞ぎ、音が聞こえにくくなります。そして、泡もマイクに残るとその液体がマイクを埋めて、音が聞こえづらくなります。

防水補聴器は、水には強いのですが、水以外の物には影響を受けます。単に水に強くなれば何でも解決するわけではありませんので、注意が必要です。

また、防水補聴器は、①〜⑤の状況下で使用はできるものの、これらのところで使用しても故障しない事を保障するわけではありません。その点にご注意ください。

もう一つの防水補聴器注意点

防水補聴器を使用する際ですが、仮に水の中で使用したい場合、注意があります。それは

  • 耳はしっかり塞ぐ物を使用する
  • 水の中では、別の問題が発生する

この二点です。

耳はしっかり塞ぐものを使用する

こちらには、

  • 音が変化する
  • 波にさらわれる

この二点があります。

耳をしっかり塞ぐものを使用しないと補聴器の隙間、あるいは、イヤモールドの隙間から耳の中に水が入り、聞こえ方が変わります。誰でも耳の中に水が入れば、聞こえ方は変わりますね。このような現象が起こります。

補聴器やイヤモールドには、ベントと呼ばれる空気穴が設けてある場合があり、このような穴があると、そこから水が入り、聞こえ方が変化する可能性があります。もし、水の中に入る場所でも使用したい場合は、しっかりと耳を塞ぐような補聴器、あるいは、イヤモールドを製作して使用する方が、聞こえやすさを変えずに使い続ける事ができます。

また、補聴器、イヤモールドがゆるい状態で海で使用する場合、波にさらわれる可能性が高くなります。人ですら簡単にさらわれますので、補聴器はすぐにさらわれます。これは、仕方がありません。なお、しっかりと入っている、しっかりと製作している場合でもさらわれる時は、さらわれますので、お気をつけ下さい。

水の中では、別の問題が発生する

水の中で使用する際、気をつける点は

  • 水がマイクに当たるとうるさい
  • 水中はハウリングがしやすい

この二点があります。風がマイクに当たると大きな音がするように、水がマイクに当たる事によっても大きな音がします。この音は、意外に鬱陶しいかもしれません。水の中で使用する場合は、このような音も聞こえてくるようになります。

また、理由はわかりませんが、水中では、ハウリングがしやすくなります。考えられるのは、音の伝わる速度です。空気は秒速340m、水中は秒速1500mですので、音が空気より伝わりやすい分、小さな音でも伝わるようになります。このような特徴がありますので、ハウリングがしやすくなるのかもしれません。

実際に試してみよう

もし、防水補聴器をお求めになる場合は、実際に使用したいところで使用してみる事をお勧めします。例えば温泉で使用したい場合ですが、温泉ですと室内で少々響く感じがあります。普段音を聞く場所とは、異なる環境下ですので、また聞こえ方も変化します。

プールや海でも同様で、実際に使用すると

  • 水の音がうるさかった
  • そもそもそんなところで使用する必要がなかった

など出てくるかもしれません。どのような事が起こるのかを始めに知っておく事で、購入時のミスマッチは防げます。重要なのは

  • そのような環境で使用する必要があるか
  • 実際に使用してみてどうか

この二つを理解する事です。必要があり、実際に使用してみて良ければ、その補聴器が良いでしょう。もちろん、防水機能が優れている補聴器ですので、故障に関しては、しにくくなります。防水補聴器を購入する方で多いのは、水のある環境下で使用する事よりも故障を減らすための購入です。そういった場合でも音を確かめるため、まず使用してみる事をお勧めします。

水のある環境で補聴器を使用する場合は、聞こえ方が普段と異なる環境下になります。そのため、実際に使用してみて、使用できるのか、そのような聞こえでも使用したいと思えるのか、これらを考える事が大切になります。こちらの内容で、防水補聴器、防滴補聴器について理解が進めば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:感音性難聴に合う補聴器と選ぶ4つのプロセス

リンク:RIC補聴器と耳かけ形補聴器の違いを理解する4つのポイント

リンク:補聴器は同じ金額を出したとしても効果が異なる場合がある

リンク:iPhoneと繋がる補聴器Haloと繋げる事でできる事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム